61件中 51 - 60件表示
  • 時事通信社

    時事通信社から見たしんぶん赤旗

    共同通信社から国内ニュースの配信を受けていない新聞社にも、時事通信社は国内ニュースを配信している。特に日本新聞協会に加盟できない聖教新聞(宗教団体機関紙)や世界日報(外資系)、あるいは政党紙(公明新聞、しんぶん赤旗)で一般ニュースを掲載する場合は、国内のニュースであれば時事通信、海外発なら時事通信の契約先であるAFP通信からの配信記事に依存することが多い。ただし、しんぶん赤旗はロイターと独自に契約しており、AFPからの記事が載ることは少ない。朝日新聞の『朝日新聞DIGITAL』では発表モノや発生モノの記事で、自社の記者が原稿を書き上げるまでの間、時事から配信を受けた記事を掲載して間を持たせることもある。時事通信社 フレッシュアイペディアより)

  • 時事通信社

    時事通信社から見た公明新聞

    共同通信社から国内ニュースの配信を受けていない新聞社にも、時事通信社は国内ニュースを配信している。特に日本新聞協会に加盟できない聖教新聞(宗教団体機関紙)や世界日報(外資系)、あるいは政党紙(公明新聞、しんぶん赤旗)で一般ニュースを掲載する場合は、国内のニュースであれば時事通信、海外発なら時事通信の契約先であるAFP通信からの配信記事に依存することが多い。ただし、しんぶん赤旗はロイターと独自に契約しており、AFPからの記事が載ることは少ない。朝日新聞の『朝日新聞DIGITAL』では発表モノや発生モノの記事で、自社の記者が原稿を書き上げるまでの間、時事から配信を受けた記事を掲載して間を持たせることもある。時事通信社 フレッシュアイペディアより)

  • 時事通信社

    時事通信社から見た国立世論調査所

    昭和21年4月、時事通信社は調査局が発足させ外部から調査を請け負う事業をはじめた。当初行ったのは大蔵省からの実態調査委託(昭和21年4月)、独自企画の世論調査(昭和21年7月)などだった。昭和24年に調査局が世論調査室に改められた。昭和29年9月に世論調査室を主体とし国立世論調査所の機能を引き継いだ中央調査社が設立された。時事通信社社内の『全同文』昭和29年9月28日付によれば「中央調査社の実体はあくまで時事通信社の付属機関であり、世論調査、市場調査、実体調査などの受託調査を仕事とするが、表看板は独立した社団法人である」。時事通信社 フレッシュアイペディアより)

  • 時事通信社

    時事通信社から見た通信社

    株式会社時事通信社(じじつうしんしゃ、)は、1945年11月に創立された日本の通信社である。同盟通信社の法人サービス部門が母体。国内78カ所、海外28カ所の支社や支局を有する。時事通信社 フレッシュアイペディアより)

  • 時事通信社

    時事通信社から見たニューヨーク

    1965年(昭和40年) 東京-ニューヨーク-ロンドン間に専用線を開設。時事通信社 フレッシュアイペディアより)

  • 時事通信社

    時事通信社から見た連合国軍最高司令官総司令部

    戦前の国策通信社であった同盟通信社には終戦後GHQから圧力が加えられていた。GHQが日本政府へ「日本政府のニュース統制の排除、各国の外電通信提供の自由及び政府の助成機関たる同盟通信社の特権剥奪」(昭和21年9月24日)の指令を出したのをきっかけとして、同盟通信社は1945年(昭和20年)10月31日解散、共同通信社との2社に分割した。主に経済ニュースを民間企業向けに配信する部門と『世界週報』(同盟時代の『同盟世界週報』)をはじめとする出版業務を引き受けたのが時事通信社で、一般報道部門は共同通信社に移った。共同通信社とは異なり、設立当初から株式会社組織である。時事通信社 フレッシュアイペディアより)

  • 時事通信社

    時事通信社から見た代表取締役

    時事通信社は創業以来社員株主制度をとっており、外部資本が入っていない。株主が投票で取締役を選び、取締役が互選で代表取締役を選ぶ。昭和35年以降、株主が代表取締役候補を直接選出する制度になっていた時期もあった。時事通信社 フレッシュアイペディアより)

  • 時事通信社

    時事通信社から見た株式会社 (日本)

    戦前の国策通信社であった同盟通信社には終戦後GHQから圧力が加えられていた。GHQが日本政府へ「日本政府のニュース統制の排除、各国の外電通信提供の自由及び政府の助成機関たる同盟通信社の特権剥奪」(昭和21年9月24日)の指令を出したのをきっかけとして、同盟通信社は1945年(昭和20年)10月31日解散、共同通信社との2社に分割した。主に経済ニュースを民間企業向けに配信する部門と『世界週報』(同盟時代の『同盟世界週報』)をはじめとする出版業務を引き受けたのが時事通信社で、一般報道部門は共同通信社に移った。共同通信社とは異なり、設立当初から株式会社組織である。時事通信社 フレッシュアイペディアより)

  • 時事通信社

    時事通信社から見た前東京オリンピック

    共同通信社とは分割時から再統合を視野に入れていたため、当初はニュース分野で棲み分けていたが1964年(昭和39年)に開催された東京オリンピックをきっかけに時事がマスメディア向けニュースサービスに進出、両社とも互いの分野を侵食し合う競合関係となって再統合構想は消滅した。時事通信社 フレッシュアイペディアより)

  • 時事通信社

    時事通信社から見た朝日新聞

    共同通信社から国内ニュースの配信を受けていない新聞社にも、時事通信社は国内ニュースを配信している。特に日本新聞協会に加盟できない聖教新聞(宗教団体機関紙)や世界日報(外資系)、あるいは政党紙(公明新聞、しんぶん赤旗)で一般ニュースを掲載する場合は、国内のニュースであれば時事通信、海外発なら時事通信の契約先であるAFP通信からの配信記事に依存することが多い。ただし、しんぶん赤旗はロイターと独自に契約しており、AFPからの記事が載ることは少ない。朝日新聞の『朝日新聞DIGITAL』では発表モノや発生モノの記事で、自社の記者が原稿を書き上げるまでの間、時事から配信を受けた記事を掲載して間を持たせることもある。時事通信社 フレッシュアイペディアより)

61件中 51 - 60件表示

「時事通信社」のニューストピックワード