8513件中 41 - 50件表示
  • 性本能と原爆戦

    性本能と原爆戦から見た映画映画

    『性本能と原爆戦』(Panic in Year Zero!)は、1962年に製作されたSFパニック映画である。性本能と原爆戦 フレッシュアイペディアより)

  • 阿久悠

    阿久悠から見た映画映画

    1959年(昭和34年)に広告代理店・宣弘社へ入社する。元々は映画の脚本が書きたくて、丁度『月光仮面』で売り出し中だった宣弘社が、企画部で脚本家を募集していたのを知り「銀座にある会社に行きたい」という条件にもマッチしていたので、入社を希望し入社試験を受けて合格。同じ大学出身の先輩であり脚本家の伊上勝が課長を務めていた企画部の下に配属になったが、入社早々に「コンテ描ける?」と言われて、振られた仕事はCMの絵コンテ描きだったという。絵は好きだったが、仕事で描いた事などまったくなかった状態で必然的にテレビCMの仕事ばかりをこなす羽目になり、「俺は何のためにここに入ったんだ?」と思いながら仕事をしていたが、そのCM作りの仕事が後に作詞家として活躍するための土台となり、本人の予期せぬ方向で才能が開花した。当初阿久本人は『月光仮面』の後番組である『豹の眼』や『怪傑ハリマオ』の脚本を書かせてもらえるものだと思っていたという。阿久悠 フレッシュアイペディアより)

  • 坂本龍一

    坂本龍一から見た映画映画

    自身の音楽活動のほか、プロデューサーやアレンジャーとしても活動し、他のアーティストへの楽曲提供も数多く行っている。また、映画『戦場のメリークリスマス』で映画に俳優として出演し、映画音楽も手掛け、日本人初の英国アカデミー賞の作曲賞を受賞した。1987年公開の『ラストエンペラー』では日本人初のアカデミー作曲賞を受賞し、また同曲でゴールデングローブ賞、1989年第31回グラミー賞最優秀オリジナル映画音楽アルバム賞など世界的な音楽賞を総なめした。1990年、映画『シェルタリング・スカイ』のサウンドトラックを担当しロサンゼルス映画批評家協会賞の作曲賞、1991年にゴールデングローブ賞 作曲賞を受賞した。以降、国内外の映画音楽を手掛け、映画音楽家としての地位を築いた。坂本龍一 フレッシュアイペディアより)

  • 森永悠希

    森永悠希から見た映画映画

    子役出身で、劇団東俳大阪校に所属していたが、2010年5月にソニー・ミュージックアーティスツへと移籍した。映画『しゃべれども しゃべれども』の村林優役で知られる。森永悠希 フレッシュアイペディアより)

  • ナチスのプロパガンダ

    ナチスのプロパガンダから見た映画映画

    ナチ・プロパガンダを広める際に重要な手段となったのが、書籍や新聞、またラジオや映画といった新しいメディアであった。ナチのプロパガンダで主要な部分を占めたのは、であった。この他にも重要な役割を果たしたものに、公共空間で行われる集会や行進、学校での授業、ヒトラーユーゲント、ドイツ少女連盟といった自前の団体、物質面での優遇などがあった。ナチスのプロパガンダ フレッシュアイペディアより)

  • 博士と助手〜細かすぎて伝わらないモノマネ選手権〜

    博士と助手〜細かすぎて伝わらないモノマネ選手権〜から見た映画映画

    映画「ランボー3」より、下水道を進むランボー博士と助手〜細かすぎて伝わらないモノマネ選手権〜 フレッシュアイペディアより)

  • 鬼束ちひろ

    鬼束ちひろから見た映画映画

    映画好きで、DVDのコレクションは300枚を超えているという。好きな映画は『アメリカン・ビューティー』や『ギルバート・グレイプ』、『バトル・ロワイアル』、『溺れる魚』など。所属事務所の『NAPOLEON RECORDS』の名前は『ナポレオン・ダイナマイト』に由来する。好きな監督はラッセ・ハルストレム、スタンリー・キューブリック、好きな俳優はレオナルド・ディカプリオ、アンジェリーナ・ジョリーを挙げている。また『もんしぇん』、『ぐるりのこと。』、『ラストゲーム 最後の早慶戦』 では作品に対する賞賛のコメントを寄せている。鬼束ちひろ フレッシュアイペディアより)

  • ジュディ・オング

    ジュディ・オングから見た映画映画

    1961年に日米合作映画『大津波』(原題:THE BIG WAVE・原作:Pearl S. Buck)にて映画デビュー。のちテレビドラマ『三太物語』『明日の家族』などに出演した。ジュディ・オング フレッシュアイペディアより)

  • エスペラント

    エスペラントから見た映画映画

    ドラえもん のび太と奇跡の島 〜アニマル アドベンチャー〜 - 東宝その他、2012年公開のアニメ映画。劇中で舞台となる島「ベレーガモンド」(Belegamondo)島の先住民、ロッコロ族の言語としてエスペラントを採用(この舞台となる島の名前もエスペラント。「非常に美しい世界」の意。また、ゲスト・ヒロインであるロッコロ族族長の孫娘、コロンのペットのドードーの名前「クラージョ」〔Kuraĝo〕もエスペラント。「勇気」の意。更に、「オーロ」〔Oro〕というこの族長の名前もエスペラント。「黄金」の意)。エスペラント フレッシュアイペディアより)

  • コール オブ デューティシリーズ

    コール オブ デューティシリーズから見た映画映画

    PC用日本語版が2003年12月18日に発売。一兵卒として投げ出される戦場の臨場感と状況の多彩さ、スクリプトによる映画的演出、そつのないマルチプレイヤーモード、MODフレンドリーな姿勢などが多くの支持を集め、シリーズの礎となった。コール オブ デューティシリーズ フレッシュアイペディアより)

8513件中 41 - 50件表示

「映画」のニューストピックワード