81件中 21 - 30件表示
  • 時天空慶晃

    時天空慶晃から見た大相撲

    時天空 慶晃(ときてんくう よしあき、1979年9月10日 - 2017年1月31日 、本名同じ、旧名・モンゴル名:アルタンガダシーン・フチットバータル(モンゴル語キリル文字表記:''、ラテン文字転写:Altangadasyn Khüchitbaatar))は、モンゴル国ウランバートル市出身の元大相撲力士。時天空慶晃 フレッシュアイペディアより)

  • 時天空慶晃

    時天空慶晃から見たウランバートル

    時天空 慶晃(ときてんくう よしあき、1979年9月10日 - 2017年1月31日 、本名同じ、旧名・モンゴル名:アルタンガダシーン・フチットバータル(モンゴル語キリル文字表記:''、ラテン文字転写:Altangadasyn Khüchitbaatar))は、モンゴル国ウランバートル市出身の元大相撲力士。時天空慶晃 フレッシュアイペディアより)

  • 時天空慶晃

    時天空慶晃から見た多賀竜昇司

    その数日後の9日目の翔天狼戦でも同様に「1番で2度のまわし待った」が起こり、この1番では待ったの際両者が体を離したため元の体勢に戻すのに手間取る一幕もあった。翔天狼は「先場所から10キロ近く太ったから、まわしが短くなった。買いたいんだけど」と弁明するも、この1月場所5日目から東西の支度部屋の入り口に『まわしはほどけないようにしっかりしめること』と張り紙で注意を促していた矢先に起こった失態であるだけに審判部を怒らせる騒ぎとなり、鏡山審判部長(元関脇・多賀竜)はこれを受けて「下のものにも示しがつかない。今度、師匠会で(審判部長の)伊勢ヶ濱さんが言うと思うよ。部屋のほうにも」と親方衆に再通達することを明かした。時天空慶晃 フレッシュアイペディアより)

  • 時天空慶晃

    時天空慶晃から見た水戸龍聖之

    モンゴル出身力士で初めて日本の大学を卒業した力士である。後に、日本の大卒資格を持つモンゴル人力士は出たが、2018年1月場所で水戸龍(日本大学卒)が十両へ昇進することが決まるまでは、時天空が唯一の関取であった。卒業論文のタイトルは「ダイナミックモデルを利用したモンゴル国の人口動態に関する研究」であり、日本語で執筆した。時天空慶晃 フレッシュアイペディアより)

  • 時天空慶晃

    時天空慶晃から見た正代直也

    2016年8月25日、日本相撲協会の理事会は時天空の現役引退と、年寄・間垣の襲名を理事会で承認した。引退会見には紋付袴を着ずにスーツ姿で応じていた。番付編成会議後に引退を表明したため、9月場所の番付には東三段目87枚目に四股名が残っている。三役経験者の三段目陥落は史上6人目の記録である。引退後は年寄として業務に当たり、2016年9月場所5日目ではNHKの大相撲中継で中入り後の向正面解説席に座り、生放送で全国のファンに姿と声を届けたが、程なく病状が悪化、同年11月場所からは療養に専念していた。時津風によると、寝たきりで入院中も正代の取り組みになると車椅子に起き上がりテレビを凝視していたという。2017年1月30日に呼吸困難を訴えて急遽慶應義塾大学病院へ救急搬送され、同年1月31日午前1時12分、悪性リンパ腫のため同病院で死去。。時天空慶晃 フレッシュアイペディアより)

  • 時天空慶晃

    時天空慶晃から見た佐田の富士哲博

    2014年1月場所4日目の佐田の富士-時天空戦では珍事が起こった。佐田の富士の締め込みが緩んでいたので「まわし待った」がかかったのだが、その際は時天空が佐田の富士の廻しの結び目近くを握っていたので両者がそのままの体勢では担当行司の木村晃之助が廻しを十分に締め込むことができず結局1度目の「まわし待った」から再開した直後に行司が締め込み不十分と判断して間髪入れず2度目の「まわし待った」を宣告した。見かねた朝日山審判長(元大関・大受)は土俵に上がって締め込みを手伝うよう土俵下に控える嘉風へ指示したが、担当行司が「関取に手伝っていただくわけにはいかない」と断り、結局佐田の富士の締め込みが緩んだまま再開されることとなり、勝負は時天空が寄り切りで制した。時天空慶晃 フレッシュアイペディアより)

