362件中 91 - 100件表示
  • 大村神社 (伊賀市)

    大村神社 (伊賀市)から見た春日大社春日大社

    祭神は、『延喜式』神名帳では1座とする。一方、嘉吉元年(1441年)の『興福寺官務牒疏』では「大村神 二座」とあり、春日神が神護景雲2年(768年)に常陸(鹿島神宮)から三笠山(春日大社)に遷幸する際に休息した地であるとしている。現在の配祀神である武甕槌命・経津主命・天児屋根命ら春日神3柱はこの遷座伝承に由来するが、その史実性は明らかでない。大村神社 (伊賀市) フレッシュアイペディアより)

  • 嶋田神社

    嶋田神社から見た春日大社春日大社

    祭神の神八井耳命は神武天皇の皇子。その裔の仲臣子上は成務天皇の時代、尾張国島田の悪神征伐に功があり、島田姓を賜ったとの記録があるため、それにまつわる社名とみられている。平安末期より春日大社との関係が深くなり、当社と同じく式内社の赤穂神社、御前原石立命神社、天乃石吸神社と共に春日山中に勧請され、春日大社境内末社の紀伊神社四柱として祀られている。嶋田神社 フレッシュアイペディアより)

  • 藤原資業

    藤原資業から見た春日社春日大社

    寛弘3年(1006年)式部少丞に任ぜられる。翌寛弘4年(1007年)大丞に転じ、寛弘6年(1009年)従五位下・筑後権守に叙任される。刑部少輔、大内記、右少弁を歴任し寛弘8年(1011年)東宮学士を兼任する。寛弘9年(1012年)備中介を務め、長和2年(1013年)従五位上に昇叙される。その後、長和3年(1014年)五位蔵人となる。同年12月、右中弁・藤原定頼が春日社行幸行事を務めることになったが、闘乱によって定頼に変わって資業に改替した。左衛門権佐を経て、長和5年(1016年)左大臣・藤原道長が三條院の院司を定めた際には判官代に任ぜられた。長和6年(1017年)正五位下に叙された。藤原資業 フレッシュアイペディアより)

  • 九条忠家

    九条忠家から見た春日大社春日大社

    道家の忠家の将来に対する期待は大きく、1242年(仁治3年)の置文には寵愛していた三男の一条実経に摂関の地位を継がせることと記す一方で、その後の摂関には忠家を就けることを指示している。また、1246年(寛元4年)5月に忠家が病に倒れた時には春日大社に対して「就中小僧子孫雖多、可継家之者是也、為嫡孫故也」と記した願文を納めて、自らの後継者であることを明記している。建長2年(1250年)に道家は処分状を作成し、まず家長者を一条実経とするものの、次は九条忠家が継いで、互いの子孫が摂関の地位を失わない限りはそのうちでもっとも官職の高い人物(一門上首)が継ぐこと、子孫の断絶あるいは摂関の地位に就けずに子孫が摂家の資格を失った場合には、家長者はその所領を没収できるものとした。ただし、これらの規定は実経が年長でかつ摂関経験者であることを背景にしたもので、既に右大臣の地位に就いていた忠家も当然摂関の地位に就くことを前提にして作成されたと考えられている。九条忠家 フレッシュアイペディアより)

  • 影向の松 (春日大社)

    影向の松 (春日大社)から見た春日大社春日大社

    影向の松(ようごうのまつ)は、奈良県奈良市の春日大社一の鳥居をくぐってすぐの、参道右側に生育しているクロマツである。延慶2年(1309年)の春日権現験記にも記された古い巨木であったが、1995年(平成7年)に枯れたため、現在は巨大な切り株の横に後継樹の若木が植えられている。影向の松 (春日大社) フレッシュアイペディアより)

  • 蘇我比め神社

    蘇我比め神社から見た春日大社春日大社

    創建の年代は不詳である。紀記神話によれば、日本武尊の東征の際、相模から総国に渡ろうとしたとき暴風雨に遭い、それを鎮めるために日本武尊の后の弟橘姫が入水した。社伝によれば、そのとき弟橘姫に付き従ってきた5人の女性も一緒に水に入ったが、そのうちの一人、蘇我大臣の娘の蘇我比咩だけは浜に打ち上げられ、里人の看護により蘇生し、都に帰った。後に里人は、日本武尊が帰途に亡くなったことを聞き、その霊を慰めるために社を建てて祀った。応神天皇はその行為に感激し、蘇我一族をこの周辺の国造として派遣した。蘇我氏は春日大社と比咩神社を信仰しており、両社を勧請して蘇我比咩神社を創建したという。蘇我比め神社 フレッシュアイペディアより)

  • 百万 (能)

    百万 (能)から見た春日大社春日大社

    他に、百万遍念仏の音頭役を務めた舞い手、春日の巫女などを百万の原型とする説がある。百万 (能) フレッシュアイペディアより)

  • 手力雄神社 (奈良市)

    手力雄神社 (奈良市)から見た春日大社春日大社

    手力雄神社(たぢからおじんじゃ)は、奈良県奈良市橋本町にある神社。春日大社境外末社。三条通北側東端築地の上にあり、後方は築地塀を挟んで興福寺会館となる。手力雄神社 (奈良市) フレッシュアイペディアより)

  • 有職料理

    有職料理から見た春日大社春日大社

    長屋王邸出土木簡などから、奈良時代には既に貴族社会で接待料理が成立していたことが伺えるが、その具体的な形式は不詳である。それが発達した物が「延喜式」神祇項目に出てくる「神饌」と思われ、春日大社の神饌や、談山神社の「百味御食」(ひゃくみのおんじき)などにその形式を残していると考えられている。有職料理 フレッシュアイペディアより)

  • 大塔宮曦鎧

    大塔宮曦鎧から見た春日大社春日大社

    (大内の段)後醍醐天皇は鎌倉幕府の執権北条氏が、皇位のことについても口を挟む専横を怒り、宝剣を持ち北条氏を呪う祈祷を自ら行う。参内した天台座主の大塔宮尊雲法親王はそれを諌める。六波羅探題の常盤駿河守範貞が先帝の皇子である逆仁親王を連れて参内し、鎌倉の意向として逆仁親王に位を譲るように勧める。逆仁はもと鎌倉北条氏の養子となっていたので鎌倉側に与している。後醍醐帝はほんらい八歳になるわが子の若宮に皇位を譲るつもりであったが、そこへ奈良の春日大社より使いの者が来て、社で花の房長く真っ赤な藤の花が咲いたと知らせる。これぞ逆仁に位を譲れとの神託であろうと範貞は主張するが、後醍醐帝はその神託に偽りあらば必ず神罰を蒙るであろうと大音で述べる勢いに、範貞もさすがにひるんで、ひとまず逆仁を連れて退出する。大塔宮曦鎧 フレッシュアイペディアより)

362件中 91 - 100件表示

「春日大社」のニューストピックワード