362件中 171 - 180件表示
  • 横浜一庵

    横浜一庵から見た春日大社春日大社

    天正13年(1585年)3月21日に鍬初めが行われた和歌山城の普請奉行を藤堂高虎・羽田正親とともに勤めた。春日大社の石垣補修などの普請奉行にも名が見られ、また秀長と領内の興福寺の取次的な役割を担っていた。天正15年(1587年)の九州平定では裏方として在国で留守を預かった。横浜一庵 フレッシュアイペディアより)

  • 氏神

    氏神から見た春日大社春日大社

    本来の氏神は、古代にその氏人たちだけが祀った神であり、祖先神であることが多かった。例として、中臣氏は天児屋命、忌部氏は天太玉命を祀った。また、中臣氏と関係の深かった武甕槌命(鹿島神宮)と経津主命(香取神宮)を、藤原氏が春日大社に祀るなど特殊な例もあった。氏神 フレッシュアイペディアより)

  • 春日造

    春日造から見た春日大社春日大社

    春日大社に代表される春日造は、出雲大社に代表される大社造と同様に、切妻造・妻入であるが、屋根が曲線を描いて反り、正面に片流れの庇(向拝)を付したもの。庇と大屋根は一体となっている。屋根の反り、彩色など、寺院建築の影響を受けている。春日造 フレッシュアイペディアより)

  • 祭文

    祭文から見た春日大社春日大社

    また、現在の神道における祭祀では、勅使が伊勢神宮・勅祭社に参向した際に神前で奏上するものを「祭文」と呼ぶ。祭文の書かれる鳥の子紙について、伊勢神宮には縹色(はなだいろ)、賀茂神社には紅色、石清水八幡宮・春日大社には黄色のものが用いられる。祭文 フレッシュアイペディアより)

  • 西照寺

    西照寺から見た春日大社春日大社

    百萬は春日大社の巫女で、子に十萬と呼ばれる男児があった。ある時西大寺の念仏会に家族で詣でたが、混雑の中で十萬とはぐれたという。あまりの事に狂女となった百萬は十萬を探してさまよい歩き、ついに京都嵯峨清凉寺の念仏会で再開することができた。2人は奈良に戻り睦まじく暮らしたが、後に十萬は唐招提寺の道浄上人になったとも、あるいは清凉寺の十遍上人になったとも伝わる。この伝説は後に観阿弥により謡曲・百万に仕立てられた。西照寺 フレッシュアイペディアより)

  • 八島陵

    八島陵から見た春日大社春日大社

    本殿は式年造替に伴って春日大社の本殿を移築したものであったが、1886年、御陵の整備に伴い崇道天皇社は近傍の嶋田神社と合祀され、本殿も嶋田神社本殿として移築された。八島陵 フレッシュアイペディアより)

  • 小槻神社

    小槻神社から見た春日大社春日大社

    中世に合祀。藤原氏の祖神で、隣接して存在した金勝庄が春日大社(藤原氏氏神)領であったこととの関連が指摘される。小槻神社 フレッシュアイペディアより)

  • 春日権現

    春日権現から見た春日大社春日大社

    春日権現(かすがごんげん)は神仏習合の神であり、不空羂索観音・薬師如来・地蔵菩薩・十一面観音を本地仏とする。春日大明神とも呼ばれた。神仏分離・廃仏毀釈が行われる以前は、春日社(現在の春日大社)などで祀られた。春日権現 フレッシュアイペディアより)

  • 国鉄色

    国鉄色から見た春日大社春日大社

    戦前戦後の急行電車の独自塗色にも見られるが、同じ国有鉄道という組織の内にありながら、大阪地区は東京地区とは異なる路線を採ろうとすることが多かった。80系快速色の消滅後、一時的に大阪地区独自の塗色は途絶えていたが、1972年の新幹線岡山開業により急行運用が消滅して余剰となった153系電車を新快速に投入することとなり、大阪鉄道管理局は、シルバーグレー(灰色9号)にスカイブルー(青22号)の帯を巻いた新塗色を設定してイメージアップを図った。同様の塗装は阪和線の新快速(113系電車)に波及した他、スカイブルーの帯を春日大社の鳥居をイメージした朱色3号に変えた塗色が、1973年に電化された関西線113系に出現した。これは、国鉄分割民営化前後に全国へ波及した、地域色のはしりともいえるものである。国鉄色 フレッシュアイペディアより)

  • 美山荘

    美山荘から見た春日大社春日大社

    奈良の春日大社の社家であった初代が、京都・鞍馬の奥の大悲山にある、花背の「大悲山峰定寺」の再興に共鳴し、1895年(明治28年)に峰定寺参りの信者のために宿坊として建てたのが始まりとされている。美山荘 フレッシュアイペディアより)

362件中 171 - 180件表示

「春日大社」のニューストピックワード