前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
935件中 1 - 10件表示
  • 吉田光宏

    吉田光宏から見た時事通信社時事通信社

    2000年、日本環境ジャーナリストの会に入会。時事通信社『農林経済』などに執筆。吉田光宏 フレッシュアイペディアより)

  • 日本メディアーク

    日本メディアークから見た時事通信社時事通信社

    設立当初の住所は、東京都千代田区日比谷公園1番3号。株主は、時事通信社、共同通信社、電通、エヌ・ティ・ティ・ドコモ、NTTデータ、松下電器産業であった。後に時事通信社の100%子会社となった。途中、住所を東京都中央区銀座六丁目13番16号銀座ウォールビル11階に移した。2006年8月に時事通信社からスカイパーフェクト・コミュニケーションズ(現・スカパーJSAT)が全株式を取得。後、東京都渋谷区に移動した。日本メディアーク フレッシュアイペディアより)

  • 織田幹雄

    織田幹雄から見た時事通信社時事通信社

    『陸上競技五十年』(時事通信社、1955)織田幹雄 フレッシュアイペディアより)

  • 静岡県立美術館

    静岡県立美術館から見た時事通信社時事通信社

    上山信一著『地域再生とミュージアムの潜在力(5)「やらされる評価」から「自らやる評価」へ-金沢21世紀美術館と静岡県立美術館』地方行政、時事通信社、2003年(平成15年)8月。静岡県立美術館 フレッシュアイペディアより)

  • 湯川鶴章

    湯川鶴章から見た時事通信社時事通信社

    湯川 鶴章(ゆかわ つるあき、1958年(昭和33年) - )は、日本のITジャーナリスト。時事通信社元編集委員で、同社公認ブログ「湯川鶴章のIT潮流」を執筆していた。2009年で退社後は「TechWave」初代編集長、TheWave湯川塾・塾長を務めた。ニューズウィーク日本版でもコラムを持つ。湯川鶴章 フレッシュアイペディアより)

  • 高橋進 (陸上選手)

    高橋進 (陸上選手)から見た時事通信社時事通信社

    『マラソンの青春』(君原健二(共著)、時事通信社、1975/1、ISBN 978-4788775091)高橋進 (陸上選手) フレッシュアイペディアより)

  • キメクル

    キメクルから見た時事通信社時事通信社

    「総合写真ニュース」(時事通信社)キメクル フレッシュアイペディアより)

  • 中央調査社

    中央調査社から見た時事通信社時事通信社

    中央調査社(ちゅうおうちょうさしゃ)は東京都中央区にあり世論調査や市場調査を専門とする一般社団法人。1954年設立。欧文名称 Central Research Services, Inc.、略称CRS。日本に55の支社を持ち、常勤役職員37名、2015年4月現在調査員790名がいる。会長理事は西澤豊、常任理事は小林康有。日本の占領中に設立された国立世論調査所が占領終結後に整理された際、時事通信社の調査部門と国立世論調査所が合併して誕生した。内閣府の世論調査業務委託先のひとつ。社員は電通、博報堂、日本放送協会、四国電力、北陸電力、博報堂DYメディアパートナーズ、時事通信社、時事通信出版局、時事通信フォト。プライバシーマーク取得済み(2015年に6回目の更新)。中央調査社 フレッシュアイペディアより)

  • センチュリー映画社

    センチュリー映画社から見た時事通信社時事通信社

    同年3月、『人妻がもえるとき』(監督遠藤由希夫)、『白痴女』(監督武市芽良夫)、『処女非情』(監督清水正二郎)の3作を配給したが、同年上半期、前述の第1次新東宝映画が倒産したのと同時期に、同社も倒産した。翌1967年(昭和42年)に発行された『映画年鑑 1967』(時事通信社)は、この2社の倒産を「大手二社が倒産」と表現した。センチュリー映画社 フレッシュアイペディアより)

  • 鈴木均 (評論家)

    鈴木均 (評論家)から見た時事通信社時事通信社

    『現代報道論』時事通信社 1974鈴木均 (評論家) フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
935件中 1 - 10件表示

「時事通信社」のニューストピックワード