84件中 71 - 80件表示
  • 映画

    映画から見たコンピュータグラフィックス

    戦後、普及した映画の撮影技法には、例えば「特殊撮影」「アニメーション」「コンピュータ・グラフィクス」が挙げられる。これらの新たな撮影技法は、それ以前の方法を駆逐することによって普及したのではなく、それが登場する以前の撮影技法と共存しつつ独自の分野を成す形でそれぞれの発展を遂げている。映画 フレッシュアイペディアより)

  • 映画

    映画から見たサイレント映画

    映画表現において大きな画期となったのは、1920年代の「トーキー」の登場、それに続いて行われたいわゆる「総天然色」映画の登場が数えられよう。これらはそれぞれ、それまでの映画の形式を最終的には駆逐するにいたった。例えば、今では「トーキー」以前の形式である「サイレント」が新たに発表されることはほぼない。また、今「モノクローム」で撮影された映画が発表されることは極めてまれである。映画 フレッシュアイペディアより)

  • 映画

    映画から見たノンフィクション

    表現の対象とする分野からは大きく、フィクションとノンフィクションに大別される。映画 フレッシュアイペディアより)

  • 映画

    映画から見たフランス語

    「シネマ」は、フランス語の「cinema(シネマ)に由来する語で、映画の意味である(現在の口語フランス語では映画作品を(フィルム) と呼び、 は映画館の意味である)。語源はギリシア語の「(「動く」という意味)」。リュミエール兄弟が開発したシネマトグラフの「シネマト」から派生したと言われている。アメリカではアート作品を「シネマ」と呼び、娯楽作品には「ムービー」と区別して呼ぶ傾向がある。映画 フレッシュアイペディアより)

  • 映画

    映画から見たNHKスペシャル

    日本では、明治時代から個人撮影の映画が制作され始めた。戦前から一部でカラーフィルムで撮影が行われ、NHKで2003年に『BSプライムタイム 映像記録 昭和の戦争と平和 カラーフィルムでよみがえる時代の表情』前編後編、『NHKスペシャル 映像記録・昭和の戦争と平和?カラーフィルムでよみがえる時代の表情?』、2006年に『BS特集 カラー映像記録 よみがえる昭和初期の日本』前編後編と計3本で取り上げられた。映画 フレッシュアイペディアより)

  • 映画

    映画から見た幻灯機

    「活動写真」は英語「motion picture(モーション・ピクチャー)」の直訳語で、元来は幻灯機のことを指すが、後に意味が変じて、映画を指すようになった。映画 フレッシュアイペディアより)

  • 映画

    映画から見た日本映画

    日本国内の映画の動向については日本映画のページにて詳述する。映画 フレッシュアイペディアより)

  • 映画

    映画から見たギリシア語

    「シネマ」は、フランス語の「cinema(シネマ)に由来する語で、映画の意味である(現在の口語フランス語では映画作品を(フィルム) と呼び、 は映画館の意味である)。語源はギリシア語の「(「動く」という意味)」。リュミエール兄弟が開発したシネマトグラフの「シネマト」から派生したと言われている。アメリカではアート作品を「シネマ」と呼び、娯楽作品には「ムービー」と区別して呼ぶ傾向がある。映画 フレッシュアイペディアより)

  • 映画

    映画から見た磁気記録

    なお、本来の語義からははずれるものの、フィルムではなくビデオテープなどに磁気記録撮影されたものや映画館で上映される動画作品全般についても、慣例的に映画と呼ばれている。映画 フレッシュアイペディアより)

  • 映画

    映画から見たキネマ旬報

    戦前の日本では、映画は「キネマ」とも呼ばれた。当時から続く映画雑誌(『キネマ旬報』(キネマ旬報社)など)にこの名前が残っている他、懐古的な情緒が好まれる時にも用いられる。映画 フレッシュアイペディアより)

84件中 71 - 80件表示

「映画作品」のニューストピックワード