前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
362件中 1 - 10件表示
  • 鹿島神宮

    鹿島神宮から見た春日大社春日大社

    また、藤原氏からの崇敬も特徴の1つである。鹿島には藤原氏前身の中臣氏に関する伝承が多く残るが、藤原氏祖の藤原鎌足もまた常陸との関係が深く、『常陸国風土記』によると常陸国内には鎌足(藤原内大臣)の封戸が設けられていた。また『大鏡』(平安時代後期)を初見として鎌足の常陸国出生説もあり、神宮境外末社の津東西社跡近くに鎮座する鎌足神社(鹿嶋市指定史跡、)はその出生地と伝えられる。藤原氏の氏社として創建された奈良の春日大社では、鹿島神が第一殿、香取神が第二殿に勧請されて祀られ、藤原氏の祖神たる天児屋根命(第三殿)よりも上位に位置づけられた。鹿島神宮 フレッシュアイペディアより)

  • Best Songs 1981-2017〜Live in 春日大社〜

    Best Songs 1981-2017〜Live in 春日大社〜から見た春日大社春日大社

    薬師丸ひろ子のライブアルバム。2016年9月25日、奈良県・春日大社境内の飛火野(とびひの)で行われた初の野外ライブ『世界遺産劇場 春日大社 第六十次式年造替奉祝 薬師丸ひろ子コンサート』から14曲、スペシャル・トラックに井上陽水作詞作曲の新曲「めぐり逢い」(スタジオ録音)の計15曲をSHM-CDに収録している。Best Songs 1981-2017〜Live in 春日大社〜 フレッシュアイペディアより)

  • 奈良公園

    奈良公園から見た春日大社春日大社

    太政官布達により明治13年(1880年)2月14日開園。大部分が国有地で、奈良県が無償で借用し管理している。都市公園としての正式名称は「奈良県立都市公園 奈良公園」といい、総面積は502ヘクタール。周辺の興福寺、東大寺、春日大社、奈良国立博物館、なども含めると総面積はおよそ660ヘクタール(東西約4キロメートル、南北約2キロメートル)に及ぶ。通常はこの周辺社寺を含めたエリアを"奈良公園"と呼ぶ。奈良公園 フレッシュアイペディアより)

  • 神社

    神社から見た春日大社春日大社

    現在、大社を名乗っている神社は上記の二社のほか、気多大社(石川県)、諏訪大社(長野県)、南宮大社(岐阜県)、三嶋大社・富士山本宮浅間大社(静岡県)、多度大社(三重県)、日吉大社・多賀大社・建部大社(滋賀県)、松尾大社・伏見稲荷大社(京都府)、住吉大社(大阪府)、春日大社・龍田大社・広瀬大社(奈良県)、熊野本宮大社・熊野速玉大社・熊野那智大社(和歌山県)、宗像大社・高良大社(福岡県)など。神社 フレッシュアイペディアより)

  • ニホンジカ

    ニホンジカから見た春日大社春日大社

    なお、現代の日本における鹿のイメージは奈良公園にいる春日大社の「神鹿」や宮島を自由に歩き回る鹿によるところが多いが、そのイメージは鹿せんべいに群がる愛らしくおとなしい動物というようなものである。また、子供動物園で放し飼いにされている子鹿によるところもある。無論そのイメージは「かわいい」というものである。なお、子鹿は「バンビ」と呼ばれることが多いが、同名の児童文学はオーストリアの作品である。なお、ニホンジカの子供を「バンビ」と呼ぶのは誤用ではないが、「バンビ」はノロの子供をモデルにしているために、ニホンジカとは別種であることは理解しておきたい。ニホンジカ フレッシュアイペディアより)

  • 香取神宮

    香取神宮から見た春日大社春日大社

    また藤原氏からの崇敬も強く、藤原氏の氏社として創建された奈良の春日大社では、鹿島神が第一殿、香取神が第二殿に祀られ、藤原氏の祖神たる天児屋根命(第三殿)よりも上位に位置づけられた。中世に武家の世に入ってからも、武神を祀る両神宮は武家から信仰された。現代でも武術方面から信仰は強く、道場には「鹿島大明神」「香取大明神」と書かれた2軸の掛軸が対で掲げられることが多い。香取神宮 フレッシュアイペディアより)

  • 角振隼総明神

    角振隼総明神から見た春日大社春日大社

    角振隼総明神(つのふりはやぶさみょうじん)は、春日社に関わる祭神。角振隼総別命(つのふりはやぶさわけのみこと)とも言われる。春日大社末社として本宮椿本神社、また奈良市角振新屋町の隼神社に祀られる。角振隼総明神 フレッシュアイペディアより)

  • 春日山原始林

    春日山原始林から見た春日大社春日大社

    春日山原始林(かすがやまげんしりん)は、奈良県奈良市の市街の東方に位置する原始林で約250haの広さがある。春日大社の神域として古より狩猟や伐採が禁止され、積極的な保護により原始性を保ってきた。奈良の景観保全上においても重要な役割を果たしており、ユネスコの世界文化遺産「古都奈良の文化財」の一要素となっている。春日山原始林 フレッシュアイペディアより)

  • 今西家屋敷

    今西家屋敷から見た春日大社春日大社

    今西家は中世の時代に春日大社領垂水西牧の南郷目代を務めていた神官である。今西家には中世に書かれた古文章の土地台帳「太田文」、江戸時代に書かれた「今西家文章」など、大変貴重な書物が現存している。今西家の古文章によると、古くは家の周辺が約5.4m〜7.2mの堀で囲まれている事が分かっており、さらにその周囲約216m四方にも及ぶ外堀が存在していた。今西家屋敷 フレッシュアイペディアより)

  • 春日 (奈良市)

    春日 (奈良市)から見た春日大社春日大社

    春日(かすが)または春日野(かすがの)は、奈良県奈良市春日野町の春日大社一帯の名称。奈良市および付近の名称。奈良時代に烽(とぶひ)が設置されたことから、飛火野(とびひの)の別名がある。「春日野鹿」 は南都八景の一つとなっている。春日 (奈良市) フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
362件中 1 - 10件表示

「春日大社」のニューストピックワード