362件中 161 - 170件表示
  • 佐保殿

    佐保殿から見た春日大社春日大社

    具体的な設立時期や場所については不明。『今昔物語集』(巻22)には「山階寺(興福寺)の西に佐保殿と云ふ所は、此の大臣(藤原北家の祖・藤原房前)の御家也」と記され、『拾芥抄』には藤原不比等・冬嗣の邸宅と説明されている(なお、不比等邸は現在の薬師寺とされている)。また大治4年11月13日(1129年)に佐保殿が焼失した際に藤原宗忠が「四百十余歳の藤原氏の霊所」が失われたことを嘆き(『中右記』)、また源師時も「藤氏長者累代の重閣なり」と記している(『長秋記』)。これらの記述から、奈良時代初期以後に、興福寺や春日大社の北西にあった佐保(現在の奈良県奈良市法蓮町付近)の地にて存在していた藤原北家の邸宅と推定されているが、確証となるものが存在していない。佐保殿 フレッシュアイペディアより)

  • 栄花物語

    栄花物語から見た春日大社春日大社

    応徳3年(1086年)白河天皇が譲位。堀河天皇が即位し、師実は摂政になる。最後に15歳の師実の孫忠実が春日大社の祭礼に奉仕する姿を描写して藤原一族の栄華を寿ぎ終了している。栄花物語 フレッシュアイペディアより)

  • 永島福太郎

    永島福太郎から見た春日大社春日大社

    春日社記録 春日大社 1955-70永島福太郎 フレッシュアイペディアより)

  • 神事相撲

    神事相撲から見た春日大社春日大社

    春日大社 - 相撲節会の事例を受け、11月27日夜、10番相撲をとった。この際、雅楽が合わせて奏された。神事相撲 フレッシュアイペディアより)

  • 院政期文化

    院政期文化から見た春日社春日大社

    仏教による護国思想がいきわたるなかで、神は仏の化身であるという本地垂迹説がいっそう広がった。賀茂社や春日社などに仏塔が建てられたのも12世紀のことであった。院政期文化 フレッシュアイペディアより)

  • 長谷寺

    長谷寺から見た春日大社春日大社

    初瀬山の山麓から中腹にかけて伽藍が広がる。入口の仁王門から本堂までは399段の登廊(のぼりろう、屋根付きの階段)を上る。本堂の西方の丘には「本長谷寺」と称する一画があり、五重塔などが建つ。本堂が国宝に、仁王門、登廊5棟(下登廊、繋屋、中登廊、蔵王堂、上登廊)、三百余社、鐘楼、繋廊が重要文化財に指定されている。現存の本堂は8代目で、慶安3年(1650年)の竣工。登廊は長暦3年(1039年)に春日社の社司・中臣信清が我が子の病気平癒の御礼で寄進したとされるが、現存するものは近世以降の再建である。現存する蔵王堂、上登廊、三百余社、鐘楼、繋廊は本堂と同じ時期の建立。仁王門、下登廊、繋屋、中登廊の4棟は明治15年(1882年)の火災焼失後の再建で、仁王門は明治18年(1885年)、下登廊、繋屋、中登廊は明治22年(1889年)の建立である。これら明治再建の建物も、境内の歴史的景観を構成するものとして重要文化財に指定されている。長谷寺 フレッシュアイペディアより)

  • 南都八景

    南都八景から見た春日社春日大社

    南都八景(なんと はっけい)は、奈良市の東大寺・興福寺周辺にみられる優れた風景から、「八景」の様式にならって8つを選んだ風景評価の一つ。佐保川蛍、東大寺鐘、三笠山雪、春日野鹿、南円堂藤、猿沢池月、雲居坂雨、轟橋旅人、の8つをいう。室町時代に京都相国寺鹿苑院の僧、蔭涼軒主が記した 『蔭涼軒日録』 寛正6年(1456年)9月26日の条に、蔭涼軒真蘂が将軍足利義政に付き添って春日社に詣でた時の記事として初めて登場する。 その後、江戸時代の各種の絵図に南都八景の説明が入っている。南都八景 フレッシュアイペディアより)

  • 鹿政談

    鹿政談から見た春日大社春日大社

    大仏に、鹿の巻き筆、奈良ざらし、春日灯篭、町の早起き。鹿政談 フレッシュアイペディアより)

  • スセリビメ

    スセリビメから見た春日大社春日大社

    大国主とともに祀られている場合がほとんどである。出雲大社(島根県出雲市)の摂社大神大后神社(御向社)や春日大社(奈良県奈良市)の末社夫婦大国社をはじめ、國魂神社(福島県いわき市)、那売佐神社(島根県出雲市)、総社宮(岡山県岡山市)、備中国総社宮(岡山県総社市)などで祀られている。スセリビメ フレッシュアイペディアより)

  • 藤原俊成

    藤原俊成から見た春日大社春日大社

    安元3年(1177年)に清輔が没し、治承2年(1178年)九条兼実と初めて会談、九条家歌壇に師として迎えられ「右大臣家百首」などを詠進する。寿永2年(1183年)後白河院の院宣を受け、文治4年(1188年)第七勅撰集『千載和歌集』を撰進、名実ともに歌壇の第一人者となった。文治5・6年(1189・90年)には皇大神宮・春日・賀茂・住吉・日吉の5社に百首歌を奉納(「五社百首」)。建久4・5年(1193・94年)頃成立した「六百番歌合」(九条良経主催、俊成加判)では、六条藤家と御子左家の歌人たちがその威信をかけて激突した。藤原俊成 フレッシュアイペディアより)

362件中 161 - 170件表示

「春日大社」のニューストピックワード