362件中 21 - 30件表示
  • 辰市神社

    辰市神社から見た春日大社春日大社

    神護景雲2年(768年)、武甕槌命が鹿島神宮より春日大社に遷座した後、供奉した中臣時風・秀行は神託により西南の方へ神木を投じ、その落ちた辰市の地を居所とした。時風らは春日の神木を崇敬し、この地に奉斎したのが神宮社、すなわち辰市神社であるという。辰市神社 フレッシュアイペディアより)

  • 大生神社

    大生神社から見た春日大社春日大社

    神護景雲元年(767年)、大和国春日遷幸(鹿島神勧請による春日大社創建)。大生神社 フレッシュアイペディアより)

  • 春日神

    春日神から見た春日大社春日大社

    春日神(かすがのかみ)は、神道の神である。春日明神または春日権現とも称される。春日大社から勧請を受けた神のことであり、神社の祭神を示すときに主祭神と並んで春日大神などと書かれる。春日神を祀る神社は春日神社などという社名になっており、日本全国に約1000社ある。春日神 フレッシュアイペディアより)

  • 祭祀 (神道)

    祭祀 (神道)から見た春日大社春日大社

    例祭(れいさい)は、その神社の年に一度の大祭である。勅祭(ちょくさい)は、天皇の勅使を迎えて行われる。特に三勅祭と呼ばれる春日大社の春日祭、賀茂神社の葵祭、石清水八幡宮の石清水祭は、古来の格式を伝えている。祭祀 (神道) フレッシュアイペディアより)

  • 河分神社

    河分神社から見た春日大社春日大社

    この神社は春日大社の祭神を分神したものであるがその時期は明らかでない。古記録には河分大明神とあり「河分明神さん」と呼んで崇拝されていた。河分神社は古くから祈雨祈晴に霊験があるとされ、文禄4年(1595年)や延宝7年(1679年)の検地では「村中氏神河分大明神神宮山」と記し除地になっている。これは春日分神を祀る以前から河分の神としてこの宮山を崇拝していたことを物語る。この場所が黒滝川と川谷川の合流する地点であることから水分神の如き水に対する信仰をもっていた山であったようで、いつの頃かに春日分神を勧請し四社神社と呼ばれた時期もあるがその後に河分神社と改称していることからも明らかである。河分神社 フレッシュアイペディアより)

  • 春日移し

    春日移しから見た春日大社春日大社

    春日移し(かすがうつし)とは、春日大社の20年に一度の式年造替において、建て替えられた旧社殿を近隣や関係の深い神社に下賜し、移築していた習わしのこと。春日移し フレッシュアイペディアより)

  • 飛鳥神社

    飛鳥神社から見た春日大社春日大社

    春日大社の末社、水谷神社の旧殿を、文政9年(1826年)に移築したものと伝わるが、この時菅原道真を増祀して、祭神五座となった。飛鳥神社 フレッシュアイペディアより)

  • 水谷川忠起

    水谷川忠起から見た春日大社春日大社

    一乗院門跡(第42代)、春日大社宮司などを歴任した。水谷川忠起 フレッシュアイペディアより)

  • 大黒天

    大黒天から見た春日大社春日大社

    春日大社には平安時代に出雲大社から勧請した、夫が大国主大神で妻が須勢理毘売命(すせりひめのみこと)である夫婦大黒天像を祀った日本唯一の夫婦大國社があり、かつて伊豆山神社(伊豆山権現)の神宮寺であった走湯山般若院にも、像容が異なる鎌倉期に制作された夫婦大黒天像が祀られていた(現在では熱海の古屋旅館に存在する)。大黒天 フレッシュアイペディアより)

  • 流鏑馬

    流鏑馬から見た春日大社春日大社

    関白藤原忠通によって春日大社若宮の社殿が改築され、保延2年(1136年)3月4日春日に詣で、若宮に社参(中右記・祐賢記文永10・2・26条)し、9月17日始めて春日若宮おん祭を行ない、大和武士流鏑馬 フレッシュアイペディアより)

362件中 21 - 30件表示

「春日大社」のニューストピックワード