362件中 11 - 20件表示
  • 春日神社 (鹿児島市)

    春日神社 (鹿児島市)から見た春日大社春日大社

    春日神社(かすがじんじゃ)は鹿児島県鹿児島市春日町にあるJR鹿児島駅の北東約450mの市街地に鎮座する神社である。 春日大社系の神社。鹿児島五社の第四位の神社。春日神社 (鹿児島市) フレッシュアイペディアより)

  • 摂津今西氏

    摂津今西氏から見た春日大社春日大社

    摂津今西氏(せっついまにしし)は、春日大社の荘園目代である。摂津今西氏 フレッシュアイペディアより)

  • 四所明神

    四所明神から見た春日大社春日大社

    藤原四所明神 -- 藤原氏の氏神として春日大社に祀られる四柱の神のこと。春日大社を参照。四所明神 フレッシュアイペディアより)

  • 唐菓子

    唐菓子から見た春日大社春日大社

    小麦粉をこねて成形し、油で揚げたもの。奈良時代から名称が見られる。『和名類聚抄』には藤の蔓(つる)のようであると記載されている。奈良の春日大社・京都の上賀茂神社、下賀茂神社の神饌(しんせん)として存在し、現在は糯米粉(もちごめこ)に蜜を加えて捏(こ)ね、腕輪形にして油で揚げて作られる。唐菓子 フレッシュアイペディアより)

  • 本山茂任

    本山茂任から見た春日大社春日大社

    維新の志士。松山県参事。春日大社、下賀茂神社の神職。本山茂任 フレッシュアイペディアより)

  • 崇道天皇社

    崇道天皇社から見た春日大社春日大社

    「大乗院寺社雑事記」の応仁2年(1468年)10月15日の条には、春日大社の末社であり本地は弥勒菩薩であると記されている。崇道天皇社 フレッシュアイペディアより)

  • 院政期文化

    院政期文化から見た春日大社春日大社

    藤原氏の氏神である春日社は、神仏習合の進展により、氏寺である興福寺と一体のものとなっていった。11世紀末から興福寺衆徒らによる強訴がしばしば行われるようになったが、寛治7年(1093年)以降、春日社の神霊を移した神木(榊)を奉じて上洛する「神木動座」もたびたび行われた。一方、延暦寺の僧兵たちが日吉社の神輿を奉じて強訴する「神輿動座」は嘉保2年(1095年)にはじまった。院政期文化 フレッシュアイペディアより)

  • 勅祭

    勅祭から見た春日大社春日大社

    三勅祭は、勅祭のうち、旧儀保存の目的で古式を参照した特殊な内容を持つものを特にという。三勅祭とは賀茂神社の賀茂祭(葵祭)、石清水八幡宮の石清水祭、春日大社の春日祭の3つである。これらは江戸時代以前の慣例による束帯を着た勅使が派遣され、随行の官人である弁官その他の「代」として、やはり古い故実に則った姿をした人々が奉仕する。これらの人々と神社の神職が儀式次第にしたがい執行するものである。ただし石清水祭は神仏習合色の強い石清水放生会を継承しつつ、神道色を強めているなど、さまざまな変更は行われている。また装束も新調が重ねられる過程で次第に故実に合わないものになりつつある。なお、これら三社の祭儀の際に、勅使が神前にて奏上する祭文の書かれる鳥の子紙について、賀茂神社には紅色、石清水八幡宮・春日大社には黄色のものが用いられる。これは、三勅祭に限らず、遷宮など特別の祭儀の際にも用いられる。勅祭 フレッシュアイペディアより)

  • 枚岡神社

    枚岡神社から見た春日大社春日大社

    春日大社への勧請元のため、「元春日」の別称がある。枚岡神社 フレッシュアイペディアより)

  • 神社建築

    神社建築から見た春日大社春日大社

    神社によっては拝殿がないところ(春日大社・伊勢神宮など)や、2つ持つところ(伏見稲荷大社・明治神宮など)もある。2つある場合は、手前を外拝殿(げはいでん)と呼び、奥のものを内拝殿(ないはいでん)と呼ぶ。鈴(鈴の緒)や鰐口がある場合もある。神社建築 フレッシュアイペディアより)

362件中 11 - 20件表示

「春日大社」のニューストピックワード