362件中 151 - 160件表示
  • イチイガシ

    イチイガシから見た春日大社春日大社

    奈良市 :春日大社境内のイチイガシ巨樹群 - 奈良県奈良市春日野町160イチイガシ フレッシュアイペディアより)

  • 奉幣

    奉幣から見た春日大社春日大社

    奉幣使には五位以上で、かつ、卜占により神意に叶った者が当たると決められていた。また、神社によって奉幣使が決まっている場合もあり、伊勢神宮には王氏(白川家)、宇佐神宮には和気氏、春日大社には藤原氏の者が遣わされる決まりであった。通常、奉幣使には宣命使が随行し、奉幣の後、宣命使が天皇の宣命を奏上した。奉幣 フレッシュアイペディアより)

  • 氏長者

    氏長者から見た春日大社春日大社

    橘氏の梅宮社、藤原氏の春日社・興福寺など。祭日に奉幣使を立て、別当を補任した。氏長者 フレッシュアイペディアより)

  • 嘉応の強訴

    嘉応の強訴から見た春日大社春日大社

    有力寺社が独自の武力を保有して、為政者と衝突・抗争を繰り返す強訴は院政期に急増する。寺社はこの時期に荘園領主として発展しており、各地で国司と紛争を引き起こしていた。特に「南都北嶺」と並び称された南都興福寺と比叡山延暦寺は強訴の常連で、傘下の春日・日吉神人は春日の神木・日吉の神輿を奉じて入京し、朝廷に国司の解任・配流を迫った。嘉応の強訴 フレッシュアイペディアより)

  • 春日赤童子

    春日赤童子から見た春日大社春日大社

    春日赤童子 フレッシュアイペディアより)

  • 浪岡城

    浪岡城から見た春日大社春日大社

    築城以前は、1373年(文中2年)に平安京を模して敷地の四隅に祇園(現・北中野広峰神社)、八幡(現・浪岡八幡宮)、加茂(現・五本松加茂神社)、春日(現在は廃社)の各神社が配置されていた。その後、北畠家の支族である浪岡北畠氏の居城として長禄年間、応仁年間、または文明年間のいずれかに北畠氏4代北畠顕義によって建造された。中で応仁期が有力とされる。1578年(天正6年)浪岡北畠氏9代北畠顕村の代に大浦為信(後の津軽為信)によって攻められ落城した。現在、跡地には出土した遺物などを展示する「中世の館」や土塁、堀跡などがある。浪岡城 フレッシュアイペディアより)

  • 筵

    から見た春日大社春日大社

    天皇や貴人が歩く道筋や神事で祭神が遷御する通り道に敷く筵の道のことで、筵の上に白い絹を敷く場合もある。「えんどう」または「えどう」と言う。平安時代に宮中で舞が演じられる際に庭に敷かれる筵の道も筵道と呼ぶ。春日大社の式年造替で仮殿の「移殿(うつしどの)」から本殿まで祭神が通る道に敷かれるものは「清薦(きよごも)」と呼ばれ、明治以降は同大社の旧神領の農家が稲わらで作ってきた。これは神職が正遷宮前に精進潔斎のために泊まる斎館にも敷かれる。出雲大社の涼殿祭(すずみどのさい)では筵道に真菰が敷かれる。 フレッシュアイペディアより)

  • なら燈花会

    なら燈花会から見た春日大社春日大社

    春日大社参道会場(14日のみ)なら燈花会 フレッシュアイペディアより)

  • 明徳

    明徳から見た春日大社春日大社

    9月、将軍義満が春日大社や東大寺、興福寺などの寺社を参詣する。明徳 フレッシュアイペディアより)

  • 童子

    童子から見た春日赤童子春日大社

    仏典に現れるものとしては、金剛杖や金剛杵を手にした金剛童子(金剛手)や、華厳経入法界品の善財童子がある。密教で菩薩や明王の脇士として図象化された矜羯羅童子・制多迦童子のほか、春日赤童子などがある。高野山の影響を受けて興った両部神道では、天照大神を雨宝童子と呼んだ例もみられる。童子 フレッシュアイペディアより)

362件中 151 - 160件表示

「春日大社」のニューストピックワード