248件中 91 - 100件表示
  • 鷹司輔平

    鷹司輔平から見た春日大社春日大社

    寛保3年(1743年)、鷹司基輝(従二位内大臣)が17歳の若さで急死(5月15日)して鷹司家は断絶の危機を迎えた。基輝の実父で、元々鷹司家から養子に入って一条家を継いでいた当時の関白一条兼香はこれを憂慮して春日大社に使者を発して後継の神託を求めた。春日大社での占いの結果、直仁親王の皇子である淳宮が養子に選ばれた。そこで兼香はまず淳宮を桜町天皇の猶子(10月4日)とし、続いて自分の養子に迎えた(同27日)上で一条家からの養子という形式で鷹司家を相続させた。鷹司輔平 フレッシュアイペディアより)

  • 宝生流

    宝生流から見た春日大社春日大社

    宝生座は多武峰や春日大社(若宮祭)、興福寺(薪猿楽)に参勤し、代々の宝生太夫は室町幕府に仕えた。江戸時代には五代将軍徳川綱吉がとりわけ宝生流を贔屓し、他座の囃子方を宝生流に転属させるほどであった。またその頃、加賀藩主・前田綱紀の後援を受け、加賀の地では金春流に代わって宝生流が盛んとなった。宝生流 フレッシュアイペディアより)

  • 大和猿楽

    大和猿楽から見た春日大社春日大社

    古くから興福寺や春日大社などの神事に奉仕することを職務とし、外山(とび)座、坂戸座、円満井(えんまんい)座、結崎(ゆうざき)座の4座が特に知られて、大和四座と称された。室町時代に入って結崎座の観阿弥・世阿弥父子が将軍家に重んじられて猿楽を現在の能楽とほぼ同等の芸能に発展させている。以後、豊臣氏・徳川氏にも重んじられ、外山座は宝生座、坂戸座は金剛座、円満井座は金春座、結崎座は観世座となり、元和年間に金剛座から分かれた喜多流を加えた四座一流の系譜(原則として世襲)を継ぐ能楽師によって、現在の能楽協会が構成されている。大和猿楽 フレッシュアイペディアより)

  • 藤原げん子

    藤原げん子から見た春日大社春日大社

    寛仁2年(1018年)、父・敦康親王が薨去。母が関白藤原頼通の正室隆姫女王の妹であった縁で、娘のない頼通夫妻の養女となる。同4年11月26日著袴。長元9年(1036年)、後朱雀天皇の女御代となる。同10年(1037年)1月7日入内、女御の宣旨を受け正四位下に叙される。同年3月1日、中宮に冊立。天皇の寵愛を受け、祐子内親王・禖子内親王の二皇女をもうけるが、皇子出生を見る事なく産褥死した。享年24。『太神宮諸雑事記』によると、中宮は御産の十日後、沐浴しているうちに雷電が鳴り大雨が激しく降り、そのまま御湯殿において頓滅したという。逝去当時、源氏でありながら藤原氏の養女として立后した事で、藤原氏の氏神である春日社の神の怒りを買った為に亡くなったのだという噂が流れた。なお嫄子を擁立したことで先に中宮となっていた禎子内親王は皇后に押しやられ、頼通との関係が悪化したとされる。藤原げん子 フレッシュアイペディアより)

  • 声聞師

    声聞師から見た春日大社春日大社

    室町時代(14世紀 - 16世紀)には、寺に属しあるいは没落して民間に流れ、その活動が活発化する。15世紀に尋尊が記した日記である『大乗院寺社雑事記』によれば、大和国奈良の興福寺では、「五ヶ所」「十座」といった集団的居住地「声聞師座」を形成し、同寺に所属する「声聞師」たちがそこに生活の根拠を置いた。同寺に属する「声聞師」たちは、「猿楽」、「アルキ白拍子」(漂白する白拍子)、「アルキ御子」(漂白する巫女)、「鉢タタキ」(鉢叩)、「金タタキ」(鉦叩)、「アルキ横行」(漂白する横行人)、「猿飼」といった国内の「七道者」を支配し、各地から来た彼らから金銭を受け、そのかわりに巡業の手配を行ったとされる。自らは、「陰陽道」のほか、釈迦の説法である「金口」、「暦星宮」、「久世舞」(曲舞)、「盆・彼岸経」、「?沙門経」(毘沙門経)等の芸能をもって生業としたとされる。この時期、興福寺や春日大社、法隆寺での猿楽を行った「声聞師座」(大和四座)は、声聞師 フレッシュアイペディアより)

  • 灯籠

    灯籠から見た春日大社春日大社

    ファイル:Kasuga-taisha30bs4592.jpg|春日型(春日大社灯籠 フレッシュアイペディアより)

  • 櫛引八幡宮

    櫛引八幡宮から見た春日大社春日大社

    鎌倉時代の大鎧。長慶天皇からの拝領と伝えられる。茜染めの組糸で小札(こざね)を威し(赤糸威)、八重菊枝模様を打出した鍍金金具を兜の鉢・鍬形台・吹返、大袖の裾板、草摺の裾板、鳩尾板(きゅうびのいた)、栴檀板(せんだんのいた)など随所に散らす。兜は鋲の頭を星に見立てた星兜で眉庇に八重菊枝文の鍬形台と大鍬形が付く。大袖には籬(まがき)に八重菊枝文の金具の上に「一」の字の飾金物を置くため「菊一文字の鎧」と呼ばれる。鎌倉時代の金工芸術の最高水準を示し、装飾性の豊かな点で奈良県春日大社所蔵の「赤糸威鎧」(竹に虎金物)と双璧をなすものと唱われる。天明8年(1788年)の幕府巡見使に随行した古川古松軒は「新羅三郎義光公の甲胄」と紹介している(『東遊雑記』)。大正4年(1915年)3月26日に古社寺保存法に基づき当時の国宝(旧国宝、現行法の重要文化財に相当)に指定。昭和28年に文化財保護法に基づく国宝に指定された。櫛引八幡宮 フレッシュアイペディアより)

  • 厚化粧

    厚化粧から見た春日大社春日大社

    普段は厚化粧しない場合が多いが、祭りなどで巫女神楽を奉納する場合は上記の稚児と同じ理由で厚化粧する場合がある。春日大社(奈良市)においては、顔の輪郭をはっきり白で描くのが特徴。厚化粧 フレッシュアイペディアより)

  • 奈良華族

    奈良華族から見た春日大社春日大社

    奈良華族は藤原氏とそれ以外によって待遇に差があった。還俗後、氏神であり興福寺と習合されていた春日大社の神官に転じた藤原氏に連なる者は、別家・独立の扱いを受け、堂上格として認められた。これに対し、藤原氏ではない者は還俗後に京都の実家に復帰したた初め一代華族として処遇され、後に永世華族に昇格している。奈良華族 フレッシュアイペディアより)

  • 神前町 (神戸市)

    神前町 (神戸市)から見た春日大社春日大社

    昭和6年(1931年)9月に、春日神社(都賀荘の豪族若林氏が中世に奈良(春日大社)から分霊してきたという)の社前である事から命名された。天正13年(1585年)創建の福正寺も域内に有する。神前町 (神戸市) フレッシュアイペディアより)

248件中 91 - 100件表示

「春日大社」のニューストピックワード