81件中 11 - 20件表示
  • 時天空慶晃

    時天空慶晃から見た鶴竜力三郎

    2013年9月場所千秋楽、横綱日馬富士の露払いを務めている安美錦がこの日を休場したため、急遽代役として露払いを務めた。花相撲などでは経験があるが、本場所で横綱土俵入りの露払いを務めたのは初めてのことだった。通常は本場所では横綱と同じ部屋ないしは同じ一門から担当者を選ぶ慣例があるため、一門の枠を越えて抜擢されたのは、極めて異例の事だった。その直後の10月7日に明治神宮で行われた日馬富士の奉納土俵入りでも安美錦の代役を務めたが、その2日前に西新井大師で横綱白鵬の太刀持ちをしたばかりだったことも影響してか、露払いでありながら誤って太刀持ちの位置に蹲踞してしまう大失態を犯した。その後は、2014年になってから白鵬の土俵入りを担当していた力士が諸事情で降板して伊勢ヶ濱一門内に適任者が不在となってしまったという理由で、前述の病気になるまで白鵬の露払いを務めていた(一門内に別の横綱がいるにも関わらず、一門外の横綱の正露払いを務めるのは異例中の異例のことであった。ちなみに、同部屋の豊ノ島も正太刀持ちを任命されている)。時天空慶晃 フレッシュアイペディアより)

  • 時天空慶晃

    時天空慶晃から見た阿覧欧虎

    2009年(平成21年)7月場所11日目 対阿覧戦 ○寄り切り時天空慶晃 フレッシュアイペディアより)

  • 時天空慶晃

    時天空慶晃から見た白鵬翔

    2013年9月場所千秋楽、横綱日馬富士の露払いを務めている安美錦がこの日を休場したため、急遽代役として露払いを務めた。花相撲などでは経験があるが、本場所で横綱土俵入りの露払いを務めたのは初めてのことだった。通常は本場所では横綱と同じ部屋ないしは同じ一門から担当者を選ぶ慣例があるため、一門の枠を越えて抜擢されたのは、極めて異例の事だった。その直後の10月7日に明治神宮で行われた日馬富士の奉納土俵入りでも安美錦の代役を務めたが、その2日前に西新井大師で横綱白鵬の太刀持ちをしたばかりだったことも影響してか、露払いでありながら誤って太刀持ちの位置に蹲踞してしまう大失態を犯した。その後は、2014年になってから白鵬の土俵入りを担当していた力士が諸事情で降板して伊勢ヶ濱一門内に適任者が不在となってしまったという理由で、前述の病気になるまで白鵬の露払いを務めていた(一門内に別の横綱がいるにも関わらず、一門外の横綱の正露払いを務めるのは異例中の異例のことであった。ちなみに、同部屋の豊ノ島も正太刀持ちを任命されている)。時天空慶晃 フレッシュアイペディアより)

  • 時天空慶晃

    時天空慶晃から見た魁皇博之

    新小結の初日は横綱・朝青龍から勝利を挙げた。一度は土俵際まで攻められるも素早く体位を入れ替え、朝青龍の腰に後ろからしがみついた。そして朝青龍が無理に向きを変えようとしたところをついて送り倒した。その日は既に3大関が敗れており波乱の形相を呈していたが、朝青龍の手がついた途端館内の熱気は最高潮に達し、座布団が乱れ飛んだ。2006年後半から、上位に対して白星を挙げられるようになってきてはいたが、この場所も魁皇・琴欧洲の2大関を倒す活躍を見せ、最終的には7勝8敗と負け越してしまったものの、勝ち星を挙げた取組には、内容のいいものが多かった。しかし対横綱戦白星は生涯に渡ってこれ以降挙げられず、最終的な対横綱戦成績は1勝24敗に終わっている。5月場所では西前頭筆頭となり、8勝7敗と勝ち越し、7月場所では再び三役に番付を戻した。5月、7月では、なかなか本来の相撲が取れなかったが、7月場所の千秋楽では高見盛を内掛けで崩しながら寄り切った。久々に時天空らしさがのぞいた一番であったが、9月場所ではやはり本来の形が出ず、6勝9敗に終わった。足技、突っ張りに加えて、体重を増やすと同時に正攻法の攻めも習得し、これが上位に対して通用するようになっている一因とも言える。突っ張りには定評があり、2011年1月場所11日目の『どすこいFM』では千賀ノ浦が時天空に突っ張りの勧めを説き、その場所を体調不良の状態で迎えた時天空に対して「突っ張りはジャブだから、突き切らなくてもいい」と助言し、下角アナウンサーも「時津風親方も『どうして突っ張らないのか』とか言っていました」と証言した。11月場所では3場所ぶりに勝ち越しを決めた。本人は2008年の目標として、三役への復帰と定着、さらに三賞の獲得を掲げたが、11月場所まで6場所連続で負け越し、勝ち越しのない一年となった。時天空慶晃 フレッシュアイペディアより)

