52件中 41 - 50件表示
  • 正代直也

    正代直也から見た時天空慶晃時天空慶晃

    得意技は右四つ、寄り。もろ差しや掬い投げも得意とする。胸から強く当たり、相手の上体を起こして右を差す取り口。また他の力士には無い独特のやわらかさを誇り、後述のように課題の残る立合いの為、最初から守勢に回ることが多い反面、その柔らかさで相手の攻めを凌いで白星を拾う相撲も多い。2016年5月場所前の報道では、部屋の稽古場で兄弟子の豊ノ島が「最初からまわしを取りにいくと、勝てなくなってきた」と漏らしたことが伝えられた。しかし立合いで先制されると、あっさり後退する場面が目立つ。本人はこれについて「立ち遅れを避けたいし、当たり負けした時の対処もまだまだ」と自覚している。2016年9月場所前に開かれた座談会では36代木村庄之助が「今の正代は、結構前さばきもうまいじゃないですか」と評している。差せなくても引き技には頼らない傾向にある。2016年11月場所前の座談会では中立から「多分、強く当たろうと思えば思うほど、胸を広げると思うんだよね。だから、強く当たろうじゃなくて、普通に当たるぐらいでいいと思う」と分析しており、同席していた西岩は「天井を向くような立ち合いですね。自分も人のことを言えるようなあれではなかったですが(笑)。ただ、彼はまだ若いし修正はいくらでも効くんじゃないですか」と話している。本人は2016年9月場所前のインタビューで「本当ならもう少し状態を低くして立ち合いの勢いのまま、自分の形を作っていくのが一番いいんですけど。自分の悪い癖というか、どうしても待って受けてしまうんで、土俵際までかけて何とか相手の勢いを止めてから、という相撲が多いですね」とその同年5月場所と7月場所の相撲を振り返っており、加えて「前は自分の相撲を取り切ることだけを考えていて、相手によって立ち合いを変えることはなかったのですが、相手が左四つなら左を差させないとか、廻しを欲しがる相手なら取られないようにとか、ちょっとは意識するようになりました」戸と陸地の変化を語っている。元琴錦の朝日山は2017年1月場所前の論評で、上体が柔らかいため突き押しの力を吸収することや下から掬って相手の手を跳ね上げながら二本を差すことなどに触れており、体つきは違うが兄弟子の豊ノ島とタイプが同じであると分析している。同時に朝日山は「正代の相撲で関脇まで上がれたのは不思議」「今の幕内のレベルは明らかに落ちています。正代は今の時代にいて幸せ者です」と正代の取り口に対して辛辣な評価を下した。そして今後の課題として立合いで背中を丸めて立つことと稽古場で差さないことを挙げており、時に突っ張りや前ミツ、ハズ押しなどの技術を使いつつ馬力を付けることを具体的にアドバイスしている。それほど稽古熱心ではないが一門の横綱である鶴竜や弟弟子の小柳(現・豊山)など稽古相手に恵まれ、時天空が元気であったころは彼にも胸を出してもらって力を付けた。2017年7月場所前、舞の海は自身のコラムで「やや腰高なんですが、相手の隙を見て寄っていく、絶妙な相撲を取るんです。立い腰でも強い力士はいます。正代もあの体勢で強化してきたので、その相撲を伸ばした方がいいと思います。今から、膝を曲げて前傾姿勢でやろうとしたら、相撲が崩れてしまう可能性があります」と正代の取り口について私見を述べている。2017年7月場所前の二子山(元大関・雅山)コラムでは、突き押しに弱い点を指摘されている。四つ相撲の取り手だがツラ相撲傾向がある。正代直也 フレッシュアイペディアより)

  • 玉鷲一朗

    玉鷲一朗から見た時天空慶晃時天空慶晃

    時天空との対戦成績は3勝10敗で分が悪く、過去に5連敗を2度喫したことがある。玉鷲一朗 フレッシュアイペディアより)

  • 2017年の相撲

    2017年の相撲から見た時天空慶晃時天空慶晃

    1月31日 - 時天空慶晃(最高位:小結、所属:時津風部屋、年寄:間垣、* 1979年(昭和54年))2017年の相撲 フレッシュアイペディアより)

  • 2016年の相撲

    2016年の相撲から見た時天空慶晃時天空慶晃

    25日 - 【大相撲】元小結の時天空が引退し、年寄「間垣」を襲名した。2016年の相撲 フレッシュアイペディアより)

  • 大相撲平成28年7月場所

    大相撲平成28年7月場所から見た時天空慶晃時天空慶晃

    8月25日、元小結の時天空が引退し、年寄「間垣」を襲名した。大相撲平成28年7月場所 フレッシュアイペディアより)

  • 裾払い

    裾払いから見た時天空慶晃時天空慶晃

    近年では、時天空が得意としており、2015年(平成27年)5月場所9日目の十両最後の一番で天風に、同年7月場所6日目の幕内の取組で琴勇輝にこの決まり手で勝利。裾払い フレッシュアイペディアより)

  • 1979年

    1979年から見た時天空慶晃時天空慶晃

    9月10日 - 時天空慶晃、大相撲力士(+ 2017年)1979年 フレッシュアイペディアより)

  • 稀勢の里寛

    稀勢の里寛から見た時天空時天空慶晃

    元大関・琴奨菊には30勝36敗(不戦勝1回・不戦敗2回)と拮抗しながら負け越しているが、2012年5月場所から2013年3月場所まで5連勝していた。しかし2013年5月場所では寄り倒しで敗れて、幕内初優勝の可能性がなくなった。尚、琴奨菊との幕内取組数は2016年3月場所時点で59回目となったが、これは武蔵丸-貴ノ浪戦の58回を超え、史上単独の最多記録を達成。現在は幕内対戦66回と記録更新中である。近年の対戦は2018年1月場所4日目に突き落としで敗れ、平幕・琴奨菊に金星配給となった(琴奨菊は時天空に7勝16敗、魁皇に12勝16敗と負け越しているが、稀勢の里は時天空に13勝6敗、魁皇に16勝12敗と勝ち越している)。稀勢の里寛 フレッシュアイペディアより)

  • 稀勢の里寛

    稀勢の里寛から見た時天空慶晃時天空慶晃

    3月場所は初日から栃乃若と栃煌山に連敗。5日目には時天空に敗れ2勝3敗と黒星が先行し、これが響いて9勝6敗に終わったものの、8日目に鶴竜、13日目には白鵬、14日目には把瑠都に勝利するなど存在感を示した。稀勢の里寛 フレッシュアイペディアより)

  • 朝青龍明徳

    朝青龍明徳から見た時天空慶晃時天空慶晃

    2005年と2006年に『いい旅・夢気分』(テレビ東京)に出演。2005年には弟弟子朝赤龍とともに神奈川県・丹沢山村で滝修行を行い、2006年には朝赤龍のほか旭天鵬、時天空のモンゴル出身力士4人で栃木県の日光を旅した。朝青龍明徳 フレッシュアイペディアより)

52件中 41 - 50件表示

「時天空慶晃」のニューストピックワード