前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
618件中 1 - 10件表示
  • 日本メディアーク

    日本メディアークから見た時事通信社時事通信社

    設立当初の住所は、東京都千代田区日比谷公園1番3号。株主は、時事通信社、共同通信社、電通、エヌ・ティ・ティ・ドコモ、NTTデータ、松下電器産業であった。後に時事通信社の100%子会社となった。途中、住所を東京都中央区銀座六丁目13番16号銀座ウォールビル11階に移した。2006年8月に時事通信社からスカイパーフェクト・コミュニケーションズ(現・スカパーJSAT)が全株式を取得。後、東京都渋谷区に移動した。日本メディアーク フレッシュアイペディアより)

  • 織田幹雄

    織田幹雄から見た時事通信社時事通信社

    『陸上競技五十年』(時事通信社、1955)織田幹雄 フレッシュアイペディアより)

  • 湯川鶴章

    湯川鶴章から見た時事通信社時事通信社

    湯川 鶴章(ゆかわ つるあき、1958年(昭和33年) - )は、日本のIT評論家、時事通信社編集委員。湯川鶴章 フレッシュアイペディアより)

  • 高橋進 (陸上選手)

    高橋進 (陸上選手)から見た時事通信社時事通信社

    『マラソンの青春』(君原健二(共著)、時事通信社、1975/1、ISBN 978-4788775091)高橋進 (陸上選手) フレッシュアイペディアより)

  • 通信社の歴史

    通信社の歴史から見た時事通信社時事通信社

    また、英語やフランス語、スペイン語など使用頻度の高い言語を公用語としない国々の通信社の場合、諸外国に記事を配信するにはあらかじめ翻訳をせねばならず、時間と労力、そして経費がかかる(この点では、日本の共同通信社や時事通信社も同様である)。このため、欧米の通信社は構造的に優位に立っているとされる。南北問題は、情報面でも存在していたのである。このため途上国の間では、「独立国間の主権の平等を原則として、相互依存の関係を構築すべし」とする機運が高まった。通信社の歴史 フレッシュアイペディアより)

  • 福島民報

    福島民報から見た時事通信社時事通信社

    共同通信社、時事通信社の双方に加盟、1面と社会面のトップ記事はともに通信社配信記事に頼らず、自社記事の掲載率が他県の県紙より高いことが特徴。地方版は毎日17個面あり、地域に密着した紙面作りを特徴としている。また、2011年10月現在、中日新聞や伊勢新聞などの数少ない一部の新聞と同様に記事中の数字表記が漢数字表記中心の新聞であり(スポーツ面、おくやみ欄など一部除く)、さらに県内記事については原則元号表記となっている(通信社などからの県外、海外ニュースは西暦表記となる)。福島民報 フレッシュアイペディアより)

  • 陸羯南

    陸羯南から見た時事通信社時事通信社

    柳田泉:『陸羯南』、「時事通信社 『三代言論人集 5』、(1963)」に収録陸羯南 フレッシュアイペディアより)

  • 市政会館

    市政会館から見た時事通信社時事通信社

    市政会館(しせいかいかん)とは、公益財団法人後藤・安田記念東京都市研究所が本拠とする建築物である。東京都千代田区に位置し、同盟通信社や、その後身の時事通信社が本社を置いたことで知られる。東京都選定歴史的建造物である。市政会館 フレッシュアイペディアより)

  • 新聞常用漢字表

    新聞常用漢字表から見た時事通信社時事通信社

    新聞常用漢字表の名は、『新聞用語集』では2007年版で初めて用いられた。ただし時事通信社が1981年に発行した『記事スタイルブック : 記者のための新用字用語集』やその後継となる『最新用字用語ブック』では、『新聞用語集』に先立ってこの名称が使われている。新聞常用漢字表 フレッシュアイペディアより)

  • 加藤清隆

    加藤清隆から見た時事通信社時事通信社

    加藤 清隆(かとう きよたか、1952年5月 - )は、日本の政治評論家。時事通信社特別解説委員。加藤清隆 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
618件中 1 - 10件表示

「時事通信社」のニューストピックワード