春日大社 ニュース&Wiki etc.

春日大社(かすがたいしゃ)は、中臣氏(のちの藤原氏)の氏神を祀るために768年に創設された奈良県奈良市にある神社。旧称は春日神社。式内社(名神大社)、二十二社(上七社)の一社。旧社格は官幣大社で、現在は神社本庁の別表神社。神紋は「下がり藤」。 (出典:Wikipedia)

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「春日大社」のつながり調べ

  • 奈良県の観光地

    奈良県の観光地から見た春日大社

    春日大社本社 - 本殿 4棟(奈良県の観光地 フレッシュアイペディアより)

  • 九条忠家

    九条忠家から見た春日大社

    道家の忠家の将来に対する期待は大きく、1242年(仁治3年)の置文には寵愛していた三男の一条実経に摂関の地位を継がせることと記す一方で、その後の摂関には忠家を就けることを指示している。また、1246年(寛元4年)5月に忠家が病に倒れた時には春日大社に対して「就中小僧子孫雖多、可継家之者是也、為嫡孫故也」と記した願文を納めて、自らの後継者であることを明記している。建長2年(1250年)に道家は処分状を作成し、まず家長者を一条実経とするものの、次は九条忠家が継いで、互いの子孫が摂関の地位を失わない限りはそのうちでもっとも官職の高い人物(一門上首)が継ぐこと、子孫の断絶あるいは摂関の地位に就けずに子孫が摂家の資格を失った場合には、家長者はその所領を没収できるものとした。ただし、これらの規定は実経が年長でかつ摂関経験者であることを背景にしたもので、既に右大臣の地位に就いていた忠家も当然摂関の地位に就くことを前提にして作成されたと考えられている。(九条忠家 フレッシュアイペディアより)

「春日大社」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

目次(フレッシュアイペディア)

「春日大社」
地図情報

「春日大社」のニューストピックワード