52件中 31 - 40件表示
  • 送り投げ

    送り投げから見た時天空慶晃時天空慶晃

    また2013年5月場所5日目には関脇・豪栄道が大関・琴奨菊にこの技で勝利したほか、2013年7月場所12日目の十両の取組で隆の山が青狼に、2013年9月場所7日目の十両の取組で朝赤龍が隆の山に、2015年3月場所4日目の幕内の取組で安美錦が時天空に、2015年11月場所7日目の幕内の取組で?安が北太樹に、それぞれこの技で勝利している。送り投げ フレッシュアイペディアより)

  • 間垣

    間垣から見た時天空慶晃時天空慶晃

    間垣(まがき)とは、日本相撲協会の年寄名跡のひとつで、初代・間垣が四股名として名乗っていたもので、その由来は定かではない。享保時代(1716年-1737年)に創設され、約300年の歴史をもつ由緒ある名跡である。2013年12月に年寄名跡証書が行方不明状態になっていると報じられていたが、2014年5月に当時現役の時天空慶晃が取得した。現在はその時天空の遺族が名跡を所持している。間垣 フレッシュアイペディアより)

  • 琴奨菊和弘

    琴奨菊和弘から見た時天空慶晃時天空慶晃

    時津風部屋の豊ノ島とは同年齢。小学校時代に出場した全国大会で初対面、以降も今日まで良きライバルにして親友という間柄で、初土俵も同期。優勝した2016年1月場所では唯一の黒星をつけられた。同期デビューだったこともあり、序ノ口、序二段で梶原(当時)に優勝をさらわれ、十両昇進も豊ノ島に1場所越されている。豊ノ島には27勝13敗(うち、不戦勝・不戦敗各1)と相性は良いが、豊ノ島の兄弟子の時天空を苦手としており、7勝16敗と大きく負け越しているが、大関昇進後は4連勝している。琴奨菊和弘 フレッシュアイペディアより)

  • 栃煌山雄一郎

    栃煌山雄一郎から見た時天空慶晃時天空慶晃

    大学進学も検討していたが、高校卒業直前には2005年1月場所に澤井と同時に初土俵を踏む。入門当初はおっつけや摺り足に課題があり、稽古で改善を重ねていった。そうして初土俵から勝ち越しを続け、同年11月場所では7戦全勝で三段目優勝を果たし、翌2006年1月場所に幕下へ昇進し、西幕下3枚目の位置まで番付を上げた同年5月場所では5勝2敗という好成績を挙げたものの、幕下に陥落する力士が少なかったために場所後の十両昇進はならなかった。翌7月場所でも東幕下筆頭の位置で6勝1敗という好成績を挙げて、初土俵から1回も負け越すことなく、翌9月場所において新十両へ昇進した。初土俵から所要10場所での十両昇進は貴花田・朝青龍・露鵬・時天空と並ぶ史上9位タイのスピード記録となった。また、十両昇進と同時に四股名を本名の「影山」から「栃煌山」へと改めた。「栃煌山」という四股名は、春日野親方と母親が相談して決めた。春日野部屋の多くの力士がつける「栃」、そこから煌めいて欲しいとの思いを込めて、「煌」そして本名の影山から「山」をとり、「栃煌山」となった。実は栃煌山自身は、記者会見当日まで四股名を知らされておらず、「記者の人たちに“四股名、どう思いますか?”“どういう由来ですか?”と言われたのですが、その時に初めて聞いたので返答に困りました」という。栃煌山雄一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 隠岐の海歩

    隠岐の海歩から見た時天空慶晃時天空慶晃

    2010年3月場所の番付編成会議で東前頭12枚目と発表され、新入幕が決まった。島根県出身の関取では、1922年春場所(当時1月場所)で新入幕を果たした若常陸、太刀ノ海以来88年ぶり。また隠岐の島出身力士としては初めての幕内力士の誕生である。その3月場所の初日、新入幕となってから初めて幕内の土俵に立ち、時天空との初顔合わせでは、肩透かしで敗れた。3日目、玉乃島に寄り切りで勝ち、入幕後初白星を飾った。中盤まで負けが先行していたが終盤3連勝し、千秋楽で8勝7敗と勝ち越しを決めた。隠岐の海歩 フレッシュアイペディアより)

