338件中 71 - 80件表示
  • 1962年の日本公開映画

    1962年の日本公開映画から見た映画祭映画祭

    『1962年の日本公開映画』 (1962ねんのにほんこうかいえいが) は、1962年 (昭和37年) 1月1日 - 12月31日 (JST) に日本で封切り公開された映画の一覧である。一般劇場公開のみで、映画祭などイベント上映を除く。タイトル後のカッコ内は製作国。1962年の日本公開映画 フレッシュアイペディアより)

  • フランチェスコ・ロージ

    フランチェスコ・ロージから見た映画祭映画祭

    戦後の崩壊したイタリアを扱った1962年の『シシリーの黒い霧』でベルリン国際映画祭銀熊賞(監督賞)を受賞。翌年1963年の『都会を動かす手』でヴェネツィア国際映画祭金獅子賞を受賞。1972年の『黒い砂漠』でカンヌ国際映画祭パルム・ドール受賞により 世界三大映画祭の全てで受賞を成し遂げた。さらに1979年の『エボリ』でモスクワ国際映画祭金賞を受賞した。フランチェスコ・ロージ フレッシュアイペディアより)

  • ナンニ・モレッティ

    ナンニ・モレッティから見た世界三大映画祭映画祭

    ナンニ・モレッティ(Nanni Moretti, 1953年8月19日 - )は、イタリア出身の映画監督、俳優、脚本家である。40歳にして世界三大映画祭すべてで賞を受賞した、イタリアを代表する監督である。監督作品では脚本も書き、主演をすることもある。癖のあるユーモラスな作風で、世界中にファンを持つ。ナンニ・モレッティ フレッシュアイペディアより)

  • 1944年の日本公開映画

    1944年の日本公開映画から見た映画祭映画祭

    『1944年の日本公開映画』 (1944ねんのにほんこうかいえいが) は、1944年 (昭和19年) 1月1日から1944年12月31日までに日本で公開された映画の一覧である。一般劇場公開のみで、映画祭などイベント上映を除く。1944年の日本公開映画 フレッシュアイペディアより)

  • ドバイ国際映画祭

    ドバイ国際映画祭から見た映画祭映画祭

    ドバイ国際映画祭(ドバイこくさいえいがさい、英称 Dubai International Film Festival)は毎年12月にドバイで開催される映画祭である。ドバイ国際映画祭 フレッシュアイペディアより)

  • 水戸短編映像祭

    水戸短編映像祭から見た映画祭映画祭

    水戸短編映像祭(みとたんぺんえいぞうさい、Mito Short Film Festival)は毎年9月に茨城県水戸市の水戸芸術館で開催される短編映画を対象とするコンペティションと招待作品の上映を行う映画祭水戸短編映像祭 フレッシュアイペディアより)

  • 秋田インディーズフィルムフェスティバル

    秋田インディーズフィルムフェスティバルから見た映画祭映画祭

    秋田インディーズフィルムフェスティバル(あきたインディーズフィルムフェスティバル)とは、毎年秋田県秋田市で行われる自主映画を対象にした映画祭秋田インディーズフィルムフェスティバル フレッシュアイペディアより)

  • Vimeo

    Vimeoから見た映画祭映画祭

    2010年10月にはニューヨーク市チェルシー地区の映画館で、Vimeoに投稿される動画によるフィルムフェスティバルを開催し、シンポジウムや「Vimeo Awards」の授賞式を行っている。Vimeo フレッシュアイペディアより)

  • シネマ・パラダイス

    シネマ・パラダイスから見た映画祭映画祭

    映画をテーマにしたスタジオバラエティである。ゲストがお気に入りの映画をレギュラー陣と語り合う。カンヌ、サンダンス、モントリオール、ベルリンなど映画祭やアカデミー賞も特集した。シネマ・パラダイス フレッシュアイペディアより)

  • 藤村哲哉

    藤村哲哉から見た映画祭映画祭

    父親は戦中、勤務先の三菱重工業広島造船所内で被爆。広島市立白島小学校5年12歳まで広島市にいて、喘息の持病のため、母方の実家のある尾道市に引越し山寺で療養しながら育つ。尾道北高校を経て一浪後、1976年慶應義塾大学法学部卒業。母親の希望で地元の東洋工業(マツダ)に就職を予定し、東洋工業の松田耕平社長も慶応大学OBで常任理事だった関係で九分通り入社できる予定であったが、突然のオイルショックで新卒採用が中止される。当時下り坂だった赤井電機に入社し貿易部門に5年間勤務、カダフィ大佐支配の動乱のリビアでの代金回収など、中近東、欧州市場を担当した。しかし病気の発症で度々会社を休む。1981年、28歳の時、仕事を通じての知り合いにスカウトされサウジ資本のベンチャーキャピタル・「ジャミール・エス・アイ」入社、貿易部門の責任者となる。ベンチャー企業に投資を行うこの仕事に携わり、自身も猛烈な起業への意欲が湧く。1984年同社退職後、映像ソフト輸入会社「ヒップ・テラン」を設立した後、1986年「ギャガ・コミュニケーションズ」を設立した。社名は前会社の最後のヨーロッパ出張中、ホテルのベッドに寝転がって、個性ある名前はないかと、コンサイス英和辞典をぱらぱら見て決めた。"G"という語感が好きで、"G"で始まるのを見ていると、"GAGA"=「ミーハーな映画ファン」と出ていて「これだー」と思わずベッドから起き上がったという。ところが大きな辞書には載っておらず、ハリウッドにフィルム買い付けに行くと誰も「ギャガ」と発音してくれず「ガガ」と言って、みんな最初は笑う。「ガガ」は「変人」の意味があって面白がられ、みんな名前をすぐ覚えてくれて良い作品を売ってくれたり商談に役立った。ビデオデッキやレンタルビデオ店の登場で、ビデオ用ソフトが絶対に当たると読み、映画の旧作や日本未公開のマイナー作品のビデオ化権を片っ端から買い付け、圏内ビデオメーカーに売り捌く、というビデオの版権ビジネスを起こし、ホームビデオに映画を流通させる仕組みを日本で最初に構築した。それまで、日本における映画の配給は、邦画の全国規模の劇場公開チェーンを実質的に独占する東宝、松竹、東映に日本ヘラルドを加えた四社体制が続き、彼らは映画配給の王道はロードショー(劇場公開)と考えていて、こうした事業には関心を示さなかった。当時は外国映画の日本国内でのビデオ化権を買い付けるという仕事をする人もなく、藤村自らが外国の映画祭に行き、洋画ビデオ化権を買い漁った。特にB級にも及ばないZ級アクションホラーを大量に購入、予告編を次から次に見て、血しぶきが多いと"これは買い"と即決したという。あまりにも多くの作品を買い付けたため、契約書にサインしていると腱鞘炎になりそうだったという逸話も残る。世界的規模でのビデオデッキの普及で、手に入れた洋画のビデオ化版権を流行し始めたレンタルビデオ・ショップを通じて流通させるという全く新しいビジネス・システムを構築し、洋画の流通に新たな市場を開拓した。藤村哲哉 フレッシュアイペディアより)

338件中 71 - 80件表示

「映画の祭典と賞」のニューストピックワード