8513件中 81 - 90件表示
  • 近代放映

    近代放映から見た映画映画

    近代放映株式会社(きんだいほうえい)は、かつて存在した日本の映画製作会社である。劇場用映画やテレビ映画等を製作した。映画版『銭ゲバ』、当時のソビエト連邦との合作大作『』の製作あるいは製作協力で知られる。近代放映 フレッシュアイペディアより)

  • 五万節

    五万節から見た映画映画

    五万節(ごまんぶし)は1961年12月に発売されたハナ肇とクレージーキャッツ2枚目のシングル。作詞は青島幸男、作曲・編曲は萩原哲晶。発売当初は歌詞が問題となり放送禁止・発売中止になった(その後歌詞を変更して発売された)。また、多くの映画で歌われている。後に、「新五万節」としてリメイクされた。五万節 フレッシュアイペディアより)

  • 白石達也

    白石達也から見た映画映画

    白石達也(しらいし たつや、1974年)は堤幸彦監督を長く支え、ドラマや映画業界で活躍している映画監督。白石達也の代表作には、『20世紀少年』3部作、『天空の蜂』『イニシエーション・ラブ』などがある。白石達也 フレッシュアイペディアより)

  • 白人の救世主

    白人の救世主から見た映画映画

    映画における白人の救世主()とは、白人が非白人の人々を窮地から救うという定型的な表現である。その表現は、アメリカ合衆国の映画の中で長い歴史がある。白人の救世主は、メシア的な存在として描かれ、救出の過程で自身についてしばしば何かを学ぶ。白人の救世主 フレッシュアイペディアより)

  • クローズアップ

    クローズアップから見た映画映画

    クローズアップ()は、対象物を画面いっぱいに撮影する事。映画においては、イギリスのジョージ・アルバート・スミスが、『おばあさんの虫眼鏡』(1900年)などでクローズアップを用い始め、その後D・W・グリフィスによって確立された。ここでのcloseは形容詞からの派生(クロー"ズ"は「閉める」を意味する動詞)であり、原語を片仮名で書き下すならば「クロースアップ」が適切である。クローズアップ フレッシュアイペディアより)

  • 日本電波ニュース社

    日本電波ニュース社から見た映画映画

    株式会社日本電波ニュース社(Nihon Denpa News Co.,Ltd、略称NDN)は、「日本で初めてのテレビニュース通信社」として創立され、テレビ番組とビデオ・パッケージを制作する日本の企業である。本社は、東京都港区南麻布一丁目。1975年のサイゴン解放(サイゴン陥落)をカラーフィルム映像で伝えるなど、スクープも少なくない。創立以来、NHK、日本テレビ、TBS、フジテレビ、テレビ朝日、テレビ東京、朝日放送、読売テレビ、関西テレビ等、在京キー局や準キー局を中心にニュースを提供してきた。かつては自主上映向けや劇場向けの映画も製作した。日本電波ニュース社 フレッシュアイペディアより)

  • 広報委員会

    広報委員会から見た映画映画

    プロパガンダ活動は新聞、ポスター、ラジオ、電報、映画にまで及ぶ。中でも戦争遂行のために全国の広告業者を集め、全米広告業協会の会長ジョージ・バッテン広告社社長・ウィリアム・ H ・ジョーンズの下、数100種の広告や看板を製作、全米の新聞にCPIの無料広告スペースを提供するよう圧力を掛けている。広報委員会 フレッシュアイペディアより)

  • ストロベリーナイト

    ストロベリーナイトから見た映画映画

    2010年にフジテレビで単発のスペシャルドラマとして、2012年には連続ドラマ化、2013年には映画化された。ちなみに、連続ドラマ以降のものは『ストロベリーナイト』以外のシリーズ作品を原作としている。ストロベリーナイト フレッシュアイペディアより)

  • 児雷也豪傑譚

    児雷也豪傑譚から見た映画映画

    嘉永5年(1852年)には河竹黙阿弥の脚色により歌舞伎『児雷也豪傑譚話』として上演されている。また、人物設定やストーリー展開は講談(または書き下ろしの講談本)によって明治以後も享受されつづけ、1921年の牧野省三監督映画『豪傑児雷也』(主演・尾上松之助)など「忍術もの」として多く映画化もされた。児雷也豪傑譚 フレッシュアイペディアより)

  • 松竹大谷図書館

    松竹大谷図書館から見た映画映画

    松竹大谷図書館(しょうちくおおたにとしょかん)は、東京都中央区築地に所在する私立図書館である。演劇と映画に特化した専門図書館であり、同名の公益財団法人松竹大谷図書館が管理・運営を行っている。松竹大谷図書館 フレッシュアイペディアより)

8513件中 81 - 90件表示

「映画」のニューストピックワード