362件中 141 - 150件表示
  • 率川神社

    率川神社から見た春日大社春日大社

    治承4年(1180年)12月、平重衡の乱によって社殿が消失。中世以降は春日若宮神官により管理され、興福寺とのつながりが大きかった。そのため、中世期の遷宮記録などは、『大乗院寺社雑事記』に度々記録されている。近世には春日大社の大宮外院11社の中にあったが、1877年(明治10年)3月、内務省達により大神神社摂社率川坐大神御子神社と定められた。率川神社 フレッシュアイペディアより)

  • 桑名宗社

    桑名宗社から見た春日大社春日大社

    中臣神社の主神は、伊勢国造の祖神である。延喜式神名帳には「中臣神社」と記載がある。元は鹿島神宮の武甕槌大神が春日大社に神幸した際の旧蹟に創祀され、後に桑名神社に合祀されたという。桑名宗社 フレッシュアイペディアより)

  • 忌部神社 (松江市)

    忌部神社 (松江市)から見た春日大社春日大社

    天太玉命を主祭神とし、日御碕神社から勧請したとされる天照大御神と春日大社から勧請したとされる天児屋根命を配神として、その他22柱をあわせて祀っている。忌部神社 (松江市) フレッシュアイペディアより)

  • 越智氏 (大和国)

    越智氏 (大和国)から見た春日大社春日大社

    鎌倉時代には大和国内の北部では興福寺の力が非常に強く、興福寺の寺僧である衆徒と春日大社の神人である国民が中心として分かれていた。南北朝時代には両方で南朝と北朝に分裂し、越智氏は「散在党」と呼ばれる首領として連合をまとめあげて勢力を拡大していった。越智氏 (大和国) フレッシュアイペディアより)

  • 毛抜形太刀

    毛抜形太刀から見た春日大社春日大社

    現存する毛抜形太刀の中でも最高作とされ、奈良春日大社蔵。ただし、深く錆つき、刀身は抜けないとされる。鞘には螺鈿と蒔絵が施されている。毛抜形太刀 フレッシュアイペディアより)

  • 元林院町

    元林院町から見た春日大社春日大社

    江戸時代にはすぐそばの興福寺や、比較的近い場所にある春日大社を描く絵師たちが多くこの地に住み込んだ。そのため町には「興福寺の絵屋町」という別名が存在する。元林院町 フレッシュアイペディアより)

  • 遷宮

    遷宮から見た春日大社春日大社

    かつては香取神宮・鹿島神宮・宇佐神宮・春日大社・諏訪大社(⇒御柱祭)などでも行われた。賀茂御祖神社は21年ごとに行われてきたが、東・西本殿とも国宝に指定されたため、現在は一部を修復するのみである。春日大社ではほぼ20年に一度、本殿の位置を変えずに建て替えもしくは修復を行ってきたため「式年遷宮」ではなく「式年造替」と呼称している。遷宮 フレッシュアイペディアより)

  • 南市町

    南市町から見た春日大社春日大社

    春日大社末社南市恵毘須神社南市町 フレッシュアイペディアより)

  • 片上荘

    片上荘から見た春日大社春日大社

    平安時代中期の天暦5年10月23日(951年11月24日)付の越前国足羽郡庁牒(『東大寺東南院文書』)中に「検校片上御庄惣別当生江」と記されており、既にこの時期には片上荘が成立しており、地元の豪族である生江氏が開発に関わったとみられている。後に本田100町が不輸が確立された事が、『兵範記』仁安2年(1167年)の10月・11月条に用いられた紙背文書によって知ることが出来る。後に一部が春日大社や家司に与えられているものの、基本的には摂関家の所領として室町時代まで維持されたとみられ、太閤検地直前の天正11年(1583年)が記録上の下限である。なお、現地の支配は時期は不明であるものの、生江氏から、越前斎藤氏(藤原利仁の末裔で斎藤実盛を輩出)に下司職が移っていることが確認できる。片上荘 フレッシュアイペディアより)

  • 春日神社 (春日市)

    春日神社 (春日市)から見た春日大社春日大社

    発生は古くこの地に中大兄皇子が天児屋根命を祀ったことに始まると伝えられる。四神を祀る神社としての春日神社の起源は藤原田麻呂が大宰大弐として大宰府にいた神護景雲二年(768年)にさかのぼる。藤原家の祖神たる天児屋根命がこの地に祀られていることを知った田麻呂は、自身の故郷である大和国春日の春日大社より武甕槌命、経津主命、姫大神の三柱を神籬に迎え祀って春日大明神として社殿を創建した。春日神社 (春日市) フレッシュアイペディアより)

362件中 141 - 150件表示

「春日大社」のニューストピックワード