935件中 21 - 30件表示
  • 福永正明

    福永正明から見た時事通信社時事通信社

    アジアを中心とする国際関係、社会情勢について、朝日新聞、毎日新聞、東京新聞、時事通信、共同通信、世界(月刊・岩波書店)、『時事Janet』(週刊・時事通信社)など各種メディアにおいて解説と評論を発表。 2007年3月休刊の『世界週報』(時事通信社)では、南アジア関係の論考を多数寄稿した。『インド旅案内』(ちくま新書、筑摩書房)、『インド』(財団法人 海外職業訓練協会)、『ブータン人の幸福論』(2012年、徳間書店)、など多数。福永正明 フレッシュアイペディアより)

  • 田久保忠衛

    田久保忠衛から見た時事通信社時事通信社

    1956年 時事通信社入社。1956年から1962年まで地方部記者(自治庁、大蔵省、農林省担当)。1963年までハンブルク特派員。1969年、外信部記者。1970年、那覇支局長。1973年、ワシントン支局長。1974年、外信部次長。1980年、外信部長。1980年、ウッドローウィルソン国際問題研究所研究員(兼任)。1984年、論説委員。1984年、退社し杏林大学社会科学部(現・総合政策学部)教授。1992年、学部長。2003年、客員教授。田久保忠衛 フレッシュアイペディアより)

  • 新聞常用漢字表

    新聞常用漢字表から見た時事通信社時事通信社

    『新聞用語集 2007年版』で初めて漢字表に「新聞常用漢字表」という名が付けられた。『新聞用語集』に先立って時事通信社が1981年に発行した『記事スタイルブック : 記者のための新用字用語集』やその後継となる『最新用字用語ブック』では、この名称を使っている。常用漢字表の1945字に、新聞用語懇談会が使用を認めた表外字45字を加えた1990字を示す。常用漢字表のうち、新聞用語懇談会が使用しないとした11字が不使用のままであるため、この時点で使用できる漢字の字種は1979字となる。このほかに、言い換え、書き換えが困難であるという理由で、特例として読み仮名を付けずに使用できる表外字を含む「一揆」「旺盛」「元旦」「斬新」「獅子」「庄屋」「僧侶」「戴冠・戴帽(式)」「奈落」「伴侶」「蜂起」「捕捉」「馬子唄」「蜜月」「冥王星」「冥土」「冥福」「拉致」などの語を「用字用語集」に掲げている。新聞常用漢字表 フレッシュアイペディアより)

  • 長谷川才次

    長谷川才次から見た時事通信社時事通信社

    長谷川 才次(はせがわ さいじ、1903年(明治36年)10月1日 - 1978年(昭和53年)3月10日)は、時事通信社の初代代表取締役。時事画報社、内外ニュースの創業者。勲一等瑞宝章受章。長谷川才次 フレッシュアイペディアより)

  • 西野智彦

    西野智彦から見た時事通信社時事通信社

    西野 智彦(にしの ともひこ、1958年 - )は、TBSホールディングス総務局長、元時事通信社記者、元放送プロデューサー。西野智彦 フレッシュアイペディアより)

  • 佐藤晴雄

    佐藤晴雄から見た時事通信社時事通信社

    そのほか、教員採用対策講座(時事通信社、河合塾ライセンススクール)の講師を長年務めた経歴を持ち、また学校教職員向けのコンテンツを提供して学校をサポートするサイトである「Teachers Online-先生のミカタウェブ?」(株式会社コンテクスト)の監修を小野田正利と共に担当している。佐藤晴雄 フレッシュアイペディアより)

  • 君原健二

    君原健二から見た時事通信社時事通信社

    『マラソンの青春』(高橋進(共著)、時事通信社、1975/1、ISBN 978-4788775091)君原健二 フレッシュアイペディアより)

  • 市政会館

    市政会館から見た時事通信社時事通信社

    市政会館(しせいかいかん)は、公益財団法人後藤・安田記念東京都市研究所が本拠とする建築物である。東京都千代田区に位置し、同盟通信社や、その後身の時事通信社が本社を置いたことで知られる。東京都選定歴史的建造物である。市政会館 フレッシュアイペディアより)

  • 加藤清隆

    加藤清隆から見た時事通信社時事通信社

    加藤 清隆(かとう きよたか、1952年5月18日 - )は、日本の政治評論家、元時事通信社特別解説委員、拓殖大学客員教授。加藤清隆 フレッシュアイペディアより)

  • 自動小銃密造事件

    自動小銃密造事件から見た時事通信社時事通信社

    警察が教団施設や草木ダムの湖底から引き上げ押収した試作品の外観は、銃が通常分解(フィールド・ストリッピング)された状態を撮影した写真が時事通信社を通じて公開されている。全長93.5cm、重さ3.6kg。機関部などの色は銀色。銃身、マガジン、ストックの色は黒色。ストックはプラスチック製。自動小銃密造事件 フレッシュアイペディアより)

935件中 21 - 30件表示

「時事通信社」のニューストピックワード