362件中 101 - 110件表示
  • 河越泰重

    河越泰重から見た春日大社春日大社

    嘉禎4年(1238年)2月17日、将軍頼経の上洛に随兵として従う。6月の春日社参詣に供奉。10月3日、将軍・頼経が鞍馬寺の上棟に奉納する馬・剣・砂金を届ける使いを務める。河越泰重 フレッシュアイペディアより)

  • 金春八郎

    金春八郎から見た春日大社春日大社

    1870年(明治3年)、74世金春流宗家・金春広成(最後の金春大夫)の子として生を受ける。金春家は四座一流の一つとして幕府に仕え、奈良の領内では「金春札」と言われる銀札を発行するなどの勢威を誇っていたが、維新の混乱により他の能役者たちと同様に困窮、広成も失意のうちに春日大社の神楽所に勤めて糊口を凌いでいた。金春八郎 フレッシュアイペディアより)

  • 宇都宮泰綱

    宇都宮泰綱から見た春日大社春日大社

    1238年7月24日(嘉禎4年6月5日)? 頼経の春日大社参詣の行列に水干の2番として随行する。宇都宮泰綱 フレッシュアイペディアより)

  • 宇都宮頼綱

    宇都宮頼綱から見た春日大社春日大社

    頼綱はその後法然の弟子証空に師事したが、建保2年(1214年)頃までには鎌倉政庁の許しを得、5月には園城寺改修を拝命、山王社及び拝殿の修復に努めている。浄土宗に帰依した頃よりその潤沢な財力をもって京常盤や宇都宮、桐生などに念仏堂(庵)を建て、その由緒は現在もそれぞれ光明寺流「西方寺」、宇都宮「清巌寺」、桐生「西方寺」として受け継がれていると云われる。建保4年(1216年)、頼綱が伊賀国壬生庄の地頭を称し春日大社領を押領していると、興福寺の僧信賢が朝廷を介して鎌倉政庁に訴えて来たが、幕府の訴訟の範疇でないため記録所で示談された。宇都宮頼綱 フレッシュアイペディアより)

  • 藤原安親

    藤原安親から見た春日大社春日大社

    永延3年(989年) 4月5日:従三位(春日行幸行事賞)藤原安親 フレッシュアイペディアより)

  • 三島神社 (徳島市)

    三島神社 (徳島市)から見た春日大社春日大社

    鎌倉時代から室町時代にかけて、当神社周辺は奈良県春日大社の荘園(富田庄)で、この荘園の地頭に任命された伊予国の武士、河野通久が、自ら信仰していた大山祇神社(三島大明神)を徳島でも祭ったのが始まりとされる。三島神社 (徳島市) フレッシュアイペディアより)

  • 春日若宮おん祭

    春日若宮おん祭から見た春日大社春日大社

    春日若宮おん祭(かすがわかみやおんまつり)は、奈良県奈良市の春日大社の摂社若宮神社の祭祀として、奈良公園周辺で毎年12月17日を中心に数日に渡って行われる祭礼である。大和一国を挙げて盛大に執り行われ、1136年に関白藤原忠通によって始められてから八百七十有余年にわたり一度も途切れることなく開催されている。おん祭で奉納される猿楽(能)や雅楽、神楽や舞楽などの芸能は中世以前の芸能の継承・保存に大きな役割を果たしている。これらの奉納芸能は「春日若宮おん祭の神事芸能」として1979年(昭和54年)に国の重要無形民俗文化財に指定されている。春日若宮おん祭 フレッシュアイペディアより)

  • 今啓パール

    今啓パールから見た春日大社春日大社

    第9回 葉室頼昭(春日大社宮司)今啓パール フレッシュアイペディアより)

  • 春日神社 (篠山市)

    春日神社 (篠山市)から見た春日大社春日大社

    春日神社(かすがじんじゃ)は、兵庫県篠山市黒岡75にある神社。奈良の春日大社から分霊された。春日神社 (篠山市) フレッシュアイペディアより)

  • 奈良豆比古神社

    奈良豆比古神社から見た春日大社春日大社

    ただし、『式内社考』では中殿が南良春日宮大神(奈良豆比古神)、左殿が春日若宮(天押雲根命)、右殿が矢幡大神(施基親王)としている。奈良豆比古神社 フレッシュアイペディアより)

362件中 101 - 110件表示

「春日大社」のニューストピックワード