61件中 41 - 50件表示
  • 時事通信社

    時事通信社から見たニュース

    共同通信社とは分割時から再統合を視野に入れていたため、当初はニュース分野で棲み分けていたが1964年(昭和39年)に開催された東京オリンピックをきっかけに時事がマスメディア向けニュースサービスに進出、両社とも互いの分野を侵食し合う競合関係となって再統合構想は消滅した。時事通信社 フレッシュアイペディアより)

  • 時事通信社

    時事通信社から見たテレックス

    1953年(昭和28年) 海外在住の法人などを対象に「時事速報」を発刊。当初はテレックスで配信していた。時事通信社 フレッシュアイペディアより)

  • 時事通信社

    時事通信社から見たクイーンステークス

    クイーンステークス - 中山競馬場で施行していた1995年から1999年の間は時事通信社が寄贈賞を提供し、名称も「時事通信杯 クイーンステークス」と表記していた。時事通信社 フレッシュアイペディアより)

  • 時事通信社

    時事通信社から見た最高経営責任者

    2011年11月24日、オリンパスの損失隠し問題に関する配信記事で、オリンパスのマイケル・ウッドフォード元社長がCEOに就任した経緯について、ウッドフォード元社長が不正を黙認する一方でCEO職を要求したように報じ、配信後にウッドフォード元社長側から抗議を受けた。時事通信社は同年12月2日、記事は複数の関係者への取材に基づいたもので、本人には直接取材していなかったとして陳謝する内容の記事を配信した。時事通信社 フレッシュアイペディアより)

  • 時事通信社

    時事通信社から見たアメリカ合衆国

    民間の通信社がマスコミから得られる収入はわずかで、大半の社は金融機関向けの情報サービスを稼ぎ頭としている。この収入構造は時事通信も同じだが、1960年代に大蔵省(現財務省)の指導のもと、日本経済新聞社が金融機関向けに開始した経済情報サービス「QUICK」(クイック)に急速に市場を奪われ、経営が悪化。大手報道機関の社員待遇が他の業界に比べて恵まれている中で、業界内では「産経残酷、時事地獄」と社員待遇の悪さを揶揄された。さらに日本経済の国際化が進み、イギリスのロイターやアメリカのブルームバーグなど国際通信社が日本市場に本格参入したことで、時事通信社の役割は薄れた。時事通信社 フレッシュアイペディアより)

  • 時事通信社

    時事通信社から見たフランス通信社

    1949年(昭和24年)には日本商業通信社(もとは1887年発足の東京急報社)と統合。また、AP通信、ロイター(のちのトムソン・ロイター)、AFPといった海外の大手通信社とも発足初期より提携関係を結び、戦後直後の混乱期において、海外情報の情報源としての役割を果たしていた。時事通信社 フレッシュアイペディアより)

  • 時事通信社

    時事通信社から見たファクシミリ

    FAXによるニュースサービス業に進出。時事通信社 フレッシュアイペディアより)

  • 時事通信社

    時事通信社から見た中山競馬場

    クイーンステークス - 中山競馬場で施行していた1995年から1999年の間は時事通信社が寄贈賞を提供し、名称も「時事通信杯 クイーンステークス」と表記していた。時事通信社 フレッシュアイペディアより)

  • 時事通信社

    時事通信社から見た聖教新聞

    共同通信社から国内ニュースの配信を受けていない新聞社にも、時事通信社は国内ニュースを配信している。特に日本新聞協会に加盟できない聖教新聞(宗教団体機関紙)や世界日報(外資系)、あるいは政党紙(公明新聞、しんぶん赤旗)で一般ニュースを掲載する場合は、国内のニュースであれば時事通信、海外発なら時事通信の契約先であるAFP通信からの配信記事に依存することが多い。ただし、しんぶん赤旗はロイターと独自に契約しており、AFPからの記事が載ることは少ない。朝日新聞の『朝日新聞DIGITAL』では発表モノや発生モノの記事で、自社の記者が原稿を書き上げるまでの間、時事から配信を受けた記事を掲載して間を持たせることもある。時事通信社 フレッシュアイペディアより)

  • 時事通信社

    時事通信社から見た中公新書

    里見脩『ニュース・エージェンシー 同盟通信社の興亡』(中公新書、2000年)ISBN 978-4121015570時事通信社 フレッシュアイペディアより)

61件中 41 - 50件表示

「時事通信社」のニューストピックワード