8513件中 21 - 30件表示
  • 映画学

    映画学から見た映画映画

    映画学(えいががく、英語:cinema studies、film studies)は大学・大学院や専門学校などにおいて映画について学び研究する学問のひとつである。大きくは制作分野と理論分野に分けることができる。なお、名称が映画学、であってもテレビ、ビデオ、写真を並列的カリキュラムとして設置している教育機関が多い。映画学 フレッシュアイペディアより)

  • FAITHentertainment

    FAITHentertainmentから見た映画映画

    株式会社FAITHentertainment(フェイスエンタテインメント)は、映画・映像の企画・制作およびブロードバンドコンテンツ制作を主な事業内容とする日本の企業である。FAITHentertainment フレッシュアイペディアより)

  • シリーズ (作品)

    シリーズ (作品)から見た映画映画

    映画や書籍に関しては、英語でも「シリーズ」と言うことがあるが、テレビ番組に関しては、このような「シリーズ」の用法は日本語特有のものである。北米・オーストラリアでシリーズと言えば、定期的に放送されるテレビ番組の1作品を、イギリスでシリーズといえばシーズン(1年間に放送される分)を意味する。シリーズ (作品) フレッシュアイペディアより)

  • スチル写真

    スチル写真から見た映画映画

    スチルは、動きのあるいわゆる映画などを指すシネ ()、シネマ ()、ムービー () に対する語で、動きのない写真のことである。通常、ある一瞬を1枚の画像に撮影したものであるが、長時間露出や、連続写真(ストロボスコープによるもののような)もスチルである。一般に単に「写真」と言えばスチルのことを指しているのがもっぱらではあるが、後述の映画制作上の用語であるとか、「電子スチルビデオカメラ」といった用例はある。スチル写真 フレッシュアイペディアより)

  • 沖津賢一郎

    沖津賢一郎から見た映画映画

    大学在学中、劇団員となる。その間、パーティの司会者などをつとめていたが、2000年、自分の映画を1本だけ作りたいと、長篇映画の脚本を執筆し、制作に入るも、紆余曲折を経て未完に終わる。沖津賢一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 完全なる飼育

    完全なる飼育から見た映画映画

    『完全なる飼育』(かんぜんなるしいく)は、1999年から続く日本(一部香港)の映画シリーズ。海外上映時のシリーズタイトルは中国語『'』、英語『'』。完全なる飼育 フレッシュアイペディアより)

  • チャールズ・ボーモント

    チャールズ・ボーモントから見た映画映画

    イリノイ州シカゴ生まれ。本名、チャールズ・ラロイ・ナット。少年時代から書物を愛し、17歳のときにレイ・ブラッドベリを訪問。その出会いを機に本格的に作家を志した。18歳の時、ハリウッドへ飛び込む。その後、22歳の1951年に「悪魔が来たりて―?」が『アメージング・ストーリーズ』誌に掲載され、プロ小説家デビュー。その後は短編小説をSF誌や『PLAYBOY』誌などで発表、1950年代後半からはテレビ脚本家となり、後にロジャー・コーマン作品や『ラオ博士の7つの顔』などの映画作品の脚本等も手掛けた。チャールズ・ボーモント フレッシュアイペディアより)

  • ケータイ小説

    ケータイ小説から見た映画映画

    その後、無料ホームページ作成サイトの魔法のiらんど上での素人による小説投稿のブームが発生し、そこからchacoの『天使がくれたもの』を皮切りに美嘉の『恋空』やメイの『赤い糸』といった作品が人気となり、やはり書籍化されるとベストセラーとなった(魔法のiらんどへのアクセスが急増した背景には、当時パケット定額制が普及したことがあると考えられる)。これらのように、実話を元にしたとされる素人によるケータイ小説は「リアル系」・「実話系」・「素人系」ケータイ小説などと呼ばれ、ケータイ小説を巡る言説では、リアル系ケータイ小説のことを単にケータイ小説と呼んでいることが多々ある。また『恋空』は映画化作品もヒットした。これが2006年以降の第二次ケータイ小説ブームとされる。2007年のトーハン調べの文芸書のベストセラーランキングではトップ3をケータイ小説書籍が独占し、トップ10の中にも5作品が食い込んでいる。ケータイ小説 フレッシュアイペディアより)

  • オクシデンタリズム

    オクシデンタリズムから見た映画映画

    9.11の後まもなく、あるビデオテープが中国で売りに出されており、これは9.11の実写とハリウッド製の災害映画とが合成された映像だった。現実をフィクションと思い込むことは、現実の恐怖から離れるには容易な方法である。中国人や多くの人々にとって、9.11は映画か劇中の出来事のような印象を残した。その点で、オサマ・ビン・ラディンの作戦は大成功だった。ツインタワーとその中の人々を殲滅した行為は、現実的にも抽象的にも、「西洋との戦い」の一部だからである。大量殺戮は、「罪深き都市」の崩壊についての古代神話とも呼応した。オクシデンタリズム フレッシュアイペディアより)

  • ザッツ・エンターテインメント

    ザッツ・エンターテインメントから見た映画映画

    『ザッツ・エンターテインメント!』(That's Entertainment!) はアメリカのミュージカル楽曲と同名の映画ザッツ・エンターテインメント フレッシュアイペディアより)

8513件中 21 - 30件表示

「映画」のニューストピックワード