362件中 131 - 140件表示
  • 善五郎

    善五郎から見た春日大社春日大社

    室町時代、初代宗禅は奈良の「西京西村」に住んで春日大社の供御器を作っており、西村姓を名乗っていた。晩年に堺の武野紹鴎の依頼で土風炉を作るようになり、土風炉師・善五郎を名乗るようになる。二代宗善は堺に住み、三代宗全以降は京都に定着した。小堀遠州の用命を受けた際に「宗全」の銅印をもらったことから、以後九代まで作品に宗全印を捺用した。善五郎 フレッシュアイペディアより)

  • 東三条殿

    東三条殿から見た春日社春日大社

    経緯は不明ながら、東三条殿の西北隅には、春日社と関わりの深い角振明神・隼明神の2社が勧請され、鎮守となっていた。兼家が東三条殿を新造した永延元年(987年)10月、一条天皇の行幸を受けて従四位下に加階され、道長の改築後の寛弘3年(1006年)3月にも一条天皇の里内裏となったことにより正二位に加階された。その後、久安6年(1150年)、近衛天皇の元服の里内裏となった際にも加階を受けた。東三条殿 フレッシュアイペディアより)

  • 長良神社 (館林市)

    長良神社 (館林市)から見た春日大社春日大社

    館林総鎮守とされる当地の氏神で、かつて上野国の国主としてこの地を治めた藤原長良を主祭神として祀る。創建年代は不明。没後に春日大社の末社として祀られた長良について、赤井良遠なる人物が上野国の佐貫荘長柄郷瀬戸井(現在の邑楽郡千代田町)に勧請したものが始まりとされ、当社は館林城を築城した赤井照光によってこの地に勧請されたと伝わる。長良神社 (館林市) フレッシュアイペディアより)

  • 大塚清吾

    大塚清吾から見た春日大社春日大社

    春日大社 秘儀開封 生きている正倉院』角川書店 1995大塚清吾 フレッシュアイペディアより)

  • 野々宮神社 (堺市)

    野々宮神社 (堺市)から見た春日大社春日大社

    創建は不詳だが約400年前と言われる。和泉国大鳥郡深井荘野々宮香林寺の略縁起によると、天正年間に細川氏の兵火に遭い、春日社領であった奥山(現深井清水町)に転座し、再建されたとされる。明治4年(1871年)までは中村(現深井中町)の香林寺(行基建立49院の1院)と併存していたが、神仏分離で同寺と離れ、翌5年に郷社に列した。1万平方メートルの境内には、稲荷社、春日社、八幡社、厳島社があり、明治42年に畑山の愛宕神社、東山の厳島神社、百済(現北条)の東山神社、八幡神社、楢葉の八阪神社、高揚(現深井北町)の菅原神社、八田(現東八田)の菅原神社を合祀した。野々宮神社 (堺市) フレッシュアイペディアより)

  • 金沢五社

    金沢五社から見た春日大社春日大社

    小坂神社(こさかじんじゃ)は、養老元年(717年)の創建。春日大社の荘園だった土地で、この神社も春日大社の末社にあたり「春日さん」として親しまれる。主祭神天児屋根命、経津主命、比咩神、武甕槌大神金沢五社 フレッシュアイペディアより)

  • 藤原げん子

    藤原げん子から見た春日大社春日大社

    寛仁2年(1018年)、父・敦康親王が薨去。母が関白藤原頼通の正室隆姫女王の妹であった縁で、娘のない頼通夫妻の養女となる。同4年11月26日著袴。長元9年(1036年)、後朱雀天皇の女御代となる。同10年(1037年)1月7日入内、女御の宣旨を受け正四位下に叙される。同年3月1日、中宮に冊立。天皇の寵愛を受け、祐子内親王・禖子内親王の二皇女をもうけるが、皇子出生を見る事なく産褥死した。享年24。『太神宮諸雑事記』によると、中宮は御産の十日後、沐浴しているうちに雷電が鳴り大雨が激しく降り、そのまま御湯殿において頓滅したという。逝去当時、源氏でありながら藤原氏の養女として立后した事で、藤原氏の氏神である春日社の神の怒りを買った為に亡くなったのだという噂が流れた。なお嫄子を擁立したことで先に中宮となっていた禎子内親王は皇后に押しやられ、頼通との関係が悪化したとされる。藤原げん子 フレッシュアイペディアより)

  • 春日さん

    春日さんから見た春日大社春日大社

    春日さん フレッシュアイペディアより)

  • 尾陽神社

    尾陽神社から見た春日大社春日大社

    1949年(昭和24年)に天照大御神を主祭神として合祀。また、1973年(昭和48年)には徳川家本邸の栄世稲荷神社を、1976年(昭和51年)には大神神社の摂社である久延彦神社の分霊を受けて摂社として祀っている。なお、久延彦神社の社殿は枚方市にある山田神社から贈られたもので、元々は約200年前に春日大社の本殿として使われていたものであるという。尾陽神社 フレッシュアイペディアより)

  • 勧学院

    勧学院から見た春日大社春日大社

    また、寄宿舎としての機能の他にも一族に関係する事務を行う氏院(うじのいん)としての機能を行うための政所も設置されていた。具体的には藤原氏の氏寺である興福寺や氏神である春日大社などの祭祀に関する事務である。また延命院の管理も行った。藤氏長者は長者宣を出す際に実際の事務文書にあたる下文が勧学院で作成されて添付された。勧学院 フレッシュアイペディアより)

362件中 131 - 140件表示

「春日大社」のニューストピックワード