362件中 111 - 120件表示
  • 山田神社 (枚方市山之上)

    山田神社 (枚方市山之上)から見た春日大社春日大社

    春日神社(武甕槌神命、経津主命、天児屋根命、比咩大神) - 建保年間、春日大社より勧請山田神社 (枚方市山之上) フレッシュアイペディアより)

  • 山田神社 (枚方市田口)

    山田神社 (枚方市田口)から見た春日大社春日大社

    創建年代は不詳であるが、延宝9年(1681年)4月の社寺改に『田口村氏神 天神社』とあり、江戸時代初期には存在している。天明6年(1786年)の社殿再建にあたり、奈良の春日社の社家・大中臣時春より春日社旧殿を譲り受けた。その社殿は現在は末社・春日社となっており、本殿と並んで建っている。山田神社 (枚方市田口) フレッシュアイペディアより)

  • 稲植神社

    稲植神社から見た春日大社春日大社

    長禄年間(145760)に、春日大社から勧請したといわれている。元祇園とも呼ばれ、明治以前は、神仏習合の神社であり、神宮寺として東福寺があった。江戸時代に作られたヒノキ製の鼻高面、文化8年(1811年)の箱書のある輿などがある。。稲植神社 フレッシュアイペディアより)

  • 太鼓芸術鼓宮舞

    太鼓芸術鼓宮舞から見た春日大社春日大社

    現代表である外山智亮の「和太鼓の素晴らしさを世界に広めたい」という想いから有志を募り、以来、小学生・中学生・高校生を中心に活動が始まり、2001年より自主コンサート開催、2002年には世界遺産である奈良県春日大社にて奉納演奏が始まる。これらの演奏が鼓宮舞の成長・発展のきっかけとなった。年々演奏の依頼は多くなり、では代表含め20名のメンバーで演奏活動を行っている。太鼓芸術鼓宮舞 フレッシュアイペディアより)

  • 若草山

    若草山から見た春日大社春日大社

    山焼きが1月15日であった頃には、小正月行事として若草山麓に奈良市内の家庭から正月の注連飾りなどを持ち寄って「とんど」として燃やすことも行われていた。ハッピーマンデー以後は日程が合わないため注連飾りの焚き上げについては春日大社が1月15日以降の土曜日に「春日の大とんど」として飛火野に火炉を設置して実施してきた。第4土曜日に変更されて以後は、春日の大とんども山焼きと同じ日に実施されている。若草山 フレッシュアイペディアより)

  • 今西氏

    今西氏から見た春日大社春日大社

    他に春日大社南郷目代である今西氏がある。今西氏 フレッシュアイペディアより)

  • 斎藤利行 (太郎左衛門尉)

    斎藤利行 (太郎左衛門尉)から見た春日大社春日大社

    正和3年(1314年)12月、「神木動座」を行った興福寺へ鎌倉幕府の沙汰を伝え、神木を春日大社に帰座するよう交渉した(『大乗院具注暦日記』)。斎藤利行 (太郎左衛門尉) フレッシュアイペディアより)

  • エンドレスナイトスペシャル

    エンドレスナイトスペシャルから見た春日大社春日大社

    この他にも梅田淳アナウンサー(当時)と石巻ゆうすけアナウンサーが、第2期ギャルズの吉内里美と奈良・春日大社から生中継。正月料理の紹介や、参拝客を集めてのゲーム大会など、正月ならではの光景を伝えた。エンドレスナイトスペシャル フレッシュアイペディアより)

  • 宅春日神社

    宅春日神社から見た春日大社春日大社

    社伝によると、天児屋根命は神護景雲2年(768年)、河内国枚岡から大和国添上郡高窓山麓に移座し、同年の11月9日に現在の春日大社の地に留まられたが、高円山の社地が当社地にあたる。創祀以来春日大社禰宜家が奉仕して今日にいたる。宅春日神社 フレッシュアイペディアより)

  • 強訴

    強訴から見た春日大社春日大社

    特に「南都北嶺」と並び称された南都興福寺と比叡山延暦寺は強訴の常連で、興福寺は春日大社の神木(春日神木)、延暦寺は日吉大社の神輿などの「神威」をかざして洛中内裏に押し掛けて要求を行い、それが通らない時は、神木・神輿を御所の門前に放置し、政治機能を実質上停止させるなどの手段に出た。神木を使う前者を「榊振り」、神輿を使う後者を「神輿振り」とも呼び、神輿振りは1095年の強訴が最初とされる。白河法皇は「賀茂川の水、双六の賽、山法師。これぞ朕が心にままならぬもの」という言葉を残しているが、これは延暦寺の強訴を嘆いての事である。強訴 フレッシュアイペディアより)

362件中 111 - 120件表示

「春日大社」のニューストピックワード