5686件中 11 - 20件表示
  • 松本正道

    松本正道から見た映画監督映画監督

    1979年から、東京のシネマテークであるアテネ・フランセ文化センターの主任(プログラム・ディレクター)として、広い視野から選定した世界の映画を年間200本以上も上映し、それまで日本であまり知られてこなかったダニエル・シュミット、ジャック・リヴェット、ストローブ=ユイレらの作品や、古典映画の名作を系統的に広く紹介してきた。また、1991年から1998年にかけて行われた「淀川長治映画塾」の企画を担当した他、映画監督を囲むシンポジウムや研究会のコーディネーターを多数務めてきた。(なお、苗字が同じであるため時々間違われるが、アテネ・フランセ校長の松本悦治とは親戚関係ではない。)松本正道 フレッシュアイペディアより)

  • 清水りょう

    清水りょうから見た映画監督映画監督

    清水 りょう(しみず りょう、本名:清水芳成、1976年11月4日 - )は、日本の映像作家であり、CMディレクター、ミュージック・ビデオディレクター、映画監督、脚本家など。清水りょう フレッシュアイペディアより)

  • 訃報 2008年11月

    訃報 2008年11月から見た映画監督映画監督

    11月1日 - 林田賢太(日付は推定)、映画監督(* 1976年)訃報 2008年11月 フレッシュアイペディアより)

  • ブリュノ・デュモン

    ブリュノ・デュモンから見た映画監督映画監督

    ブリュノ・デュモン (Bruno Dumont, 1958年3月14日 - ) は、フランスの映画監督ブリュノ・デュモン フレッシュアイペディアより)

  • 訃報 2009年4月

    訃報 2009年4月から見た映画監督映画監督

    4月22日 - ジャック・カーディフ、イギリスの撮影監督・映画監督(* 1914年)訃報 2009年4月 フレッシュアイペディアより)

  • ソウル劇場

    ソウル劇場から見た映画監督映画監督

    ソウル劇場(ソウルげきじょう、、ソウルクッチャン)は、大韓民国の映画館である。大韓帝国末期、同国が日本の保護国となった後の1907年(明治40年)、同国の首府・漢城府壽町(のちの京城府本町3丁目、現在のソウル特別市中区忠武路3街)に寄席・芝居小屋壽座(ことぶきざ)として開館した。1916年(大正5年)には京城劇場(けいじょうげきじょう)と改称、1929年(昭和4年)2月13日には火災により焼失、翌年1930年(昭和5年)早々に再建した。第二次世界大戦が始まる1940年(昭和15年)に映画館に転換、大映が買収して直営する。戦後は1946年ころにソウル劇場と改称したのちに、1958年にが買収、世紀劇場(せいきげきじょう、、セキクッチャン)と改称している。その後、1977年に映画監督の郭貞煥が買収、再度ソウル劇場と改称した。現在はマルチプレックスシアター(シネマコンプレックス)であり、同館の英語表記はSeoul Cinemaである。ソウル劇場 フレッシュアイペディアより)

  • 西中拓史

    西中拓史から見た映画監督映画監督

    西中 拓史(にしなか たくし、1987年 - )は、日本の映画監督西中拓史 フレッシュアイペディアより)

  • 訃報 2010年4月

    訃報 2010年4月から見た映画監督映画監督

    4月2日 - 山内鉄也、日本の映画監督(* 1934年)訃報 2010年4月 フレッシュアイペディアより)

  • シネマテーク・フランセーズ

    シネマテーク・フランセーズから見た映画監督映画監督

    1936年9月2日、ポール=オーギュスト・アルレの精神的、財政的支援で、ラングロワ指揮の下、映画作品の保存、修復、そして上映を通して新しい世代へ映画を伝える目的を持ちシネマテーク・フランセーズが設立される。フィルムのみならず、カメラ、ポスター、出版物、衣装、装飾、セットなど、映画に関するあらゆる物品の収集も始める。のちのヌーヴェルヴァーグの映画作家ピエール・カストは、1946年にここで働き始める。1948年に常設館を持つまでは、上映会はラングロワのアパルトマンのバスルームなどで行われていた。シネマテーク・フランセーズ フレッシュアイペディアより)

  • 訃報 2009年3月

    訃報 2009年3月から見た映画監督映画監督

    3月4日 - サルヴァトーレ・サンペリ、イタリアの映画監督(* 1944年)訃報 2009年3月 フレッシュアイペディアより)

5686件中 11 - 20件表示

「映画監督」のニューストピックワード