52件中 11 - 20件表示
  • 間垣部屋

    間垣部屋から見た時天空慶晃時天空慶晃

    尚、18代間垣は2013年12月に退職し、2016年には時津風部屋所属だった小結・時天空が襲名したが、翌2017年1月31日に急逝した。間垣部屋 フレッシュアイペディアより)

  • 蹴手繰り

    蹴手繰りから見た時天空慶晃時天空慶晃

    元関脇の海乃山や藤ノ川、元小結の二子岳、元幕内の出羽湊、星岩涛が非常に得意とし、近年では時天空が比較的よく見せている。蹴手繰り フレッシュアイペディアより)

  • 木村一童

    木村一童から見た時天空慶晃時天空慶晃

    最終場所である2006年1月場所2日目、一童が裁いていた露鵬幸生 - 岩木山竜太戦で俵に躓いて転倒。その後の時天空慶晃 - 雅山哲士戦も裁くが、一童は翌日から休場。再出場もならず、結果的にこれが最後の裁きとなってしまった。木村一童 フレッシュアイペディアより)

  • 木村晃之助

    木村晃之助から見た時天空慶晃時天空慶晃

    2014年1月場所4日目、前頭13枚目時天空慶晃 - 同9枚目佐田の富士哲博の取組で、取り組み中の佐田の富士のまわしの結び目が解けるハプニングが発生した。一度勝負を止めて締めなおしたものの、再び解けてしまい2度目の廻し待ったとなった際には土俵下の勝負審判の指示を受けた嘉風が締め直しを手伝うために土俵に上がり、土俵上に力士が3人という珍事になった。晃之助は「関取に手伝っていただくことはできない。私は進行係だから」としてこれを断り、嘉風は控えへと戻っていったが、結局勝負が決した際には再び佐田の富士のまわしが緩んでいた。木村晃之助 フレッシュアイペディアより)

  • 2004年の相撲

    2004年の相撲から見た時天空慶晃時天空慶晃

    十両優勝 - 時天空慶晃(時津風部屋・12勝3敗)2004年の相撲 フレッシュアイペディアより)

  • 2005年の相撲

    2005年の相撲から見た時天空慶晃時天空慶晃

    技能賞 - 時天空慶晃(時津風部屋 モンゴル・トゥブ県出身)(初受賞) - 10勝5敗2005年の相撲 フレッシュアイペディアより)

  • 2004年のスポーツ

    2004年のスポーツから見た時天空慶晃時天空慶晃

    十両優勝 - 時天空慶晃(時津風部屋・12勝3敗)2004年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • 千代大海龍二

    千代大海龍二から見た時天空慶晃時天空慶晃

    その2009年11月場所では、初日に時天空を叩き込み、2日目も鶴竜を押し出して2連勝スタート(この鶴竜戦が現役最後の白星となった)するも3日目からは8連敗を喫する。10日目の対朝青龍戦で立合い千代大海が先に突っ張るも、朝青龍の吊り出しにより敗北。2場所連続負け越しとなり、65場所続いた大関の地位(当時歴代1位、現在魁皇と並び1位タイ)からついに関脇へ陥落が決まってしまった。翌11日目からは前場所に続いて途中休場(不戦勝の相手は2場所連続で琴光喜であった)。大関復帰のチャンスを生かすため、場所前に表明した意向を変えることなく、次の2010年1月場所は1999年1月場所以来11年ぶりの関脇で出場することになった。なお2009年の幕内成績は30勝52敗8休で、同年幕内を6場所務めた力士の中では最低となり、また大関で年6場所務めて(公傷制度適用時を除く)の年間30勝もワーストタイの記録となってしまった(横綱を含めれば2002年の貴乃花光司の年間12勝に次ぐワースト記録)。千代大海龍二 フレッシュアイペディアより)

  • アマチュア相撲

    アマチュア相撲から見た時天空慶晃時天空慶晃

    アルタンガダス・フチットバータル(小結・時天空慶晃、時津風部屋、モンゴル)アマチュア相撲 フレッシュアイペディアより)

  • 立合い

    立合いから見た時天空慶晃時天空慶晃

    過去には貴ノ花対富士櫻(現中村)、麒麟児(現北陣)対富士櫻など、役力士であっても時間前で立合って観客を沸かせた取組も多かったが、2000年代以降は極端に減っていった。近時では北桜(現式秀)などがしばしば行なっていた。最近の関取同士の取り組みで時間前の立合いが見られることは滅多に無い。しかし、2013年3月16日(3月場所7日目)の結び前の対時天空戦において白鵬が時間前の立合いを仕掛け勝利しているなど、現在でも稀にではあるが見ることができる。立合い フレッシュアイペディアより)

52件中 11 - 20件表示

「時天空慶晃」のニューストピックワード