248件中 81 - 90件表示
  • エンドレスナイトスペシャル

    エンドレスナイトスペシャルから見た春日大社春日大社

    この他にも梅田淳アナウンサー(当時)と石巻ゆうすけアナウンサーが、第2期ギャルズの吉内里美と奈良・春日大社から生中継。正月料理の紹介や、参拝客を集めてのゲーム大会など、正月ならではの光景を伝えた。エンドレスナイトスペシャル フレッシュアイペディアより)

  • 勝持寺

    勝持寺から見た春日大社春日大社

    勝持寺は京都の西南郊外の大原野に位置し、大原野神社に隣接する。大原野神社は延暦3年(784年)、長岡京遷都時に、奈良の春日神社(現・春日大社、藤原氏の氏神)の分霊を祀ったものである。勝持寺 フレッシュアイペディアより)

  • 春日神社 (徳島市)

    春日神社 (徳島市)から見た春日大社春日大社

    武甕槌命、斎主命、天児屋根命、比売神の4柱で、奈良県の春日大社と同じ神々を祀っている。春日神社 (徳島市) フレッシュアイペディアより)

  • 春日若宮おん祭

    春日若宮おん祭から見た春日大社春日大社

    春日若宮おん祭(かすがわかみやおんまつり)は、奈良県奈良市の春日大社の摂社若宮で行われる祭礼である。「春日若宮おん祭の神事芸能」は重要無形民俗文化財に指定されている。社伝神楽や東遊、田楽や細男、三方楽所南都方の伝統を受け継ぐ「南都楽所」による舞楽が行われ、猿楽(能)や雅楽、神楽や舞楽などの継承・保存にとって大きな意味を持っている。また、若宮神のお旅所への神幸・還幸は「身も毛もよだつ」(二条良基『さかき葉の日記』)と形容した中世人の神への畏敬を、今日のわれわれにも感じさせてくれる。大和一国を挙げて盛大に執り行われ、八百六十有余年にわたり途切れることなく開催されている。春日若宮おん祭 フレッシュアイペディアより)

  • 暗越奈良街道

    暗越奈良街道から見た春日大社春日大社

    区間:大阪市中央区高麗橋 - 東成区玉造 - 今里 - 深江 - 東大阪市御厨 - 菱江 - 松原宿 - 箱殿 -(暗峠)- 生駒市小瀬 -(榁木峠)- 奈良市尼ヶ辻 - 春日大社暗越奈良街道 フレッシュアイペディアより)

  • 春日曼荼羅

    春日曼荼羅から見た春日大社春日大社

    春日曼荼羅(かすがまんだら)とは、平安時代末期から江戸時代にかけて作成された春日大社およびそれに関連する事象を描いた神道曼荼羅図のこと。春日曼荼羅 フレッシュアイペディアより)

  • 大学別曹

    大学別曹から見た春日社春日大社

    大学別曹は公的な寄宿舎ではないため大学寮の支配が及ばず、各氏の氏長者の下で管理された。のちには大学寮の任官試験を経ずに官職に就く特権(年挙)が与えられた。また運営の財源として独自に荘園を領有したケースもある。その後、大学寮自体の停廃、氏という枠組み自体の解体とともに別曹も荒廃して実態を失い、いずれも形式上存在するのみとなった。ただし、形式のみといっても王氏(源氏など皇親への賜姓によって成立した諸氏)の別曹である奨学院については、院政期から、その別当を代々の源氏長者が務める例となり、同様に源氏長者の兼帯となった後院淳和院の別当とともに、源氏長者たることを象徴する称号となった。やがて「淳和奨学両院別当」という称号も作られ、武家である徳川将軍の称号のひとつとなる。また、摂関が興福寺や春日社などに氏長者としての立場から命令を下す際には、勧学院の別当を通じて文書(藤氏長者宣)を発給する慣例であった。大学別曹 フレッシュアイペディアより)

  • 春日神社 (春日市)

    春日神社 (春日市)から見た春日大社春日大社

    発生は古くこの地に中大兄皇子が天児屋根命を祀ったことに始まると伝えられる。四神を祀る神社としての春日神社の起源は藤原田麻呂が大宰大弐として大宰府にいた神護景雲二年(768年)にさかのぼる。藤原家の祖神たる天児屋根命がこの地に祀られていることを知った田麻呂は、自身の故郷である大和国春日の春日大社より武甕槌命、経津主命、姫大神の三柱を神籬に迎え祀って春日大明神として社殿を創建した。春日神社 (春日市) フレッシュアイペディアより)

  • 圓照寺 (小浜市)

    圓照寺 (小浜市)から見た春日大社春日大社

    圓照寺(えんしょうじ)は、福井県小浜市尾崎にある臨済宗南禅寺派の寺院。山号は地久山。観光案内等では円照寺と記される事が多い。本尊は大日如来。大和国春日大社の神託で彫られた大日如来像を三笠山にて祭られたのち、南川対岸の谷田部地区の若狭堂谷に真言宗遠松寺を建立し祭られた。南川の洪水により、文安元年(1444年)に現在地に移して圓照寺と名を改め、より臨済宗南禅寺派に改宗。若狭観音霊場第20番礼所。圓照寺 (小浜市) フレッシュアイペディアより)

  • 善慶

    善慶から見た春日大社春日大社

    次いで現存するのはアジアソサエティ像の地蔵菩薩立像(もと東京・個人蔵)で、この像も像内に長文の墨書がある。そこには像の制作年代を示す記載はないが、結縁者として名を列ねる僧の僧位から、元仁2年-嘉禄2年(1225年-1226年)の造像とわかる。東京国立博物館に明治時代から収蔵される文殊菩薩立像は、作者・制作年代を明らかにする資料を欠くが、作風や像高が前述の十一面観音像および地蔵菩薩像に近いことから、善円の作と推定されている。以上の3像は、春日社(春日大社)の四所明神と若宮の本地仏5体一具として作られたうちの3体が残ったものとする説もある。善慶 フレッシュアイペディアより)

248件中 81 - 90件表示

「春日大社」のニューストピックワード