248件中 61 - 70件表示
  • 伎楽面

    伎楽面から見た春日大社春日大社

    歴史的な伎楽面は、奈良の法隆寺(現在は東京国立博物館法隆寺宝物館に収蔵)、東大寺、正倉院、春日大社などに飛鳥時代および奈良時代の遺品が残っている。このうち正倉院に残る天平勝宝の年号をもつものは、大仏開眼法要の時に使われたものである。伎楽の役柄に応じて、治道、獅子、獅子児、呉王(または呉公)、金剛、迦楼羅(かるら)、呉女、崑崙(くろん/こんろん)、力士、波羅門(ばらもん)、大孤父(たいこふ)、大孤児、酔胡王(すいこおう)、酔胡従の14種類が確認されている。伎楽面 フレッシュアイペディアより)

  • 出雲荘

    出雲荘から見た春日大社春日大社

    荘田は、2町から1町半のほぼ均等に分けられた16名(みょう)からなる名田部分と佃や給田などからなる除田部分と荘民などへの請作に出されていた間田部分に分かれ(均等名荘園)、荘民は反別6斗の年貢とその他の公事を納めていた。現地の荘官として預所・下司・公文・職事が置かれていたが、室町期以後は興福寺でも大乗院の影響が強まり、その意向を受けた春日社神人(興福寺の衆徒に対して、春日社の「国民」と称される)がこれらの地位に就いた。出雲荘 フレッシュアイペディアより)

  • 放氏

    放氏から見た春日大社春日大社

    放氏そのものは古代より各氏族で行われているが、特に藤原氏の放氏が歴史上有名である。それは、形式上は氏長者である藤氏長者による制裁処分の体裁を取りながら、実際には氏寺興福寺の大衆及び氏社春日大社の神人による強訴(春日神木の入洛)によって興福寺や春日大社の意向に従わない公卿や官人を大衆・神人の詮議の上、結果を春日神社に報告をして興福寺別当より春日明神の意向として藤氏長者に勘当処分を命令し、力づくで放氏処分にしたことによる。放氏 フレッシュアイペディアより)

  • 石子詰め

    石子詰めから見た春日大社春日大社

    刑罰としては、越後国上杉家で行なわれた。「俚諺集覧」に、「小石にて人を生きながら埋める刑なり、中古辺土にて往々ありしことなり」とある。江戸時代、寛永5年、奈良の春日社の狛犬を盗んだ山伏を飯合川で石子詰めにした記録がある。春日野のシカ殺しの犯人は興福寺で石子詰めにされたという1。石子詰め フレッシュアイペディアより)

  • 今西氏

    今西氏から見た春日大社春日大社

    他に春日大社南郷目代である今西氏がある。今西氏 フレッシュアイペディアより)

  • 遊佐長教

    遊佐長教から見た春日大社春日大社

    1505年(永正2年)2月4日、前年の畠山尚順と畠山義英の和睦があって、遊佐順盛の働きかけにより大和国人衆が春日大社で盟約を交わし、反細川政元の血盟をする。遊佐長教 フレッシュアイペディアより)

  • 榎並荘

    榎並荘から見た春日社春日大社

    成立経緯は不明だが、1030年代に法隆寺が同荘を売却したことが知られており、それ以前は法隆寺領であったことが判明している。承暦4年(1080年)に藤原敦憲と藤原信長が同荘を争い、敦憲が信長の亡き伯父である藤原頼通の政所下文を提出して領有が認められ、敦憲は頼通の子孫である摂関家に同荘を寄進して自らは預所となった。後に頼通・信長と同族である藤原基俊の預所となったが、その娘や孫によって上荘と下荘に分割され、更に上荘は西方と東方に分割されたために、3分されることとなった。難波津に近いことから領有者がしばしば変わったが、鎌倉時代中期には摂関家の嫡流である近衛家が同荘を掌握、建長5年(1253年)に作成された「近衛家所領目録」によれば、上荘西方を近衛道経の妻が領していた他は、本所である近衛家が進退できるとされていた。ところが、鎌倉時代末期には春日社や北野社が進出し、室町時代には北野社が上荘半分とこちらも東方と西方に分割されていた下荘の全域を領有していた。また、この時期には丹波猿楽の系統を引く猿楽集団が同荘地域に形成され、荘名より榎並座(えなみざ)と称されて、応永から嘉吉年間にかけて全盛期を迎えた。榎並荘 フレッシュアイペディアより)

  • 頼助 (仏師)

    頼助 (仏師)から見た春日大社春日大社

    1116年(永久4年)、興福寺と関係が深い春日大社西塔の仏像を造立する。頼助 (仏師) フレッシュアイペディアより)

  • 大和永享の乱

    大和永享の乱から見た春日大社春日大社

    大和国国人は、興福寺の二大門跡である大乗院・一乗院の衆徒、あるいは春日大社の神人(国民)として組織されていたが、南北朝時代には、南朝方であった国民の越智氏と北朝方であった一乗院衆徒の筒井氏を中心とし激しく争っていた。北朝方の勝利の下室町幕府が安定して以後も、幕府の支持を得た筒井氏に対し、越智氏も大和国南部を中心として勢力を維持し紛争は継続していた。応永21年(1414年)には興福寺の訴えにより幕府が仲裁に乗り出し、国人衆が幕府に直属し私闘をしない旨の誓約をしたが、争乱の火はくすぶり続けていた。大和永享の乱 フレッシュアイペディアより)

  • 三条通り

    三条通りから見た春日大社春日大社

    春日大社一の鳥居から西方向へ尼ヶ辻まで伸びる奈良市の通り。暗越奈良街道の奈良県側終点付近に含まれる。現在ではJR奈良駅より東側を指すことが一般的で、各種店舗や飲食店・ホテル・金融機関・コンビニなどが軒を並べ通行人で賑わう。歴史ある地元向け老舗店と観光客向けの土産店などが混在するが、近年は全国チェーンのレストラン、カフェ等も増えている。奈良市街地の中心であるが、道路幅は狭い(8m)ため、16mに拡張することが、戦前より都市計画決定されている。平成9年には、都市計画実施のための地区計画が条例化され、平成14年以降は、計画区域内道路予定敷地での建築が規制され、セットバックが進んでいる。それによる建て替えで、店舗の閉鎖が相次いでいる(そのため、下記の「沿道施設」に書いてある店舗も、移転や閉鎖により、必ずしも最新の状況になっているとは言えない)。なお、拡幅後も、車道は現行同様の東行き一方通行(猿沢池?一の鳥居をのぞく)1車線(一部停車帯が附属)のままで、歩道部分が広がる事になっている。日曜祝日は歩行者天国となる(土曜日は車が入ってくる)。バサラ祭りや三枝祭(ゆり祭り)・采女祭・春日若宮おん祭などの行事でパレードのメインルートとして利用される。名称は平城京の条坊制における三条大路に由来する。(他には一条通りが現存する)近鉄奈良駅周辺では、やすらぎの道・小西さくら通り・東向通り・餅飯殿通りなどと交差する。やすらぎの道や餅飯殿通りを南に下ると、ならまちが広がる。やすらぎの道を北へ向かうと奈良きたまちや鴻池運動公園・奈良テレビ放送・奈良ドリームランド(閉鎖済)などへ至る。三条通り フレッシュアイペディアより)

248件中 61 - 70件表示

「春日大社」のニューストピックワード