248件中 41 - 50件表示
  • 貞治の変

    貞治の変から見た春日大社春日大社

    高経放逐の表向きの理由は、興福寺の衆徒が高経の被官である朝倉高景による興福寺領越前河口荘への押妨を高経が取り締まらず放置していたため、朝廷へ嗷訴したためと思われる。折から春日大社(藤原氏の氏神であり、氏寺である興福寺と密接な関係にある)の神木(春日神木)が京都にもたらされていたため、高経が追放されたのは神罰であるとも言われた。しかし、実際には上記のような京極氏・赤松氏らの高経への不満が将軍義詮を決断させたものと考えられる。『太平記』では、必死に弁明する高経に対し、義詮は涙を浮かべながら、今の世は将軍の自分でも思い通りにならないので下国してくれと頼んだという。貞治の変 フレッシュアイペディアより)

  • 茨木長隆

    茨木長隆から見た春日大社春日大社

    茨木氏は応仁の乱後、摂津国人一揆に参加したため、細川政元の攻撃を受けて一時衰退するが、一族の弥三郎が細川氏へ帰順し、以後は春日大社領の給人として、茨木城を中心に摂津東部を支配する小領主として成長した。茨木長隆 フレッシュアイペディアより)

  • カスガマイシン

    カスガマイシンから見た春日大社春日大社

    1960年代に梅沢浜夫らが奈良県の春日大社の土壌サンプル中から発見した放線菌から産出される抗生物質で、採取地からカスガマイシンと名付けられた。イノシトール、アミジンカルボン酸とアミノ糖の一種のカスガミンから成り、リボソームのmRNAと30Sサブユニットの相互作用を阻害することにより、菌のタンパク生成を抑制する。作用機序が解明されたのは2006年と比較的最近であり、今後は医療用抗生物質への応用などが期待される。動植物に対しての安全性は比較的高く、ラットへ経口投与した場合の半数致死量は2,200mg/kgである。カスガマイシン フレッシュアイペディアより)

  • 佐保殿

    佐保殿から見た春日大社春日大社

    具体的な設立時期や場所については不明。『今昔物語集』(巻22)には「山階寺(興福寺)の西に佐保殿と云ふ所は、此の大臣(藤原北家の祖・藤原房前)の御家也」と記され、『拾芥抄』には藤原不比等・冬嗣の邸宅と説明されている(なお、不比等邸は現在の薬師寺とされている)。また大治4年11月13日(1129年)に佐保殿が焼失した際に藤原宗忠が「四百十余歳の藤原氏の霊所」が失われたことを嘆き(『中右記』)、また源師時も「藤氏長者累代の重閣なり」と記している(『長秋記』)。これらの記述から、奈良時代初期以後に、興福寺や春日大社の北西にあった佐保(現在の奈良県奈良市法蓮町付近)の地にて存在していた藤原北家の邸宅と推定されているが、確証となるものが存在していない。佐保殿 フレッシュアイペディアより)

  • 野々宮神社 (堺市)

    野々宮神社 (堺市)から見た春日大社春日大社

    創建は不詳だが約400年前と言われる。和泉国大鳥郡深井荘野々宮香林寺の略縁起によると、天正年間に細川氏の兵火に遭い、春日社領であった奥山(現深井清水町)に転座し、再建されたとされる。明治4年(1871年)までは中村(現深井中町)の香林寺(行基建立49院の1院)と併存していたが、神仏分離で同寺と離れ、翌5年に郷社に列した。1万平方メートルの境内には、稲荷社、春日社、八幡社、厳島社があり、明治42年に畑山の愛宕神社、東山の厳島神社、百済(現北条)の東山神社、八幡神社、楢葉の八阪神社、高揚(現深井北町)の菅原神社、八田(現東八田)の菅原神社を合祀した。野々宮神社 (堺市) フレッシュアイペディアより)

  • 山田神社 (枚方市山之上)

    山田神社 (枚方市山之上)から見た春日大社春日大社

    春日神社(武甕槌神命、経津主命、天児屋根命、比咩大神) - 建保年間、春日大社より勧請山田神社 (枚方市山之上) フレッシュアイペディアより)

  • 山田神社 (枚方市田口)

    山田神社 (枚方市田口)から見た春日大社春日大社

    創建年代は不詳であるが、延宝9年(1681年)4月の社寺改に『田口村氏神 天神社』とあり、江戸時代初期には存在している。天明6年(1786年)の社殿再建にあたり、奈良の春日社の社家・大中臣時春より春日社旧殿を譲り受けた。その社殿は現在は末社・春日社となっており、本殿と並んで建っている。山田神社 (枚方市田口) フレッシュアイペディアより)

  • 春日祭

    春日祭から見た春日大社春日大社

    春日祭(かすがのまつり/かすがさい)とは、奈良県奈良市の春日大社の例祭。かつては2月・11月の上申日(当該月の最初の申の日)に行われたが、明治19年(1886年)以後は新暦の3月13日に統一されている。勅祭。春日祭 フレッシュアイペディアより)

  • 有職料理

    有職料理から見た春日大社春日大社

    長屋王邸出土木簡などから、奈良時代には既に貴族社会で接待料理が成立していたことが伺えるが、その具体的な形式は不詳である。それが発達した物が「延喜式」神祇項目に出てくる「神饌」と思われ、春日大社の神饌や、談山神社の「百味御食」(ひゃくみのおんじき)などにその形式を残していると考えられている。有職料理 フレッシュアイペディアより)

  • 朱色3号

    朱色3号から見た春日大社春日大社

    1973年には関西線(大和路線)湊町?奈良間の電化と同時に登場した快速用の113系にも、本色が帯色として採用された。これは、奈良市の春日大社の柱の色にちなんだものといわれ、同様の理由で1984年には奈良線・桜井線・和歌山線用の105系の帯色としても採用されている。朱色3号 フレッシュアイペディアより)

248件中 41 - 50件表示

「春日大社」のニューストピックワード