362件中 81 - 90件表示
  • 春日神社 (米沢市)

    春日神社 (米沢市)から見た春日大社春日大社

    上杉謙信が大和国の春日大社より分霊し、越後国の春日山城に創設。上杉氏の会津藩・米沢藩転封に伴って移転し、元和3年(1617年)に林泉寺とともに林泉寺境内に移転した。春日神社 (米沢市) フレッシュアイペディアより)

  • 葉室頼昭

    葉室頼昭から見た春日大社春日大社

    東京都に生まれた。公家の藤原藤原北家勧修寺流(藤原為房の次男藤原顕隆が家祖)の流れを汲む伯爵葉室家に生まれ、学習院に初等科から高等科まで通った。大阪大学医学部を卒業後、勤務医を経て、形成外科医院を開業した。診療を続けながら通信教育で神職を勉強。神職の最高階位である明階を取得した。神社庁の推薦を受けて平成4年(1992年)に東大阪市の枚岡神社の宮司に就任。平成6年(1994年)8月、春日大社の宮司に就任した。平成20年(2008年)3月、春日大社宮司を退任。翌21年(2009年)1月3日、肺炎で死去。葉室頼昭 フレッシュアイペディアより)

  • 古式競馬 (日本)

    古式競馬 (日本)から見た春日大社春日大社

    平安中期にもなると、行宮・離宮・公卿の邸宅・神社の境内などで臨時の競馬が行われることもあった。もっとも、馬の飼育には本来は軍事的要素も含まれていたために、臣下がみだりに行うことが出来ず、実際には摂関かそれに類する公卿のみの特権であった。藤原道長は私的な競馬を度々開催して藤原実資より非難を浴びている他、寛弘元年(1004年)に花山法皇の行幸を名目に自邸で競馬を行って以来、一条天皇・三条天皇の行幸などを口実にして競馬を開催し、親王や他の公卿達には当日に走らせる馬を提供させるなど、自己の権威づけに用いた。その後継者である藤原頼通が万寿元年(1024年)に高陽院で催した競馬は、『栄花物語』の「駒競べの行幸」や『駒競行幸絵巻』に描かれている。神社においては、神事として賀茂神社・石清水八幡宮・春日大社の催しが知られる。古式競馬 (日本) フレッシュアイペディアより)

  • 春日神社 (徳島市)

    春日神社 (徳島市)から見た春日大社春日大社

    武甕槌命、斎主命、天児屋根命、比売神の4柱で、奈良県の春日大社と同じ神々を祀っている。春日神社 (徳島市) フレッシュアイペディアより)

  • うまし うるわし 奈良

    うまし うるわし 奈良から見た春日大社春日大社

    春日大社(この企画で初の神社になる)うまし うるわし 奈良 フレッシュアイペディアより)

  • 春日神社 (練馬区)

    春日神社 (練馬区)から見た春日大社春日大社

    鎌倉時代 - 工藤祐宗(工藤祐経の孫)が、源頼朝に従って奥州合戦に向かう途中、自分の先祖の藤原氏の氏神である春日大社の祭神をここに勧請して、戦勝を祈願したのにはじまるという。春日神社 (練馬区) フレッシュアイペディアより)

  • 尾田組

    尾田組から見た春日大社春日大社

    明治初期、その後奈良国立博物館旧館が建つ付近に移って営業を行う。この場所は東大寺、興福寺、春日大社などに近く宮大工の仕事に便利であるとともに、奈良市の近代化に伴う建築の仕事にも便利な地点であった。尾田組 フレッシュアイペディアより)

  • 茨木長隆

    茨木長隆から見た春日大社春日大社

    茨木氏は、摂津島下郡茨木を本貫とした国人領主。応仁の乱後、摂津国人一揆に参加したため、細川政元の攻撃を受けて一時衰退するが、一族の茨木弥三郎が細川氏へ帰順し、以後は春日大社領の給人として、茨木城を中心に摂津東部を支配する小領主として成長した。茨木長隆 フレッシュアイペディアより)

  • 凡河内躬恒

    凡河内躬恒から見た春日大社春日大社

    歌人として、歌合や賀歌・屏風歌において活躍し、昌泰元年(898年)の「朱雀院女郎花合」に出詠して以降、延喜7年(907年)宇多法皇の大堰川行幸、延喜16年(916年)石山寺御幸、延喜21年(921年)春日社参詣などに供奉して和歌を詠進した。またこの間の延喜5年(905年)には、紀貫之・紀友則・壬生忠岑と共に『古今和歌集』の撰者に任じられている。凡河内躬恒 フレッシュアイペディアより)

  • 斎女

    斎女から見た春日大社春日大社

    斎女(いつきめ)とは、神に奉仕する未婚の女性のこと。特に平安時代に藤原氏が春日大社や大原野神社に置いた童女を指す。斎女 フレッシュアイペディアより)

362件中 81 - 90件表示

「春日大社」のニューストピックワード