  • 時天空慶晃

    時天空慶晃から見た琴欧洲勝紀

    新小結の初日は横綱・朝青龍から勝利を挙げた。一度は土俵際まで攻められるも素早く体位を入れ替え、朝青龍の腰に後ろからしがみついた。そして朝青龍が無理に向きを変えようとしたところをついて送り倒した。その日は既に3大関が敗れており波乱の形相を呈していたが、朝青龍の手がついた途端館内の熱気は最高潮に達し、座布団が乱れ飛んだ。2006年後半から、上位に対して白星を挙げられるようになってきてはいたが、この場所も魁皇・琴欧洲の2大関を倒す活躍を見せ、最終的には7勝8敗と負け越してしまったものの、勝ち星を挙げた取組には、内容のいいものが多かった。しかし対横綱戦白星は生涯に渡ってこれ以降挙げられず、最終的な対横綱戦成績は1勝24敗に終わっている。5月場所では西前頭筆頭となり、8勝7敗と勝ち越し、7月場所では再び三役に番付を戻した。5月、7月では、なかなか本来の相撲が取れなかったが、7月場所の千秋楽では高見盛を内掛けで崩しながら寄り切った。久々に時天空らしさがのぞいた一番であったが、9月場所ではやはり本来の形が出ず、6勝9敗に終わった。足技、突っ張りに加えて、体重を増やすと同時に正攻法の攻めも習得し、これが上位に対して通用するようになっている一因とも言える。突っ張りには定評があり、2011年1月場所11日目の『どすこいFM』では千賀ノ浦が時天空に突っ張りの勧めを説き、その場所を体調不良の状態で迎えた時天空に対して「突っ張りはジャブだから、突き切らなくてもいい」と助言し、下角アナウンサーも「時津風親方も『どうして突っ張らないのか』とか言っていました」と証言した。11月場所では3場所ぶりに勝ち越しを決めた。本人は2008年の目標として、三役への復帰と定着、さらに三賞の獲得を掲げたが、11月場所まで6場所連続で負け越し、勝ち越しのない一年となった。時天空慶晃 フレッシュアイペディアより)

  • 時天空慶晃

    時天空慶晃から見た豊ノ島大樹

    その間に2002年7月場所に前相撲から初土俵。同期7人の中で1番目に出世を決めた。翌場所から3場所連続全勝優勝(三段目では同部屋の豊ノ島を優勝決定戦で下している)。板井の26連勝に次ぐ序ノ口からの22連勝を記録した。柔道経験を活かして二枚蹴りや内掛けといった足癖を見せた。序二段では優勝決定戦を含め8番のうち6番の決まり手が足技(掛け手)であった。2004年3月場所には十両昇進。十両を2場所で通過し、7月場所には初土俵から所要12場所の史上最速タイ(当時)で新入幕を果たした。2005年5月場所では相手の安馬(後の日馬富士)の背後をとって、柔道のすくい投げを思わせる豪快な足取り(モンゴル相撲のホンゴトフという技)を決めて勝ち、館内を沸かせた。翌場所には逆に足を取られたものの1分近くその体勢で耐えたが、惜しくも敗れた。同年9月場所はまたも同じく安馬戦で、6分半を超える水入りの相撲をとったが、敗れた。入門してから入幕後しばらくした頃までは稽古熱心な力士として知られ、後年本人は稽古をやればやるほど結果となって成果が表れたと若手時代を振り返っている。特に豊ノ島との稽古は喧嘩のように激しかったと言い、豊ノ島との三段目優勝決定戦当日の朝は時津風が「もうやめなさい」と掛け声を出すまで三番稽古で火花を散らしていた。時天空慶晃 フレッシュアイペディアより)

