248件中 51 - 60件表示
  • 三方楽所

    三方楽所から見た春日大社春日大社

    また、天王寺方の伝統を受け継ぐ聖霊会の舞楽は重要無形民俗文化財であり、南都方は春日大社を中心として、雅楽のみならず、田楽、細男などの古楽もあわせて伝承し、「春日古楽保存会」雅楽部門を経て「南都楽所」を結成、「南都楽所」による春日若宮おん祭の神事芸能も重要無形民俗文化財に指定されている。三方楽所 フレッシュアイペディアより)

  • 会下山

    会下山から見た春日社春日大社

    また、北風家の先祖がかつて仕えていた神功皇后の手形を祀る比売神(敏馬神社より勧請?)の社と内実は北風家祖を祀った社であったが、公的には北風家の女系の祖先神である天児屋根命を祭神とした春日社の二社を祀っていたとされる。会下山 フレッシュアイペディアより)

  • 小槻広房

    小槻広房から見た春日大社春日大社

    父・永業の没後の仁安元年(1166年)に右大史となり、叔父である左大史(官務)・小槻隆職と相並ぶ。嘉応元年(1169年)には算博士の官職にあり、父生前の春日大社行幸の行事賞を代わりに受けて従五位上に叙せられた。治承2年(1178年)には正五位下に昇進、主税権助・日向守を歴任する。小槻広房 フレッシュアイペディアより)

  • 鹿島踊り

    鹿島踊りから見た春日大社春日大社

    鹿島踊りは、その起源について諸説あるものの、茨城県鹿嶋市の鹿島神宮、あるいはその鹿島地域がその起源に関わっているであろうことは概ね共通認識となっている。「鹿島の事触れ」が起源であるという説や、伝播している地域の大部分が沿岸部であることから、石材・木材運搬の担い手たちによって広められたという説などがある。春日大社に踊りを奉納したのが起源とされているところもある。伝播・開始時期も、古代から江戸に到るまで、地域・説によって差異がある。ただし、いずれも概ね「疫病退散」(及び「五穀豊穣」)が主たるご利益・祈願である点は共通している。鹿島踊り フレッシュアイペディアより)

  • 毛抜形太刀

    毛抜形太刀から見た春日大社春日大社

    現存する毛抜形太刀の中でも最高作とされ、奈良春日大社蔵。ただし、深く錆つき、刀身は抜けないとされる。毛抜形太刀 フレッシュアイペディアより)

  • 八乙女

    八乙女から見た春日大社春日大社

    八乙女による巫女神楽や巫女舞を「八乙女神楽」・「八乙女舞」と呼ぶ。古くは春日大社や厳島神社の八乙女がよく知られていたが、今日では美保神社や金刀比羅宮、豊国神社の八乙女舞も有名になっている。また、明治時代に政府の方針で巫女舞そのものが危機に瀕した際には、春日大社の八乙女舞を元にして巫女舞そのものがより芸術性の高い舞へと変革されていったともいわれている。八乙女 フレッシュアイペディアより)

  • うまし うるわし 奈良

    うまし うるわし 奈良から見た春日大社春日大社

    春日大社(この企画で初の神社になる)うまし うるわし 奈良 フレッシュアイペディアより)

  • 春日神社 (大阪市東淀川区)

    春日神社 (大阪市東淀川区)から見た春日大社春日大社

    天正6年(1578年)奈良の春日神社の分霊を勧請して春日神社を本社として榊神社を摂社とした。春日神社 (大阪市東淀川区) フレッシュアイペディアより)

  • 氏社

    氏社から見た春日大社春日大社

    律令制が確立される8世紀に入ると、氏族制度そのものにも変化が及んでくる。畿内の豪族は都において官位を授かり、在地と切り離されていくようになる。また、蔭位制度などを通じた父系による出自集団化が進み、父系を通じて同じ祖先を有する者たちの守護神としての氏神及びそれを祀る氏社が成立するようになる。代表的なものとしては、藤原氏が自己の守護神である鹿島神・香取神を招き、なおかつ始祖にあたる天児屋命・比売神を合わせて祀った春日大社、橘氏が自己の始祖である橘三千代が崇拝していた神を一族の守護神として祀った梅宮大社、桓武天皇の外戚及び末裔の諸氏によって祀られた平野大社などが挙げられる。これらの諸氏はいずれも律令制のもとで成立あるいは発展した氏族であり、父系出自集団の形成が積極的に展開された氏族であった。氏社 フレッシュアイペディアより)

  • 春日版

    春日版から見た春日大社春日大社

    春日版(かすがばん)とは、平安時代後期から鎌倉時代にかけて興福寺を中心とした奈良の寺院で印刷・出版された経典などの仏教書類のこと。広義においては、江戸時代までのものを含む場合もある。「春日」とは、藤原氏の氏社である春日大社のことで、同じく藤原氏の氏寺であった興福寺において完成した書物を春日大社に奉納したこと、あるいは刊記や巻末の識語に春日大社に祀られている春日明神への詞が記されていることに由来する(ただし、「春日版」という言葉は近代歴史学における呼称である)。なお、興福寺には2700枚以上の版木が残されており、重要文化財の指定を受けている。春日版 フレッシュアイペディアより)

248件中 51 - 60件表示

「春日大社」のニューストピックワード