618件中 11 - 20件表示
  • 森本毅郎・スタンバイ!

    森本毅郎・スタンバイ!から見た時事通信社時事通信社

    (不定期)山田恵資(時事通信社 編集委員)森本毅郎・スタンバイ! フレッシュアイペディアより)

  • ユリウス・シュトライヒャー

    ユリウス・シュトライヒャーから見た時事通信社時事通信社

    『ニュルンベルグ裁判記録』、時事通信社、1947年ユリウス・シュトライヒャー フレッシュアイペディアより)

  • 自動小銃密造事件

    自動小銃密造事件から見た時事通信社時事通信社

    警察が教団施設や草木ダムの湖底から引き上げ押収した試作品の外観は、銃が通常分解(フィールド・ストリッピング)された状態を撮影した写真が時事通信社を通じて公開されている。機関部などの色は銀色。銃身、マガジン、ストックの色は黒色。警視庁科学捜査研究所による検証の結果、製造者の未熟、金属材料の不備、ノウハウ不足による避けられない強度不足のせいで寿命が極めて短く、撃てば寿命が尽きて故障が頻発するようになるという。簡素な作り故に故障が少なく確実な作動性が強みのカラシニコフシリーズでは本来ありえない事である。しかし、フルオート射撃ができない等の欠点はあれど、実銃(オリジナルのカラシニコフシリーズ)と同等の十分な殺傷能力(初速850m/sec)があることや使用する銃弾の口径が実銃の5.45ミリではなく5.6ミリであること、仮に強制捜査着手が遅れていた場合、日本の治安に大きな脅威を与えていたであろうことが確認された。自動小銃密造事件 フレッシュアイペディアより)

  • 福永正明

    福永正明から見た時事通信社時事通信社

    アジアを中心とする国際関係、社会情勢について、朝日新聞、時事通信、共同通信、世界(月刊・岩波書店)、『時事Janet』(週刊・時事通信社)など各種メディアにおいて解説と評論を発表。 2007年3月休刊の『世界週報』(時事通信社)では、南アジア関係の論考を多数寄稿した。『インド旅案内』(ちくま新書、筑摩書房)、『インド』(財団法人 海外職業訓練協会)、『ブータン人の幸福論』(2012年、徳間書店)、など多数。福永正明 フレッシュアイペディアより)

  • 石川忠雄

    石川忠雄から見た時事通信社時事通信社

    『中華人民共和国――その実態と分析』(時事通信社、 1964年)石川忠雄 フレッシュアイペディアより)

  • 君原健二

    君原健二から見た時事通信社時事通信社

    『マラソンの青春』(高橋進(共著)、時事通信社、1975/1、ISBN 978-4788775091)君原健二 フレッシュアイペディアより)

  • 通信社

    通信社から見た時事通信社時事通信社

    設立形態は営利を目的とした会社法人と、報道機関が共同出資した組合法人、半国営企業の外観を備えた国家機関に三分できる。UPIの破綻や時事通信社の経営不振が象徴するように、民間通信社は経営が厳しく、APやAFP、共同通信社などの社団法人や中国の新華社、ロシアのイタルタス通信などが中心的存在である。ただし、国家の宣伝機関である新華社やイタルタスの発信するニュースを世界各地の通信社・新聞社の外信デスクがどのように捉えているかは、また別の問題である。通信社 フレッシュアイペディアより)

  • ヨシフ・スターリン

    ヨシフ・スターリンから見た時事通信社時事通信社

    デービッド・シプラー『ロシア 崩れた偶像・厳粛な夢』川崎隆司監訳、時事通信社 1984年ヨシフ・スターリン フレッシュアイペディアより)

  • 野口智雄

    野口智雄から見た時事通信社時事通信社

    『新価格論 』 時事通信社 1995年野口智雄 フレッシュアイペディアより)

  • 長谷川才次

    長谷川才次から見た時事通信社時事通信社

    長谷川 才次(はせがわ さいじ、1903年(明治36年)10月1日 - 1978年(昭和53年)3月10日)は、時事通信社の初代代表取締役である。長谷川才次 フレッシュアイペディアより)

618件中 11 - 20件表示

「時事通信社」のニューストピックワード