259件中 31 - 40件表示
  • 小田原映画祭

    小田原映画祭から見た映画祭映画祭

    小田原映画祭(おだわらえいがさい)は、2004年より神奈川県小田原市にて、隔年開催される映画祭である。映画祭の正式名称は、小田原映画祭の後にシネマトピアと続き、開催年が連なる。劇場映画の上映とショートフィルムコンテストから成り立っており、第1回、第2回は小田原市が主催し、その後小田原市が投げ出した為、地元市民がNPO法人小田原シネマトピアを立ち上げ、小田原映画祭実行委員会(NPO法人シネマトピア会員)とボランティアスタッフが企画運営を担当する。小田原映画祭 フレッシュアイペディアより)

  • 大阪ヨーロッパ映画祭

    大阪ヨーロッパ映画祭から見た映画祭映画祭

    大阪ヨーロッパ映画祭(おおさかヨーロッパえいがさい、英称 Osaka European Film Festival)は、大阪市で毎年11月に開催される映画祭。映像芸術を主な媒介に、日欧交流促進並びに地域文化振興への寄与をめざし、上映・展示・講演など各種イベントを企画・構成、のべ1ヶ月に渡る“日欧文化交流事業”として1994年より毎年開催。様々な人種・多様な価値観が混在するヨーロッパ各国の作品を幅広い国籍とテーマで紹介。大阪ヨーロッパ映画祭 フレッシュアイペディアより)

  • TSSショートムービーフェスティバル

    TSSショートムービーフェスティバルから見た映画祭映画祭

    TSSショートムービーフェスティバルは、短編映画を対象とした日本の映画祭。テレビ新広島主催、桝井省志が審査員を務める。主な出身監督としては大森研一がいる。TSSショートムービーフェスティバル フレッシュアイペディアより)

  • UNHCR難民映画祭

    UNHCR難民映画祭から見た映画祭映画祭

    UNHCR難民映画祭(UNHCR Refugee Film Festival)は、国際連合高等弁務官駐日事務所により2006年から催されている移民、難民に関する映像作品を扱う映画祭UNHCR難民映画祭 フレッシュアイペディアより)

  • NHKアジア・フィルム・フェスティバル

    NHKアジア・フィルム・フェスティバルから見た映画祭映画祭

    NHKアジア・フィルム・フェスティバルは、NHKがアジア各国と映画を共同制作するプロジェクト、及びそれらの作品を上映する映画祭。現在までに19ヶ国で28の作品がNHKとの共同制作により作られている。NHKアジア・フィルム・フェスティバル フレッシュアイペディアより)

  • 児玉和土

    児玉和土から見た映画祭映画祭

    一橋大学大学院修士課程在学中から映画撮影をはじめ、ぴあフィルムフェスティバル等の複数の映画祭での入選を経て、2006年に監督作品『ひかりのくに』が大阪市映像文化振興事業シネアスト・オーガニゼーション・大阪エキシビション(CO2)でシネアスト大阪市長賞(企画制作部門最優秀賞作)児玉和土 フレッシュアイペディアより)

  • 水戸短編映像祭

    水戸短編映像祭から見た映画祭映画祭

    水戸短編映像祭(みとたんぺんえいぞうさい、Mito Short Film Festival)は毎年9月に茨城県水戸市の水戸芸術館で開催される短編映画を対象とするコンペティションと招待作品の上映を行う映画祭水戸短編映像祭 フレッシュアイペディアより)

  • LAエイガフェスト

    LAエイガフェストから見た映画祭映画祭

    LAエイガフェスト(えるえーえいがふぇすと、英称 LA Eiga Fest)は日本の映画を世界から発信しようと企画された映画祭である。LAエイガフェスト フレッシュアイペディアより)

  • 金鶏百花映画祭

    金鶏百花映画祭から見た映画祭映画祭

    芸術映画(金鶏奨)と大衆映画(百花)を合わせた映画祭である。金鶏百花映画祭 フレッシュアイペディアより)

  • オタール・イオセリアーニ

    オタール・イオセリアーニから見た映画祭映画祭

    緻密に計算されたカメラワークによるワンシーン・ワンショット、やや毒の効いた社会風刺と独自のユーモアを織り交ぜた作風が特徴である。ソ連出身の映画監督、アンドレイ・タルコフスキーも「現代ソ連で一番尊敬する映画作家は?」という質問に対し、イオセリアーニの名を出している。日本においても『素敵な歌と舟はゆく』(1999)、『月曜日に乾杯!』(2002)のヒットにより、次第に名を広めている。トビリシ高等音楽学院の作曲科で音楽を学んだこともあってか、楽器を演奏したり、歌を歌うシーンもイオセリアーニ作品には欠かせない。ただしBGMはほとんど使用せず、セリフも非常に少なめである。そのため退屈さを指摘されることも少なくないが、映像の構成力と音を中心とした映画本来の醍醐味を最大限に活かし、ゆったりと演出している点においては、現存する映画作家の中でも少ない方であろう。部類の酒好きとして有名であり、彼の作中でも必ずと言っていいほど酒を酌み交わすシーンが存在する。中期以降の作品からイオセリアーニ自身も出演するようになり、製作スタッフの数人もキャストに取り入れている。美術担当のマニュ・ド・ショヴィニがその例で、イオセリアーニ作品では常連となっているほどである。カンヌ国際映画祭を始め、数々の映画祭で多くの賞を受賞し、『月曜日に乾杯!』は2002年度のベルリン国際映画祭で銀熊賞と国際批評家連盟賞をダブルで受賞している。オタール・イオセリアーニ フレッシュアイペディアより)

259件中 31 - 40件表示

「映画の祭典と賞」のニューストピックワード