28件中 11 - 20件表示
  • 千代大海龍二

    千代大海龍二から見た時天空慶晃時天空慶晃

    その2009年11月場所では、初日に時天空を叩き込み、2日目も鶴竜を押し出して2連勝スタート(この鶴竜戦が現役最後の白星となった)するも3日目からは8連敗を喫する。10日目の対朝青龍戦で立ち合い千代大海が先に突っ張るも、朝青龍の吊り出しにより敗北。2場所連続負け越しとなり、65場所続いた大関の地位(当時歴代1位、現在魁皇と並び1位タイ)からついに関脇へ陥落が決まってしまった。翌11日目からは前場所に続いて途中休場(不戦勝の相手は2場所連続で琴光喜であった)。大関復帰のチャンスを生かすため、場所前に表明した意向を変えることなく、次の2010年1月場所は1999年1月場所以来11年ぶりの関脇で出場することになった。なお2009年の幕内成績は30勝52敗8休で、同年幕内を6場所務めた力士の中では最低となり、また大関で年6場所務めて(公傷制度適用時を除く)の年間30勝もワーストタイの記録となってしまった(横綱を含めれば2002年の貴乃花光司の年間12勝に次ぐワースト記録)。千代大海龍二 フレッシュアイペディアより)

  • 朝青龍明徳

    朝青龍明徳から見た時天空慶晃時天空慶晃

    2005年と2006年に『いい旅・夢気分』(テレビ東京)に出演。2005年には弟弟子朝赤龍とともに神奈川県・丹沢山村で滝修行を行い、2006年には朝赤龍のほか旭天鵬、時天空のモンゴル出身力士4人で栃木県の日光を旅した。朝青龍明徳 フレッシュアイペディアより)

  • 隠岐の海歩

    隠岐の海歩から見た時天空慶晃時天空慶晃

    2010年3月場所の番付編成会議で東前頭12枚目と発表され、新入幕が決まった。島根県出身の関取では、1922年春場所(当時1月場所)で新入幕を果たした若常陸、太刀ノ海以来88年ぶり。また隠岐の島出身力士としては初めての幕内力士の誕生である。その3月場所の初日、新入幕となってから初めて幕内の土俵に立ち、時天空との初顔合わせでは、肩透かしで敗れた。3日目、玉乃島に寄り切りで勝ち、入幕後初白星を飾った。中盤まで負けが先行していたが終盤3連勝し、千秋楽で勝ち越しを決めた。5月場所の番付編成会議で自己最高位の西前頭10枚目と決まった。その5月場所は初日から6連敗し、7日目にようやく初白星を飾ったが、9日目に時天空に敗れ、負け越しとなった。隠岐の海歩 フレッシュアイペディアより)

  • 栃煌山雄一郎

    栃煌山雄一郎から見た時天空慶晃時天空慶晃

    高校卒業を待たずに2005年1月場所に澤井と同時に初土俵を踏む。初土俵から勝ち越しを続け、同年11月場所では7戦全勝で三段目優勝を果たし、翌2006年1月場所に幕下へ昇進し、西幕下3枚目の位置まで番付を上げた同年5月場所では5勝2敗という好成績を挙げたものの、幕下に陥落する力士が少なかったために場所後の十両昇進はならなかった。翌7月場所でも東幕下筆頭の位置で6勝1敗という好成績を挙げて、初土俵から1回も負け越すことなく、翌9月場所において新十両へ昇進した。初土俵から所要10場所での十両昇進は貴花田・朝青龍・露鵬・時天空と並ぶ史上9位タイのスピード記録となった。また、十両昇進と同時に四股名を本名の「影山」から「栃煌山」へと改めた。新十両の昇進会見では、色紙に「横綱になる」と記している。栃煌山雄一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 1979年

    1979年から見た時天空慶晃時天空慶晃

    9月10日 - 時天空慶晃、大相撲力士1979年 フレッシュアイペディアより)

  • 二枚蹴り

    二枚蹴りから見た時天空慶晃時天空慶晃

    現在では滅多に見られない非常に珍しい決まり手で、幕内では1972年5月場所11日目に前頭11枚目羽黒岩が同二枚目二子岳に、1998年1月場所14日目に、前頭11枚目琴龍が同7枚目敷島(現浦風)に決めて以来しばらく出ず、2007年3月場所7日目、小結時天空が大関琴欧洲に仕掛けるも、決まり手は下手投げになったこともあったが、2011年5月技量審査場所12日目、13年ぶりに前頭13枚目時天空が同8枚目翔天狼に対して決めた。直近でこの決まり手が記録されているのは、2013年1月場所14日目に前頭9枚目時天空が前頭12枚目佐田の富士に勝った時である。二枚蹴り フレッシュアイペディアより)

  • 阿覧欧虎

    阿覧欧虎から見た時天空慶晃時天空慶晃

    2009年7月場所11日目の時天空との一番で初めて水入りを経験しているが、本人は水入りを知らなかったため、なぜ行司が止めるかわからなかった(相撲は時天空に寄り切りで負けている)。同年9月場所9日目(9月21日)の高見盛(現振分)との一番で、はたきこむ際に高見盛のまげに指が入ってしまうという反則を行い自身初の反則負けとなった。反則の前には強烈な張り手を高見盛に十数発お見舞いした。高見盛は後で「俺はサンドバッグではない」とコメントしている。2009年11月場所5日目でも玉乃島(現西岩)戦でまげ掴みで反則負け。これは大相撲史上初の2場所連続反則負けである。阿覧欧虎 フレッシュアイペディアより)

  • 木村玉光 (16代)

    木村玉光 (16代)から見た時天空慶晃時天空慶晃

    2007年11月15日の11月場所4日目の関脇朝赤龍?前頭3枚目時天空戦では、朝赤龍の四股名を三度(呼び上げで二度、勝ち名乗りで一度)にわたり「朝青龍」と呼び間違えた。木村玉光 (16代) フレッシュアイペディアより)

  • 把瑠都凱斗

    把瑠都凱斗から見た時天空慶晃時天空慶晃

    5月場所 - 新入幕、所要12場所(前相撲から)は所要11場所の琴欧州に次ぎ、板井、小錦、栃東、朝青龍、時天空、嘉風と並び歴代2位タイ。11勝4敗で優勝次点、自身初の三賞・敢闘賞を受賞。把瑠都凱斗 フレッシュアイペディアより)

  • 雅山哲士

    雅山哲士から見た時天空慶晃時天空慶晃

    平幕に下がった翌2007年(平成19年)3月場所2日目の朝青龍との取組では、横綱の足をぐらつかせるほどの激しい突っ張りの後、寄り倒して勝った。これが自身初の金星であった。朝青龍は前日の初日に小結・時天空に敗れており、これで2連敗スタートとなった。2日連続で大阪府立体育館内を大量の座布団が舞った。雅山は自ら「荒れる春場所」の演出者となったのである。その後も7日目まで4勝3敗とまずまずの土俵だったが、7日目に旭天鵬を寄り切った際に、右の太ももを痛め、中日から休場してしまった。雅山哲士 フレッシュアイペディアより)

28件中 11 - 20件表示

「時天空慶晃」のニューストピックワード

  • 悪性リンパ腫に対する放射線治療のために少なくとも2カ月の通院加療ならびに自宅療養を要する

  • 放射線治療のため少なくとも2か月の通院加療並びに自宅療法を必要