  • 旭蒼天万来

    旭蒼天万来から見た時天空慶晃時天空慶晃

    父はモンゴル相撲と柔道の監督。父の教え子には朝青龍、日馬富士、朝赤龍、時天空、白馬、龍皇と、錚々たる関取衆がいる。当のエンクマンライは相撲には全く興味がなく、バスケット、アイススケートに夢中であった。入門直前に相撲の良さを知り、2011年6月に来日し、当時の高島部屋に入門。しかし新弟子検査を受ける前に高島部屋は所属力士0人となったため消滅に至り、同年7月場所に春日山部屋の力士として新弟子検査を受けた。このため、公式記録上は高島部屋の所属力士であったことはない。興行ビザの獲得のため初土俵は9月場所。当時の四股名は高春日望(たかかすが のぞみ)であり、これは見習いとしての自分の世話をしてくれた13代高島の現役時代の四股名「高望山」から「高」を取り、新しい師匠の20代春日山の現役時の四股名「春日富士」から「春日」を取って作られたものである。初土俵から2年余りの2013年11月場所に幕下に昇進するなどある程度の実力は持っていた。しかし所属していた春日山部屋は、21代春日山(元前頭・濱錦)の師匠辞任勧告により2016年10月19日に閉鎖され、高春日を含めた旧春日山勢は追手風部屋預かりとなった。その後、2017年2月3日日本相撲協会より1月26日付で15代中川が師匠として旧春日山部屋の再独立が認められたことが発表され、所属部屋が中川部屋となった。中川部屋力士となってからしばらくして、15代中川の勧めで高春日をかわいがっている後援者の種子島という人物から名前を貰い、2017年5月場所から四股名を種子島万来(たねがしま まんらい)と名乗ることにした。元々太れない体質だが、1日4食から5食を食べ、そのほかにもプロテインと夜食を口にしている。食事は稽古よりも厳しいが、体を大きくするために頑張っている。春日山部屋時代までは四つ相撲であったが、中川部屋所属となってからは相撲も押しに変えている。2017年11月場所から旭蒼天(きょくそうてん)へ再改名。旭蒼天万来 フレッシュアイペディアより)

  • 合口

    合口から見た時天空慶晃時天空慶晃

    時天空慶晃(小結) 16-7 琴奨菊和弘(大関)合口 フレッシュアイペディアより)

  • 把瑠都凱斗

    把瑠都凱斗から見た時天空慶晃時天空慶晃

    5月場所 - 新入幕、所要12場所(前相撲から)は所要11場所の琴欧州に次ぎ、板井、小錦、栃東、朝青龍、時天空、嘉風と並び歴代2位タイ。11勝4敗で優勝次点、自身初の三賞・敢闘賞を受賞。把瑠都凱斗 フレッシュアイペディアより)

  • 2016年のスポーツ

    2016年のスポーツから見た時天空慶晃時天空慶晃

    8日 - 【大相撲】 元小結で現在は十両にいる時天空慶晃が悪性リンパ腫のため闘病中であることを師匠の時津風親方が明らかにした。これにより昨年の九州場所に続いて1月10日からの初場所も休場。さらに3月の春場所では幕下に陥落することが確実となった。2016年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • 東京農業大学短期大学部

    東京農業大学短期大学部から見た時天空慶晃時天空慶晃

    相撲部は、第14代時津風(豊山勝男)が農大出身という関係から、時津風部屋と関係が深く、卒業後角界入りする者はほとんどが時津風部屋に入門している。現に、時津風部屋の16代時津風(時津海正博)をはじめ、時天空慶晃は農大卒業生である。東京農業大学短期大学部 フレッシュアイペディアより)

52件中 31 - 40件表示

「時天空慶晃」のニューストピックワード