  • 時天空慶晃

    時天空慶晃から見た安美錦竜児

    2013年9月場所千秋楽、横綱日馬富士の露払いを務めている安美錦がこの日を休場したため、急遽代役として露払いを務めた。花相撲などでは経験があるが、本場所で横綱土俵入りの露払いを務めたのは初めてのことだった。通常は本場所では横綱と同じ部屋ないしは同じ一門から担当者を選ぶ慣例があるため、一門の枠を越えて抜擢されたのは、極めて異例の事だった。その直後の10月7日に明治神宮で行われた日馬富士の奉納土俵入りでも安美錦の代役を務めたが、その2日前に西新井大師で横綱白鵬の太刀持ちをしたばかりだったことも影響してか、露払いでありながら誤って太刀持ちの位置に蹲踞してしまう大失態を犯した。その後は、2014年になってから白鵬の土俵入りを担当していた力士が諸事情で降板して伊勢ヶ濱一門内に適任者が不在となってしまったという理由で、前述の病気になるまで白鵬の露払いを務めていた(一門内に別の横綱がいるにも関わらず、一門外の横綱の正露払いを務めるのは異例中の異例のことであった。ちなみに、同部屋の豊ノ島も正太刀持ちを任命されている)。時天空慶晃 フレッシュアイペディアより)

  • 時天空慶晃

    時天空慶晃から見た稀勢の里寛

    2009年1月場所は13日目に8勝目を挙げ、7場所ぶりの勝ち越しを決めた。2010年1月場所では右足を痛めて10日目から初の休場となり、番付を東前頭13枚目まで下げた。しかし3月場所では、自身初の初日からの8連勝で中日に勝ち越しを決め、10勝5敗と2006年7月場所以来の二桁白星を記録した。以来順調に勝ち越しを続けていたが、2010年9月場所で2勝13敗と大敗し、再び番付を下げることとなった。久々に上位に番付を戻した2012年3月場所は3勝12敗と大きく負け越したが、5日目に大関稀勢の里を得意の蹴手繰りで破った。同年11月場所は、初日に北の富士からNHK大相撲中継で「(時天空は)稽古場では本当に充実した稽古してるんですよね?、でも本場所に来ると飛んだり跳ねたりだからねえ」と、ベテランの域に入っても稽古熱心であることを伝えられたと同時に相撲ぶりを残念がられた。この場所は初日から5連敗し、中日から5連勝したものの7勝8敗の負け越しに終わっている。時天空慶晃 フレッシュアイペディアより)

  • 時天空慶晃

    時天空慶晃から見た栃東大裕

    2006年9月場所初日に、栃東に勝ち、大関から初の白星を挙げた。この日は27歳の誕生日でもあり、取組後のインタビューで「この日に自分を産んでくれた母に感謝します」とコメントし、さらに「お母さんに一言」と言われて、「バヤルララー」(モンゴル語のありがとう)と答えた。時天空慶晃 フレッシュアイペディアより)

  • 時天空慶晃

    時天空慶晃から見た豊山勝男

    その反面、いたずら好きな一面も持ち合わせていた。2008年のロサンゼルス巡業において記者とアウトレットへ出向く際に、その場で鉢合わせた高見盛精彦を強引にタクシーの助手席へ押し込んだ。時天空は、パニックになる高見盛を尻目にほくそ笑んでいたといい、その姿はまさに「ガキ大将」だったという。その一方で豊山勝男は時天空の葬儀の際に「真面目ないい子だった。私生活でもほとんど手を煩わされることが無かった」といい、千代翔馬富士雄は「優しくて、間違ったらちゃんと教えてくれた先輩」、青狼は「思い出はたくさんあります。子どものころから知り合い。親同士が友だちだった」と沈痛な面持ちだった。時天空慶晃 フレッシュアイペディアより)

81件中 11 - 20件表示

「時天空慶晃」のニューストピックワード