52件中 21 - 30件表示
  • 木村玉光 (16代)

    木村玉光 (16代)から見た時天空慶晃時天空慶晃

    2007年11月15日の11月場所4日目の関脇朝赤龍?前頭3枚目時天空戦では、朝赤龍の四股名を三度 (呼び上げで二度、勝ち名乗りで一度) にわたり 「朝青龍」 と呼び間違えた。木村玉光 (16代) フレッシュアイペディアより)

  • 訃報 2017年1月

    訃報 2017年1月から見た時天空慶晃時天空慶晃

    1月31日 - 時天空慶晃、モンゴル出身の日本の元大相撲力士(* 1979年)訃報 2017年1月 フレッシュアイペディアより)

  • 白馬毅

    白馬毅から見た時天空慶晃時天空慶晃

    2008年10月に結婚し、2009年11月3日に長女が誕生したことを2010年に公表した。夫人は同じモンゴル出身の時天空の妹にあたる。なお、母親のエンフトヤは2009年6月から両国でモンゴル料理店「ウランバートル」を経営している 。白馬毅 フレッシュアイペディアより)

  • 朝赤龍太郎

    朝赤龍太郎から見た時天空慶晃時天空慶晃

    2007年11月14日の九州場所4日目の対時天空戦にて、行司の木村玉光から3回(呼び上げで2回、勝ち名乗りで1回)にわたり「朝青龍」と呼び間違えられた。なお、それまでの成績は3勝1敗と好調だったが、残りの11日間は全て敗れ、3勝12敗に終わった。朝赤龍太郎 フレッシュアイペディアより)

  • 2017年のスポーツ

    2017年のスポーツから見た時天空慶晃時天空慶晃

    31日 - 間垣慶晃(モンゴル、大相撲(元小結時天空)、* 1979年)2017年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • 双津竜順一

    双津竜順一から見た時天空慶晃時天空慶晃

    引退後は20年にわたり時津風部屋の部屋付きの親方として後進の指導に当たった後、2002年に定年を迎えた先代の時津風(元大関・豊山)の後継者に指名され、時津風部屋を継承した。部屋の師匠としては関脇豊ノ島小結時天空らを育成した。双津竜順一 フレッシュアイペディアより)

  • 時津海正博

    時津海正博から見た時天空慶晃時天空慶晃

    部屋の師匠としては自分で考えることと自らの意志で厳しい稽古を行うことが重要だと主張しており、稽古場で厳しさを発揮した時天空が死去したことで部屋の上下関係に対する意識や弟子の稽古態度などの面で弟子育成が危機感と隣合わせとなったが、それでも16代時津風は「無理やり(稽古を)やらせても強くならない」として力士達の自主性を重んじている。だらだらとした稽古を長時間行うのではなく、同じ時間の稽古でもより気合や力を入れて集中してやった方が良いと話している。時津海正博 フレッシュアイペディアより)

  • 高見盛精彦

    高見盛精彦から見た時天空慶晃時天空慶晃

    2007年3月23日、3月場所13日目の対時天空戦において、時天空の右張り手(すこしビンタに近い)を何発かくらい、最後は切り返しによって敗れた。花道を去ってゆく際、思わず「あの野郎…」ともらしていた。高見盛精彦 フレッシュアイペディアより)

  • 旭天鵬勝

    旭天鵬勝から見た時天空慶晃時天空慶晃

    旭鷲山と共に、日馬富士や時天空などといったモンゴル出身の力士たちから慕われている。朝青龍からも「アニキ」と呼ばれる。2012年5月場所での初優勝パレードの際には、白鵬が旗手を進んで買って出た。優勝パレードのオープンカーには、元の師匠である2代大島も同乗した。白鵬が2014年11月場所で大鵬と並ぶ32回目の優勝を達成した際にはパレードの旗手を務めた。現役最後の場所となった2015年7月場所では、その場所で優勝した白鵬の希望でパレードの旗手を務めた。旭天鵬勝 フレッシュアイペディアより)

  • 時津風部屋

    時津風部屋から見た時天空慶晃時天空慶晃

    2002年8月に14代が定年退職を迎えたため、部屋付き親方である13代錦島(元小結・双津竜)が15代時津風を襲名して部屋を継承した。その後、14代の時代に入門してきた豊ノ島と時天空が幕内へ昇進した。15代は弟子に「時(津)」「豊」「双」という字を含む四股名を付けることが多かった。時津風部屋 フレッシュアイペディアより)

52件中 21 - 30件表示

「時天空慶晃」のニューストピックワード