362件中 61 - 70件表示
  • 溝口信勝

    溝口信勝から見た春日大社春日大社

    寛文10年(1670年)2月28日に奈良奉行に転じ、大和国平群郡のうちにおいて500石の地を加増される。10月28日には従五位下豊前守に叙任し、同月越後国の知行地を大和国平群郡内に移される。寛文11年(1671年)6月28日、春日社の遷宮にあたり、神鹿の横行に町人が困却している旨を興福寺に申し入れ、角の伸びている内は鹿を網の中に囲い入れることとし、翌年からは毎年角切りが行われるようになった。また延宝6年(1678年)には鹿殺しの犯人を処刑しようとした興福寺に対してその引き渡しを拒否し、以後奉行所で裁くことが例となった。これらの事蹟は中世以来の興福寺の奈良支配を克服する画期となったと評価されている。溝口信勝 フレッシュアイペディアより)

  • 平田荘

    平田荘から見た春日大社春日大社

    平安時代は雑役免荘で、摂関家領。鎌倉時代以降は近衛家領。春日大社が領家で、興福寺 一乗院が知行。室町時代には、2,200余町(大乗院寺社雑事記)あったという。大和武士である平田党(当麻氏、布施氏、岡氏、万歳氏 等:当麻氏・布施氏は争いながら共に高田氏とも称した。)の母体となった。平田党は、春日若宮祭(おん祭)で流鏑馬等重要な儀式を受け持った。平田荘 フレッシュアイペディアより)

  • 楢荘

    楢荘から見た春日大社春日大社

    興福寺寺務領。春日社の神供料所でもあった。楢荘 フレッシュアイペディアより)

  • 出雲荘

    出雲荘から見た春日大社春日大社

    荘田は、2町から1町半のほぼ均等に分けられた16名(みょう)からなる名田部分と佃や給田などからなる除田部分と荘民などへの請作に出されていた間田部分に分かれ(均等名荘園)、荘民は反別6斗の年貢とその他の公事を納めていた。現地の荘官として預所・下司・公文・職事が置かれていたが、室町期以後は興福寺でも大乗院の影響が強まり、その意向を受けた春日社神人(興福寺の衆徒に対して、春日社の「国民」と称される)がこれらの地位に就いた。出雲荘 フレッシュアイペディアより)

  • 今日の風土記

    今日の風土記から見た春日大社春日大社

    春日大社?藤原鎌足のご威光で栄えた石に宿る神さま今日の風土記 フレッシュアイペディアより)

  • カスガマイシン

    カスガマイシンから見た春日大社春日大社

    1960年代に梅沢浜夫らが奈良県の春日大社の土壌サンプル中から発見した放線菌(Streptomyces kasugaensis)から産出される抗生物質で、採取地からカスガマイシンと名付けられた。イノシトール、アミジンカルボン酸とアミノ糖の一種のカスガミンから成り、リボソームのmRNAと30Sサブユニットの相互作用を阻害することにより、菌のタンパク生成を抑制する。作用機序が解明されたのは2006年と比較的最近であり、今後は医療用抗生物質への応用などが期待される。動植物に対しての安全性は比較的高く、ラットへ経口投与した場合の半数致死量は2,200mg/kgである。カスガマイシン フレッシュアイペディアより)

  • 能郷の能・狂言

    能郷の能・狂言から見た春日大社春日大社

    口伝えで伝えられていることもあり、何時頃から始まったかは定かではない。能郷白山神社の火災もあり、現在残っている古文書の最古のは慶長3年の「間狂言間語」である。現存する能面は室町時代以前である。一説では奈良時代、この地に左遷されていた人物が許され、都に戻った際に春日大社の舞楽の面を手に入れて伝えたという。このとき地名を能郷としたという。能郷の能・狂言 フレッシュアイペディアより)

  • 妙正寺 (杉並区)

    妙正寺 (杉並区)から見た春日大社春日大社

    当寺院は、文和元年(1352年)に下総国(現在の千葉県)の中山法華経寺第3世・日祐上人によって妙正寺池のほとりに堂を建て、法華経守護である天照大神・八幡大神・春日大社など三十番神を勧進し奉ったのが始まりであるといわれている。正保3年(1646年)に社殿を再建し、その三年後の慶安2年1649年に徳川三代将軍・徳川家光が鷹狩りの際に立ち寄ったのをきっかけに葵の紋幕と朱印地・五石を賜り御朱印寺として有名になった。本堂は天保元年(1830年)に焼失したがその後の天保3年(1832年)に再建し、昭和6年(1931年)に改築され現在に至っている。本堂には本尊のほか安産に霊験ある鬼子母神像(かつて江戸城大奥にあったもの)やかつて妙正寺池の弁天島(池に浮かぶ小島)にあった弁財天が祀られている。妙正寺 (杉並区) フレッシュアイペディアより)

  • 春日山 (奈良県)

    春日山 (奈良県)から見た春日大社春日大社

    春日山(かすがやま)は、奈良県奈良市、春日大社の東側にある標高497メートルの花山(はなやま)もしくは西隣の標高283メートルの御蓋山(三笠山・みかさやま)の通称。御蓋山を「(春日)前山」・花山を「(春日)奥山」と区別する場合もある。また、両山および香山(高山)・芳山などの連峰の総称としても用いられる。春日山 (奈良県) フレッシュアイペディアより)

  • 善慶

    善慶から見た春日大社春日大社

    次いで現存するのはアジアソサエティ蔵の地蔵菩薩立像(もと東京・個人蔵)で、この像も像内に長文の墨書がある。そこには像の制作年代を示す記載はないが、結縁者として名を列ねる僧の僧位から、元仁2年-嘉禄2年(1225年-1226年)の造像とわかる。東京国立博物館に明治時代から収蔵される文殊菩薩立像は、作者・制作年代を明らかにする資料を欠くが、作風や像高が前述の十一面観音像および地蔵菩薩像に近いことから、善円の作と推定されている。以上の3像は、春日社(春日大社)の四所明神と若宮の本地仏5体一具として作られたうちの3体が残ったものとする説もある。善慶 フレッシュアイペディアより)

362件中 61 - 70件表示

「春日大社」のニューストピックワード