248件中 21 - 30件表示
  • 鹿島神宮

    鹿島神宮から見た春日大社春日大社

    中臣氏が常陸国・下総国出身であったという関係で、中臣氏出身の藤原氏にも篤く信仰された。武甕槌神は経津主神とともに春日大社に勧請され、藤原氏の氏神(春日神)の1柱として祀られている。鹿島神宮 フレッシュアイペディアより)

  • 藤原氏

    藤原氏から見た春日大社春日大社

    年1回、秋頃に全国の藤原氏の末裔が奈良市の春日大社に集合し、親睦を兼ねた会合などが執り行われている。藤原氏 フレッシュアイペディアより)

  • 春日社

    春日社から見た春日大社春日大社

    春日社 フレッシュアイペディアより)

  • 金春八郎

    金春八郎から見た春日大社春日大社

    1870年(明治3年)、74世金春流宗家・金春広成(最後の金春大夫)の子として生を受ける。金春家は四座一流の一つとして幕府に仕え、奈良の領内では「金春札」と言われる銀札を発行するなどの勢威を誇っていたが、維新の混乱により他の能役者たちと同様に困窮、広成も失意のうちに春日大社の神楽所に勤めて糊口を凌いでいた。金春八郎 フレッシュアイペディアより)

  • 河越泰重

    河越泰重から見た春日大社春日大社

    嘉禎4年(1238年)2月17日、将軍頼経の上洛に随兵として従う。6月の春日社参詣に供奉。10月3日、将軍頼経が鞍馬寺の上棟に奉納する馬・剣・砂金を届ける使いを務める。河越泰重 フレッシュアイペディアより)

  • 預 (官職)

    預 (官職)から見た春日大社春日大社

    その他に荘園では在地において荘務を掌る職として預が置かれたり、神社の社務や寺院の寺務を掌る者として置かれた例もある。春日大社や石清水八幡宮では上位の神官として正預・権預が任じられていた。預 (官職) フレッシュアイペディアより)

  • 采女祭

    采女祭から見た春日大社春日大社

    采女祭(うねめまつり)とは、奈良県奈良市の春日大社の末社で猿沢池の北西に鎮座する采女神社の例祭で、毎年仲秋の名月の日(旧暦8月15日)に行われる。采女祭 フレッシュアイペディアより)

  • 美山荘

    美山荘から見た春日大社春日大社

    奈良の春日大社の社家であった初代が、京都・鞍馬の奥の大悲山にある、花背の「大悲山峰定寺」の再興に共鳴し、1895年(明治28年)に峰定寺参りの信者のために宿坊として建てたのが始まりとされている。美山荘 フレッシュアイペディアより)

  • 永久の強訴

    永久の強訴から見た春日大社春日大社

    その場しのぎの対応で法皇が実覚処分の要求を飲んだことから興福寺が激怒、天台座主・仁豪と法性寺座主・寛慶の流罪、祇園社を春日大社の末社にすること、実覚の配流停止といった3ヵ条を奏上として提出した。大衆の上洛を防ぐため、宇治に平正盛・平忠盛・源重時が、西坂本に源光国・藤原盛重が配備された。宇治において双方が対峙中にたまたま現れた鹿(鹿は春日大社明神の使として信仰されていた)を兵士が射ようとしたことから合戦となり、大衆側に多数の戦死者が出た。宇治に出動した正盛・忠盛・重時は検非違使だったが、検非違使別当・藤原宗忠の指示を介さず法皇の命令で派兵された。検非違使庁・諸衛府の形骸化、院北面の拡大を示す事件だった。永久の強訴 フレッシュアイペディアより)

  • 善五郎

    善五郎から見た春日大社春日大社

    室町時代、初代宗禅は奈良の「西京西村」に住んで春日大社の供御器を作っており、西村姓を名乗っていた。晩年に堺の武野紹鴎の依頼で土風炉を作るようになり、土風炉師・善五郎を名乗るようになる。二代宗善は堺に住み、三代宗全以降は京都に定着した。小堀遠州の用命を受けた際に「宗全」の銅印をもらったことから、以後九代まで作品に宗全印を捺用した。善五郎 フレッシュアイペディアより)

248件中 21 - 30件表示

「春日大社」のニューストピックワード