362件中 51 - 60件表示
  • 厚化粧

    厚化粧から見た春日大社春日大社

    普段は厚化粧しない場合が多いが、祭りなどで巫女神楽を奉納する場合は上記の稚児と同じ理由で厚化粧する場合がある。春日大社(奈良市)においては、顔の輪郭をはっきり白で描くのが特徴。厚化粧 フレッシュアイペディアより)

  • 巨勢寺塔跡

    巨勢寺塔跡から見た春日大社春日大社

    現在も残る子院の一つ、阿吽寺縁起によれば、巨勢寺は聖徳太子の創建とも伝えられるが、詳しい創建時期と理由は不明。出土した瓦は、飛鳥時代後期のものとみられ、今の御所市古瀬付近を本拠地とした古代の豪族巨勢氏の氏寺として大伽藍の寺院が創建されたと考えられている。日本書紀にも寺名が見られる(日本書紀巻第二十九、朱鳥元年(686年)8月巨勢寺封二百戸)。平安時代には興福寺の末寺となったが、鎌倉時代に所有財産を春日大社に寄進しており、その頃から荒廃し廃寺となったようである(「廃巨勢寺別当領水田寄進状 徳治3年(1308年)7月」が残る1)。巨勢寺塔跡 フレッシュアイペディアより)

  • 滋野井実冬

    滋野井実冬から見た春日社春日大社

    同年10月に権大納言を辞職。11月に本座を聴され、翌正応2年(1289年)11月に出家した。出家直前の9月13日、西園寺公子が春日社に行啓した際にはこれに供奉している。乾元2年(1303年)5月27日薨去。享年61。実冬を『本朝書籍目録』の編者とする説がある。滋野井実冬 フレッシュアイペディアより)

  • 大和猿楽

    大和猿楽から見た春日大社春日大社

    古くから興福寺や春日大社などの神事に奉仕することを職務とし、外山(とび)座、坂戸座、円満井(えんまんい)座、結崎(ゆうざき)座の4座が特に知られて、大和四座と称された。室町時代に入って結崎座の観阿弥・世阿弥父子が将軍家に重んじられて猿楽を現在の能楽とほぼ同等の芸能に発展させている。以後、豊臣氏・徳川氏にも重んじられ、外山座は宝生座、坂戸座は金剛座、円満井座は金春座、結崎座は観世座となり、元和年間に金剛座から分かれた喜多流を加えた四座一流の系譜(原則として世襲)を継ぐ能楽師によって、現在の能楽協会が構成されている。大和猿楽 フレッシュアイペディアより)

  • 経津主神

    経津主神から見た春日大社春日大社

    経津主神は武甕槌神と関係が深いとされ、両神は対で扱われることが多い。有名な例としては、経津主神を祀る香取神宮と、武甕槌神を祀る鹿島神宮とが、利根川を挟んで相対するように位置することがあげられる。また、春日大社では経津主神が建御雷神らとともに祀られている。これは香取神宮・鹿島神宮のある常総地方が中臣氏(藤原氏)の本拠地だったため、両社の祭神を勧請したものである。また、鹽竈神社でも経津主神・建御雷神がシオツチノオジとともに祀られている。経津主神 フレッシュアイペディアより)

  • 春日詣

    春日詣から見た春日大社春日大社

    春日詣(かすがもうで)とは、平安時代に行われた春日大社への参詣のこと。特に藤氏長者や摂関の参詣を指す。春日詣 フレッシュアイペディアより)

  • 末広がり (狂言)

    末広がり (狂言)から見た春日大社春日大社

    田舎者の太郎冠者が都で人に騙され、主人から言い付かったものとは違うものを買わされる。しかしすっぱはただ騙すだけではなく、「傘を差すなる春日山、これもかみのちかいとて、人が傘を差すなら、われも傘を差そうよ…」(大蔵流)という唄も教え、これにより主人の機嫌も直る、という内容である。「春日山」は三笠山とも呼ばれる春日大明神(春日大社)の後ろにある山で、『狂言記』の本文では「傘を差すならば春日山…」とあり、「春日」は「貸す」の掛詞を含む。つまり春日大明神が日差しや雨を避けるための傘を貸そう、人々のことを守ろうということである。『末広がり』という曲名とこの唄で終わることから狂言ではめでたい曲目とされ、『翁』に続く脇能の次に演じるのが例とされている。似た内容の曲目に『目近大名』(めちかだいみょう)があり、これは太郎冠者と次郎冠者のふたりで都へ行く話である。末広がり (狂言) フレッシュアイペディアより)

  • 安倍吉平

    安倍吉平から見た春日大社春日大社

    安倍吉平は正暦2年に陰陽博士であったことが知られ、同4年頃に陰陽助などを務めた後、長和5年に従四位下に叙され、弟・安倍吉昌死去後の寛仁3年6月9日に天文密奏の宣旨を受けた。治安元年(1021年)の春日大社行幸の準備の功労によって従四位上に叙される。安倍吉平 フレッシュアイペディアより)

  • 巫女舞

    巫女舞から見た春日大社春日大社

    『古事記』・『日本書紀』において天岩屋戸の前で舞ったとされる天鈿女命の故事にその原型が見られ、その子孫とされた「猨女君」の女性達は代々神祇官の女官として神楽を奉納したとされている。平安時代の宮廷で舞われたとされる「猨女」・「御巫」(『貞観儀式』)はいずれも巫女舞であったと推定されている。『拾遺集』によれば、920年(延喜20年)に奈良の春日大社で「八乙女」と呼ばれる巫女達による神楽が舞われたと記録されている。平安時代末期の藤原明衡の著である『新猿楽記』には、巫女に必要な4要素として「占い・神遊・寄絃・口寄」が挙げられており、彼が実際に目撃したという巫女の神遊(神楽)はまさしく神と舞い遊ぶ仙人のようだったと、記している。また、少し後の時代に属する『梁塵秘抄』にある「鈴はさや振る藤太巫女」にも鈴を持ちながら舞い踊る巫女が登場する。巫女舞 フレッシュアイペディアより)

  • 八乙女

    八乙女から見た春日大社春日大社

    八乙女による巫女神楽や巫女舞を「八乙女神楽」・「八乙女舞」と呼ぶ。古くは春日大社や厳島神社の八乙女がよく知られていたが、今日では美保神社や金刀比羅宮、豊国神社の八乙女舞も有名になっている。また、明治時代に政府の方針で巫女舞そのものが危機に瀕した際には、春日大社の八乙女舞を元にして巫女舞そのものがより芸術性の高い舞へと変革されていったともいわれている。八乙女 フレッシュアイペディアより)

362件中 51 - 60件表示

「春日大社」のニューストピックワード