935件中 11 - 20件表示
  • 野口智雄

    野口智雄から見た時事通信社時事通信社

    『新価格論 』 時事通信社 1995年野口智雄 フレッシュアイペディアより)

  • 飯野勝己

    飯野勝己から見た時事通信社時事通信社

    株式会社時事通信社を経て株式会社平凡社に勤務し、「平凡社新書」編集長などを歴任した。飯野勝己 フレッシュアイペディアより)

  • 滝川哲也

    滝川哲也から見た時事通信社時事通信社

    滝川 哲也(たきがわ てつや、1956年 - )は、東京都出身の元陸上選手。専門は長距離で、早稲田大学時代に箱根駅伝を走り4年連続10区。時事通信社編集局編集委員、元運動部長。日本ワールドゲームズ協会(JWGA)理事などを兼務。滝川哲也 フレッシュアイペディアより)

  • 福島民報

    福島民報から見た時事通信社時事通信社

    共同通信社、時事通信社の双方に加盟、1面と社会面のトップ記事はともに通信社配信記事に頼らず、自社記事の掲載率が他県の県紙より高いことが特徴。地方版は毎日17個面あり、地域に密着した紙面作りを特徴としている。また、2011年10月現在、中日新聞(東京新聞含む)や伊勢新聞などの数少ない一部の新聞と同様に記事中の数字表記が漢数字表記中心の新聞であり(スポーツ面、おくやみ欄など一部除く)、さらに県内記事については原則元号表記となっている(通信社などからの県外、海外ニュースは西暦表記となる)。福島民報 フレッシュアイペディアより)

  • 同盟通信社

    同盟通信社から見た時事通信社時事通信社

    1945年10月31日 役員会にて解散を決議。一般報道部門などは共同通信社、経済報道部門などは時事通信社となる。同盟通信社 フレッシュアイペディアより)

  • 通信社の歴史

    通信社の歴史から見た時事通信社時事通信社

    また、英語やフランス語、スペイン語など使用頻度の高い言語を公用語としない国々の通信社の場合、諸外国に記事を配信するにはあらかじめ翻訳をせねばならず、時間と労力、そして経費がかかる(この点では、日本の共同通信社や時事通信社も同様である)。このため、欧米の通信社は構造的に優位に立っているとされる。南北問題は、情報面でも存在していたのである。このため途上国の間では、「独立国間の主権の平等を原則として、相互依存の関係を構築すべし」とする機運が高まった。通信社の歴史 フレッシュアイペディアより)

  • 石川忠雄

    石川忠雄から見た時事通信社時事通信社

    『中華人民共和国――その実態と分析』(時事通信社、1964年)石川忠雄 フレッシュアイペディアより)

  • 陸羯南

    陸羯南から見た時事通信社時事通信社

    柳田泉:『陸羯南』、「時事通信社 『三代言論人集 5』、(1963)」に収録陸羯南 フレッシュアイペディアより)

  • 安藤元雄

    安藤元雄から見た時事通信社時事通信社

    東京生まれ。東京都立日比谷高等学校、東京大学文学部仏文科進学。在学中に多田富雄、江藤淳らとともに同人雑誌『Perute』のち『位置』に詩などを寄稿。卒業後の1958年、時事通信社入社。パリ特派員ののち、1965年から國學院大學助教授、1973年から明治大学政経学部助教授、1980年教授、2004年定年退職、名誉教授。2005〜2006年日本現代詩人会会長。安藤元雄 フレッシュアイペディアより)

  • 瀬口えりな

    瀬口えりなから見た時事通信社時事通信社

    2月、「時事通信社 台湾」(記事、動画1、動画2)のリポーターとして活動。瀬口えりな フレッシュアイペディアより)

935件中 11 - 20件表示

「時事通信社」のニューストピックワード