  • 時天空慶晃

    時天空慶晃から見た板井圭介

    その間に2002年7月場所に前相撲から初土俵。同期7人の中で1番目に出世を決めた。翌場所から3場所連続全勝優勝(三段目では同部屋の豊ノ島を優勝決定戦で下している)。板井の26連勝に次ぐ序ノ口からの22連勝を記録した。柔道経験を活かして二枚蹴りや内掛けといった足癖を見せた。序二段では優勝決定戦を含め8番のうち6番の決まり手が足技(掛け手)であった。2004年3月場所には十両昇進。十両を2場所で通過し、7月場所には初土俵から所要12場所の史上最速タイ(当時)で新入幕を果たした。2005年5月場所では相手の安馬(後の日馬富士)の背後をとって、柔道のすくい投げを思わせる豪快な足取り(モンゴル相撲のホンゴトフという技)を決めて勝ち、館内を沸かせた。翌場所には逆に足を取られたものの1分近くその体勢で耐えたが、惜しくも敗れた。同年9月場所はまたも同じく安馬戦で、6分半を超える水入りの相撲をとったが、敗れた。入門してから入幕後しばらくした頃までは稽古熱心な力士として知られ、後年本人は稽古をやればやるほど結果となって成果が表れたと若手時代を振り返っている。特に豊ノ島との稽古は喧嘩のように激しかったと言い、豊ノ島との三段目優勝決定戦当日の朝は時津風が「もうやめなさい」と掛け声を出すまで三番稽古で火花を散らしていた。時天空慶晃 フレッシュアイペディアより)

  • 時天空慶晃

    時天空慶晃から見た千代翔馬富士雄

    その反面、いたずら好きな一面も持ち合わせていた。2008年のロサンゼルス巡業において記者とアウトレットへ出向く際に、その場で鉢合わせた高見盛精彦を強引にタクシーの助手席へ押し込んだ。時天空は、パニックになる高見盛を尻目にほくそ笑んでいたといい、その姿はまさに「ガキ大将」だったという。その一方で豊山勝男は時天空の葬儀の際に「真面目ないい子だった。私生活でもほとんど手を煩わされることが無かった」といい、千代翔馬富士雄は「優しくて、間違ったらちゃんと教えてくれた先輩」、青狼は「思い出はたくさんあります。子どものころから知り合い。親同士が友だちだった」と沈痛な面持ちだった。時天空慶晃 フレッシュアイペディアより)

  • 時天空慶晃

    時天空慶晃から見た白馬毅

    妹は同じモンゴル出身の白馬と2008年に結婚した。時天空慶晃 フレッシュアイペディアより)

  • 時天空慶晃

    時天空慶晃から見た旭富士正也

    その数日後の9日目の翔天狼戦でも同様に「1番で2度のまわし待った」が起こり、この1番では待ったの際両者が体を離したため元の体勢に戻すのに手間取る一幕もあった。翔天狼は「先場所から10キロ近く太ったから、まわしが短くなった。買いたいんだけど」と弁明するも、この1月場所5日目から東西の支度部屋の入り口に『まわしはほどけないようにしっかりしめること』と張り紙で注意を促していた矢先に起こった失態であるだけに審判部を怒らせる騒ぎとなり、鏡山審判部長(元関脇・多賀竜)はこれを受けて「下のものにも示しがつかない。今度、師匠会で(審判部長の)伊勢ヶ濱さんが言うと思うよ。部屋のほうにも」と親方衆に再通達することを明かした。時天空慶晃 フレッシュアイペディアより)

81件中 21 - 30件表示

「時天空慶晃」のニューストピックワード