362件中 71 - 80件表示
  • 春日神社 (大分市)

    春日神社 (大分市)から見た春日大社春日大社

    社伝によれば、貞観2年(860年)、豊後国国司となった藤原世数により氏神である大和国の春日大社を勧請して創建された。天平年間(729年 - 749年)、石川年足が大和三笠山より勧請したとも伝えられる。鎌倉時代の建久7年(1196年)、豊後国の地頭となった大友能直が再興し、以来、代々の領主により豊後府内の総廟として崇敬された。春日神社 (大分市) フレッシュアイペディアより)

  • 鏡板 (能舞台)

    鏡板 (能舞台)から見た春日大社春日大社

    鏡板(かがみいた)は、能舞台の正面の羽目板である。春日大社の「影向の松」を写したとされる老松が描かれることが多い。江戸時代には御絵所狩野家の承るところとなり、江戸城本丸表舞台の鏡板絵を構図の範として描くようになった。。鏡板 (能舞台) フレッシュアイペディアより)

  • 影向のマツ

    影向のマツから見た春日大社春日大社

    真言宗豊山派に属する善養寺は室町時代(1500年頃)の創建と伝えられるが、このマツが植えられたのはそれ以前とされる。「影向」という言葉は、神仏がこの世に仮の姿をとって現れることを意味するが、誰がこのマツに名づけたのかは不明である。(本来の意味での「影向の松」は、奈良春日大社の参道脇に立つ樹木で、能舞台の鏡板に描かれている松である。但し春日の老松は枯死し後継樹が植えられている。)樹高は約8メートルほどだが、地上約2メートルのところで枝を四方に生育させ、82本の支柱がその重みを支えている。幹の太さは約4.5メートル、生育した枝の長さは東西方向約28メートル、南北方向約31メートルにも及び、繁茂面積は800平方メートル以上に達している。延享2年(1745年)に書かれた『星住山星精舎利記』には、善養寺の境内に「七尋五丈の老松」があると紹介されている。1940年までは、善養寺の仁王門左手に「星降りマツ」(ほしくだりマツ)というもう1本のマツがあった。樹高50メートルに達する星降りマツと、樹高は低いが繁茂面積の広い影向のマツは好一対として「鶴と亀」に例えられ、縁起のよいマツとして親しまれた。随筆家の大町桂月は、『東京遊行記』という紀行文の中でこの一対のマツの奇観を褒めたたえている。しかし、星降りマツの方は枯死し、その後2代目が植えられている。影向のマツ フレッシュアイペディアより)

  • 影向の松

    影向の松から見た春日大社春日大社

    影向の松 - 奈良県奈良市の春日大社境内に生育しているクロマツ。春日権現験記にも記されていたが、平成に入って枯れたため現在後継樹が育成されている。影向の松 フレッシュアイペディアより)

  • 角振隼総明神

    角振隼総明神から見た春日社春日大社

    角振隼総明神(つのふりはやぶさみょうじん)は、春日社に関わる祭神。角振隼総別命(つのふりはやぶさわけのみこと)とも言われる。春日大社末社として本宮椿本神社、また奈良市角振新屋町の隼神社に祀られる。角振隼総明神 フレッシュアイペディアより)

  • 榎本神社

    榎本神社から見た春日大社春日大社

    榎本神社(えのもとじんじゃ)は、奈良県奈良市にある春日大社の境内摂社である。式内社。榎本神社 フレッシュアイペディアより)

  • 天石立神社

    天石立神社から見た春日大社春日大社

    平安時代の『延喜式神名帳』には小社として記載され、社伝によれば神代の昔、天岩戸の故事に基づいて創祀されたという。即ち、手力男命が天岩戸を開いた時にその扉石が当地に飛来したもので、「神の宮居の戸」の謂いから「神戸岩」とも称したという。また、当地一帯は関白藤原頼通の時代に春日大社に神領として寄進されたが、その折には神戸岩が鳴動したといい、近世初頭に至るまで皇室に慶事ある度に鳴動を繰り返したという。天石立神社 フレッシュアイペディアより)

  • 三条通り

    三条通りから見た春日大社春日大社

    春日大社の鳥居から西方向へ尼ヶ辻まで伸びる奈良市の通り。暗越奈良街道の奈良県側終点付近に含まれる。現在ではJR奈良駅より東側を指すことが一般的で、各種店舗や飲食店・ホテル・金融機関・コンビニなどが軒を並べ通行人で賑わう。歴史ある地元向け老舗店と観光客向けの土産店などが混在するが、近年は全国チェーンのレストラン、カフェ等も増えている。奈良市街地の中心であるが、道路幅は狭い(8m)ため、16mに拡張することが、戦前より都市計画決定されている。平成9年には、都市計画実施のための地区計画が条例化され、平成14年以降は、計画区域内道路予定敷地での建築が規制され、セットバックが進んでいる。それによる建て替えで、店舗の閉鎖が相次いでいる(そのため、下記の「沿道施設」に書いてある店舗も、移転や閉鎖により、必ずしも最新の状況になっているとは言えない)。なお、拡幅後も、車道は現行同様の東行き一方通行(猿沢池?一の鳥居をのぞく)1車線(一部停車帯が附属)のままで、歩道部分が広がる事になっている。日曜祝日は歩行者天国となる(土曜日は車が入ってくる)。バサラ祭りや三枝祭(ゆり祭り)・采女祭・春日若宮おん祭などの行事でパレードのメインルートとして利用される。名称は平城京の条坊制における三条大路に由来する。(他には一条通りが現存する)近鉄奈良駅周辺では、やすらぎの道・小西さくら通り・東向通り・餅飯殿通りなどと交差する。やすらぎの道や餅飯殿通りを南に下ると、ならまちが広がる。やすらぎの道を北へ向かうと奈良きたまちや鴻池運動公園・奈良テレビ放送・奈良ドリームランド(閉鎖済)などへ至る。三条通り フレッシュアイペディアより)

  • 会下山

    会下山から見た春日社春日大社

    また、北風家の先祖がかつて仕えていた神功皇后の手形を祀る比売神(敏馬神社より勧請?)の社と内実は北風家祖を祀った社であったが、公的には北風家の女系の祖先神である天児屋根命を祭神とした春日社の二社を祀っていたとされる。会下山 フレッシュアイペディアより)

  • 回廊

    回廊から見た春日大社春日大社

    File:KasugaCorridor0399.jpg|春日大社回廊 フレッシュアイペディアより)

362件中 71 - 80件表示

「春日大社」のニューストピックワード