61件中 21 - 30件表示
  • 時事通信社

    時事通信社から見た労働災害

    1996年(平成8年)の三菱銀行と東京銀行の合併のスクープを日本経済新聞とほぼ同時に流した。両行の合併はこの年の最大のニュースで、時事、日経の両社とも、その年最大のスクープを表彰する「新聞協会賞」の候補として日本新聞協会に申請した。しかし、時事通信の経営陣は顧客である日経を差し置いて受賞できないと判断し、申請を取り下げた。これに反発した当時の取材チームの1人は退社し、TBSに転職した。さらに別のメンバー・堺祐介も時事に残留したものの、同年に不整脈のため33歳の若さで死去した。堺は当時、日銀クラブの記者として住専問題などの取材で月100時間程度の残業が続いており、東京・中央労働基準監督署は労災と認定した。それに前後して、大量の社員が退社、民放や外資系へ転職するという事態に経営失策と社内からの批判が強まり、2005年(平成17年)榊原潤社長が任期途中で退任に追い込まれた(対外的には「健康悪化」が理由とされた)。時事通信社 フレッシュアイペディアより)

  • 時事通信社

    時事通信社から見た新華社

    1980年(昭和55年) 新華社と報道協定を締結。時事通信社 フレッシュアイペディアより)

  • 時事通信社

    時事通信社から見たiモード

    NTTDoCoMoとの提携事業として携帯電話(iモード)向けのサービスを開始。時事通信社 フレッシュアイペディアより)

  • 時事通信社

    時事通信社から見た財務省 (日本)

    民間の通信社がマスコミから得られる収入はわずかで、大半の社は金融機関向けの情報サービスを稼ぎ頭としている。この収入構造は時事通信も同じだが、1960年代に大蔵省(現財務省)の指導のもと、日本経済新聞社が金融機関向けに開始した経済情報サービス「QUICK」(クイック)に急速に市場を奪われ、経営が悪化。大手報道機関の社員待遇が他の業界に比べて恵まれている中で、業界内では「産経残酷、時事地獄」と社員待遇の悪さを揶揄された。さらに日本経済の国際化が進み、イギリスのロイターやアメリカのブルームバーグなど国際通信社が日本市場に本格参入したことで、時事通信社の役割は薄れた。時事通信社 フレッシュアイペディアより)

  • 時事通信社

    時事通信社から見た世論調査

    昭和21年4月、時事通信社は調査局が発足させ外部から調査を請け負う事業をはじめた。当初行ったのは大蔵省からの実態調査委託(昭和21年4月)、独自企画の世論調査(昭和21年7月)などだった。昭和24年に調査局が世論調査室に改められた。昭和29年9月に世論調査室を主体とし国立世論調査所の機能を引き継いだ中央調査社が設立された。時事通信社社内の『全同文』昭和29年9月28日付によれば「中央調査社の実体はあくまで時事通信社の付属機関であり、世論調査、市場調査、実体調査などの受託調査を仕事とするが、表看板は独立した社団法人である」。時事通信社 フレッシュアイペディアより)

  • 時事通信社

    時事通信社から見た2009年

    2009年(平成21年) 香港支局で「時事速報ASIAベトナム版」の発行を開始。時事通信社 フレッシュアイペディアより)

  • 時事通信社

    時事通信社から見た東京銀行

    1996年(平成8年)の三菱銀行と東京銀行の合併のスクープを日本経済新聞とほぼ同時に流した。両行の合併はこの年の最大のニュースで、時事、日経の両社とも、その年最大のスクープを表彰する「新聞協会賞」の候補として日本新聞協会に申請した。しかし、時事通信の経営陣は顧客である日経を差し置いて受賞できないと判断し、申請を取り下げた。これに反発した当時の取材チームの1人は退社し、TBSに転職した。さらに別のメンバー・堺祐介も時事に残留したものの、同年に不整脈のため33歳の若さで死去した。堺は当時、日銀クラブの記者として住専問題などの取材で月100時間程度の残業が続いており、東京・中央労働基準監督署は労災と認定した。それに前後して、大量の社員が退社、民放や外資系へ転職するという事態に経営失策と社内からの批判が強まり、2005年(平成17年)榊原潤社長が任期途中で退任に追い込まれた(対外的には「健康悪化」が理由とされた)。時事通信社 フレッシュアイペディアより)

  • 時事通信社

    時事通信社から見たEPA通信

    2003年(平成15年) EPA通信と契約、本社を日比谷の市政会館から東銀座に完成した時事通信ビル(銀座東急ホテル跡)に移転。時事通信社 フレッシュアイペディアより)

  • 時事通信社

    時事通信社から見たブルームバーグ (企業)

    民間の通信社がマスコミから得られる収入はわずかで、大半の社は金融機関向けの情報サービスを稼ぎ頭としている。この収入構造は時事通信も同じだが、1960年代に大蔵省(現財務省)の指導のもと、日本経済新聞社が金融機関向けに開始した経済情報サービス「QUICK」(クイック)に急速に市場を奪われ、経営が悪化。大手報道機関の社員待遇が他の業界に比べて恵まれている中で、業界内では「産経残酷、時事地獄」と社員待遇の悪さを揶揄された。さらに日本経済の国際化が進み、イギリスのロイターやアメリカのブルームバーグなど国際通信社が日本市場に本格参入したことで、時事通信社の役割は薄れた。時事通信社 フレッシュアイペディアより)

  • 時事通信社

    時事通信社から見たUPI通信社

    1946年(昭和21年) UP通信と経済通信契約を締結。時事通信社 フレッシュアイペディアより)

61件中 21 - 30件表示

「時事通信社」のニューストピックワード