248件中 11 - 20件表示
  • 奈良ホテル

    奈良ホテルから見た春日大社春日大社

    春日大社一の鳥居前から天理方面へ向かう国道169号(天理街道)沿いにある、荒池と呼ばれる農業用灌漑池の畔、かつては興福寺の塔頭である大乗院が所在した跡地の小高い丘に建っており、興福寺、春日大社、奈良公園などの観光地にも近い。奈良ホテル フレッシュアイペディアより)

  • 院政期文化

    院政期文化から見た春日大社春日大社

    藤原氏の氏神である春日社は、神仏習合の進展により、氏寺である興福寺と一体のものとなっていった。11世紀末から興福寺衆徒らによる強訴がしばしば行われるようになったが、寛治7年(1093年)以降、春日社の神霊を移した神木(榊)を奉じて上洛する「神木動座」もたびたび行われた。一方、延暦寺の僧兵たちが日吉社の神輿を奉じて強訴する「神輿動座」は嘉保2年(1095年)にはじまった。院政期文化 フレッシュアイペディアより)

  • 奈良交通

    奈良交通から見た春日大社春日大社

    折りしも大阪電気軌道(大軌)、奈良電気鉄道、信貴生駒電鉄、吉野鉄道や大和鉄道が次々と開業した時期であり、この後1917年10月に明司自動車が開業した畝傍駅と橿原神宮を結ぶ路線、1919年に南和自動車により開設された五条駅と下山口を結ぶ路線など、多くの路線が同様に鉄道の主要駅から山間部へ向かう路線として開設された。奈良市内におけるバスの運行開始は郡部よりも遅く、1927年に奈良市長により設立され、1928年1月1日より奈良駅と春日大社を結ぶ路線を定員10名のシボレー5台により運行開始した奈良市街自動車がはじまりとなる。奈良交通 フレッシュアイペディアより)

  • 本山茂任

    本山茂任から見た春日大社春日大社

    維新の志士。松山県参事。春日大社、下賀茂神社の神職。本山茂任 フレッシュアイペディアより)

  • ニホンジカ

    ニホンジカから見た春日大社春日大社

    奈良時代からは仏教の影響で狩猟が抑制されたが、その後も鹿肉を食べる人は多かった。天武天皇は675年に肉食禁止令を出したが、それは牛馬犬鶏猿の肉食を禁止したもので、シカやイノシシの肉食を禁じたものではなかった。春日大社、 鹿島神宮、北口本宮冨士浅間神社のような古い神社で現代でも神鹿が飼われているのは日本人と鹿狩りの古い関わりの名残りである。ニホンジカ フレッシュアイペディアより)

  • 春日神社 (鹿児島市)

    春日神社 (鹿児島市)から見た春日大社春日大社

    春日神社(かすがじんじゃ)は鹿児島県鹿児島市春日町にあるJR九州鹿児島駅の北東約450mの市街地に鎮座する神社である。 春日大社系の神社。鹿児島五社の第四位の神社。春日神社 (鹿児島市) フレッシュアイペディアより)

  • 近鉄奈良線

    近鉄奈良線から見た春日大社春日大社

    大和西大寺駅を出るとすぐに平城宮跡に入り、右手には朱雀門、左手奥には復原された大極殿があり、正面には若草山と東大寺を眺めることができる。国道24号奈良バイパスをくぐると、奈良市役所をはじめとするオフィス街などが立ち並ぶ新大宮駅で、新大宮駅を出るとすぐに、国道369号の地下区間に入り、4面4線の近鉄奈良駅に到着する。近鉄奈良駅はJR奈良駅に並ぶ奈良市の一大ターミナル駅であり、ここから奈良交通バスが多数発着している。奈良県庁にも近く、また駅から東には東大寺大仏殿や春日大社がある奈良公園がある。近鉄奈良線 フレッシュアイペディアより)

  • 神社建築

    神社建築から見た春日大社春日大社

    神社によっては拝殿を持たないところ(春日大社・伊勢神宮など)や、2つ持つところ(伏見稲荷大社・明治神宮など)もある。2つある場合は、手前を外拝殿(げはいでん)と呼び、奥のものを内拝殿(ないはいでん)と呼ぶ。鈴(鈴の緒)や鰐口がある場合もある。神社建築 フレッシュアイペディアより)

  • 流鏑馬

    流鏑馬から見た春日大社春日大社

    関白藤原忠通によって春日大社若宮の社殿が改築され、保延2年(1136年)3月4日春日に詣で、若宮に社参(中右記・祐賢記文永10・2・26条)し、9月17日始めて春日若宮おん祭を行ない、大和武士流鏑馬 フレッシュアイペディアより)

  • 吉田神社

    吉田神社から見た春日大社春日大社

    祭神は以下の4柱(春日神と総称)で、勧請元の春日大社と同じ。()内の漢字は春日大社での表記。吉田神社 フレッシュアイペディアより)

248件中 11 - 20件表示

「春日大社」のニューストピックワード