362件中 181 - 190件表示
  • 恩智神社

    恩智神社から見た春日大社春日大社

    雄略天皇の時代(470年頃)、藤原氏により祖神の天児屋根命を香取神宮から勧請して創建された。天児屋根命はその後、枚岡神社を経て春日大社に祀られるようになったことから、当社は「元春日」と呼ばれる。恩智神社 フレッシュアイペディアより)

  • 菩提院大御堂

    菩提院大御堂から見た春日大社春日大社

    大御堂前庭では、春日神鹿をあやまって殺した少年、三作を、石子詰の刑に処したと伝わる塚がある。元禄時代、近松門左衛門の草した浄瑠璃『十三鐘』は、この伝説に取材したものである。菩提院大御堂 フレッシュアイペディアより)

  • 奈良の鹿

    奈良の鹿から見た春日大社春日大社

    7世紀後半から8世紀後半にかけて編纂された万葉集においては奈良の鹿の歌が詠まれ、このころは純粋に野生の鹿だった。同時期の767年には春日大社が創建され、その由来で主神の建御雷命(たけみかづちのみこと)が鹿島神宮から遷る際に白鹿に乗ってきたとされ、神鹿(しんろく)と尊ばれるようになる。氏社参詣の藤原氏からも崇拝の対象となり、鹿に出会うと神の使いとして輿から降りて挨拶した。これが続いて、鹿もお辞儀の習慣を覚えたという説がある。奈良の鹿 フレッシュアイペディアより)

  • 石子詰め

    石子詰めから見た春日大社春日大社

    刑罰としては、越後国上杉家で行なわれた。「俚諺集覧」に、「小石にて人を生きながら埋める刑なり、中古辺土にて往々ありしことなり」とある。江戸時代、寛永5年(1628年)、奈良の春日社の狛犬を盗んだ山伏を飯合川で石子詰めにした記録がある。春日野のシカ殺しの犯人は興福寺で石子詰めにされたという。石子詰め フレッシュアイペディアより)

  • 大山崎油座

    大山崎油座から見た春日大社春日大社

    ただし彼らが権益を拡大したのは、必ずしも公武による八幡宮への崇敬心からのみではなく、神人らの積極的な行動があった。すなわち神威による実力行使「嗷訴(強訴)」である。中世において南都北嶺の僧兵・神人らは(興福寺の場合は春日大社の神木、比叡山の場合は日吉神社の神輿)、しばしば堂々と洛中に神輿を担ぎ出すことで公然と「神威」をかざし、その上で数々の無理な要求を行った。要求が受け入れられない場合は、神輿を御所や六波羅探題前に放置し、その政治機能を停滞させるという強引な手段である。大山崎油座 フレッシュアイペディアより)

  • 櫛引八幡宮

    櫛引八幡宮から見た春日大社春日大社

    鎌倉時代の大鎧。長慶天皇からの拝領と伝えられる。茜染めの組糸で小札(こざね)を威し(赤糸威)、八重菊枝模様を打出した鍍金金具を兜の鉢・鍬形台・吹返、大袖の裾板、草摺の裾板、鳩尾板(きゅうびのいた)、栴檀板(せんだんのいた)など随所に散らす。兜は鋲の頭を星に見立てた星兜で眉庇に八重菊枝文の鍬形台と大鍬形が付く。大袖には籬(まがき)に八重菊枝文の金具の上に「一」の字の飾金物を置くため「菊一文字の鎧」と呼ばれる。鎌倉時代の金工芸術の最高水準を示し、装飾性の豊かな点で奈良県春日大社所蔵の「赤糸威鎧」(竹に虎金物)と双璧をなすものと唱われる。天明8年(1788年)の江戸幕府巡見使に随行した地理学者・紀行作者の古川古松軒は「新羅三郎義光公の甲冑」と紹介している(『東遊雑記』)。大正4年(1915年)3月26日に古社寺保存法に基づき当時の国宝(旧国宝、現行法の重要文化財に相当)に指定。昭和28年に文化財保護法に基づく国宝に指定された。櫛引八幡宮 フレッシュアイペディアより)

  • 神饌

    神饌から見た春日大社春日大社

    春日大社 春日祭 「御棚神饌」「八種神饌(やくさのしんせん)」 - 奈良県奈良市神饌 フレッシュアイペディアより)

  • 悪態祭り (笠間市)

    悪態祭り (笠間市)から見た春日大社春日大社

    春日様 愛宕山頂に登る車道の二の鳥居を少し登った斜面にある。奈良県の春日大社を勧請している。悪態祭り (笠間市) フレッシュアイペディアより)

  • 遠国奉行

    遠国奉行から見た春日大社春日大社

    興福寺・東大寺など南都の大寺院の監視とその門前町(北町・南町)の支配のため設置。南都町奉行とも呼ばれる。老中支配だが、直接には京都所司代の指揮下にあり、その主要任務は春日大社の警衛と神事であった。遠国奉行 フレッシュアイペディアより)

  • 金春流

    金春流から見た春日大社春日大社

    伝説の上では聖徳太子に近侍した秦河勝を初世としているが、実質的には室町時代前期に奈良春日大社・興福寺に奉仕した猿楽大和四座の一、円満井座に端を発すると考えられている。特に同座の中心的な太夫として活躍した毘沙王権守、およびその子金春権守が流儀の基礎を築き、権守の孫金春禅竹(五十七世宗家)にいたって飛躍的な深化を遂げた。下掛りに分類される。金春流 フレッシュアイペディアより)

362件中 181 - 190件表示

「春日大社」のニューストピックワード