8513件中 111 - 120件表示
  • 複雑ネットワーク

    複雑ネットワークから見た映画映画

    以降、こうした社会的ネットワークの性質は主に社会学の研究対象となってきたが、1998年にブレイクスルーが訪れた。コーネル大学の博士課程の学生だったダンカン・ワッツと指導教官だったは、多数のホタルの明滅やコオロギの鳴き声が同調する現象を究明する中で、「ワッツ・ストロガッツモデル」(WSモデル)という数学モデルを考案し、同様の性質が映画俳優の共演関係や、電力系統、線虫の神経細胞など、現実世界の様々なネットワークにも共通して存在することを発見した。研究成果は『ネイチャー』に発表され、これに触発された研究によって、インターネット、食物連鎖、さらには論文の被引用関係や言語の文法構造といったネットワークにおいても同様の性質が発見された。こうして、社会学、経済学、情報工学、生物学などの幅広い分野において「複雑ネットワーク」という新たなパラダイムが注目を集めることになった。複雑ネットワーク フレッシュアイペディアより)

  • スクリーンへの招待 (エフエム沖縄)

    スクリーンへの招待 (エフエム沖縄)から見た映画映画

    『スクリーンへの招待』(スクリーンへのしょうたい)は、エフエム沖縄で毎週日曜 20:00 - 20:55に放送されている、映画をテーマとしたラジオ番組。1981年に放送開始。スクリーンへの招待 (エフエム沖縄) フレッシュアイペディアより)

  • 訃報 2009年6月

    訃報 2009年6月から見た映画映画

    6月9日 - カール=ミカエル・フォーグラー(Karl-Michael Vogler)、ドイツの映画俳優(* 1928年)訃報 2009年6月 フレッシュアイペディアより)

  • 東京-ソウル-バンコック 実録麻薬地帯

    東京-ソウル-バンコック 実録麻薬地帯から見た映画映画

    「三悪追放キャンペーン」をしていた菅原通済の実体験をベースに映画化され、四か国のトップスターが競演している国際スケールのアクション大作。菅原主宰の三悪追放協会は、千葉真一主演映画『麻薬売春Gメンシリーズ』(1972年)に引き続き、本作も全面協力した。日本からは主人公の千葉と敵役の松方弘樹、香港からノラ・ミャオ、タイ王国からチャイヤ・スリヤン(:th:???? ???????)、大韓民国から金昌淑(:ko:??? (??))らが、配役された。当時の東映では異例の2か月の準備と製作に3か月費やされ、釜山・慶州・ソウル、香港、バンコック・スコータイ・チェンマイなど全編の90%を日本以外の大韓民国・香港・タイ王国でロケーション撮影されている。香港では1972年に、日本では1973年9月15日に封切り公開されたが、香港では千葉真一とノラ・ミャオのキスシーンが収録されるなど、日本・香港・タイ・韓国の公開バージョンは内容が一部異なっている。千葉はミャオを「とても大人しくて可愛くていい女」と評している。当初のタイトルは『東京-ソウル-バンコック 追跡三万キロ』であった。クエンティン・タランティーノが脚本を担当したアメリカ映画『トゥルー・ロマンス』には、本作品のポスターが劇中に登場している。東京-ソウル-バンコック 実録麻薬地帯 フレッシュアイペディアより)

  • 小西通雄

    小西通雄から見た映画映画

    小西 通雄(こにし みちお、1930年1月1日 - )は、映画、テレビドラマ作品の監督・演出家である。本籍・岡山県備前市。現在は岡山県岡山市在住。同志社大学文学部社会学科新聞学専攻卒。東映製作の作品を中心に、数多くの映像作品に携わった。小西通雄 フレッシュアイペディアより)

  • ボディガード牙

    ボディガード牙から見た映画映画

    映画『やくざ刑事シリーズ』、『狼やくざシリーズ』、『麻薬売春Gメンシリーズ』でスリリングとシャープなアクションを演じてきた千葉真一が、空手道の達人・牙直人に扮して、群がる敵をなぎ倒す物語である。千葉は学生時代から大山道場(後の極真会館)で空手道を修行し、名誉段位ではなく一般門下生と同様に昇段審査を受け、1965年10月15日には黒帯を允許されていたことから、その技量が反映されている。千葉にとっては1963 - 1964年の『柔道一代シリーズ』以来の本格的な格闘映画であり、後にSonny Chiba の名で、千葉のカラテ映画が欧米でブームになる先駆けの作品となった。この後、千葉は立て続けに映画『殺人拳シリーズ』、『地獄拳シリーズ』、『少林寺拳法』、『けんか空手シリーズ』、『激殺! 邪道拳』、『ゴルゴ13 九竜の首』や、テレビドラマ『ザ・ボディガード』、『ザ★ゴリラ7』、『燃える捜査網』、『大非常線』など、1970年代は格闘をモチーフとした作品に主演していくこととなった。極真会館の総帥である大山倍達が牙直人の師匠・大東徹源で特別出演してるほか、『やくざ刑事シリーズ』で千葉と共演した内田良平、ヒロインに渥美マリらをキャスティングしている。ボディガード牙 フレッシュアイペディアより)

  • 照屋林助

    照屋林助から見た映画映画

    1966年、高倉健主演の映画『網走番外地 南国の対決』に神谷義武、森田豊一、吉之浦朝治といった沖縄芝居の役者と共に出演し、アラカンこと嵐寛寿郎が振り回す釣り竿の針に鼻の穴を引っかけられて、痛がるチンピラ役を演じた。照屋林助 フレッシュアイペディアより)

  • 蝶々夫人

    蝶々夫人から見た映画映画

    サミー・フェインは、この曲を参考に映画「慕情」の主題曲を作曲した。蝶々夫人 フレッシュアイペディアより)

  • ジンギス・カン (映画)

    ジンギス・カン (映画)から見た映画映画

    『ジンギス・カン』(原題:Genghis Khan)は、1965年制作のイギリス・西ドイツ・ユーゴスラビア・アメリカ合衆国の合作映画ジンギス・カン (映画) フレッシュアイペディアより)

  • マルセル・エイメ

    マルセル・エイメから見た映画映画

    第一次世界大戦終結翌年の1919年、ジュラ県ドル市の高等中学を卒業。その後まもなく語学習得のためドイツへ留学する。途中兵役を挟んで周囲の勧めで医学を学ぶ目的で20歳頃パリに上京すると、新聞記者、銀行員、保険外交員や映画、演劇関連の瑣末な仕事等を転々として暮らし、結局、学業、仕事ともに挫折する。仕事の不首尾については、当人の無愛想な性格・外見も影響したと見られる。その後病を得た彼は、療養のために地元のドル市に帰郷し、そこで小説の執筆を始める。フランスの田舎町に材を取ったゾラになぞらえられる重たい作風の小説作品がほどなく文壇の注目を集めるに至る。(作家としての処女作は1926年に発表された「Brulebois (ブリュールボア)」)マルセル・エイメ フレッシュアイペディアより)

8513件中 111 - 120件表示

「映画作品」のニューストピックワード