81件中 31 - 40件表示
  • 時天空慶晃

    時天空慶晃から見たビリヤード

    ビリヤードの腕前はかなりのものと言われる。時天空慶晃 フレッシュアイペディアより)

  • 時天空慶晃

    時天空慶晃から見た抗がん剤

    2015年11月場所、「右肋骨骨折により全治2か月」の診断書が提出され、初日より全休。しかし幕内から十両の地位へ陥落した翌2016年1月場所前、師匠の16代時津風から悪性リンパ腫で闘病中であり、抗がん剤の投与により当面入院加療との診断が下されたことが公表された。今後については治療が4月頃までかかる見込みであるために師匠の時津風は「本人とよく話し合う」との意思を示している。これにより1月場所の休場を発表し、その後の場所も休場を続けた。「できたら1回、土俵に上がりたい」と願い、抗がん剤治療の副作用で髪が抜けることを覚悟し、2015年11月場所前には都内でひっそりと身内だけでの“断髪式”を行い、病と闘った。最初は合わなかった抗がん剤も種類を変え、次第に効果が表れたために、腫瘍は小さくなり、復帰の為にジムで体を動かし始めたが、全休続きで番付が西三段目26枚目まで落ちた事もあり、後述の通り復帰を断念し、2016年9月場所から年寄として後進の育成を行う事となった。時天空慶晃 フレッシュアイペディアより)

  • 時天空慶晃

    時天空慶晃から見た時津風部屋

    時津風部屋に入門し、2002年7月場所で初土俵を踏む。2004年3月場所には十両に昇進し、同年7月場所には初入幕を果たす。2007年7月場所には最高位となる東小結まで昇進した。しかし悪性リンパ腫を発症して休場が続き、復帰に向け闘病を続けたが叶わず、2016年8月25日に引退し年寄・間垣を襲名、時津風部屋付きの親方となった。引退後は後進の指導や日本相撲協会の業務にあたったが、2017年1月にこの世を去った。時天空慶晃 フレッシュアイペディアより)

  • 時天空慶晃

    時天空慶晃から見た力士

    時天空 慶晃(ときてんくう よしあき、1979年9月10日 - 2017年1月31日 、本名同じ、旧名・モンゴル名:アルタンガダシーン・フチットバータル(モンゴル語キリル文字表記:''、ラテン文字転写:Altangadasyn Khüchitbaatar))は、モンゴル国ウランバートル市出身の元大相撲力士時天空慶晃 フレッシュアイペディアより)

  • 時天空慶晃

    時天空慶晃から見た読売ジャイアンツ

    読売ジャイアンツのファンであった。時天空慶晃 フレッシュアイペディアより)

  • 時天空慶晃

    時天空慶晃から見た明治神宮

    2013年9月場所千秋楽、横綱日馬富士の露払いを務めている安美錦がこの日を休場したため、急遽代役として露払いを務めた。花相撲などでは経験があるが、本場所で横綱土俵入りの露払いを務めたのは初めてのことだった。通常は本場所では横綱と同じ部屋ないしは同じ一門から担当者を選ぶ慣例があるため、一門の枠を越えて抜擢されたのは、極めて異例の事だった。その直後の10月7日に明治神宮で行われた日馬富士の奉納土俵入りでも安美錦の代役を務めたが、その2日前に西新井大師で横綱白鵬の太刀持ちをしたばかりだったことも影響してか、露払いでありながら誤って太刀持ちの位置に蹲踞してしまう大失態を犯した。その後は、2014年になってから白鵬の土俵入りを担当していた力士が諸事情で降板して伊勢ヶ濱一門内に適任者が不在となってしまったという理由で、前述の病気になるまで白鵬の露払いを務めていた(一門内に別の横綱がいるにも関わらず、一門外の横綱の正露払いを務めるのは異例中の異例のことであった。ちなみに、同部屋の豊ノ島も正太刀持ちを任命されている)。時天空慶晃 フレッシュアイペディアより)

  • 時天空慶晃

    時天空慶晃から見たFacebook

    Facebookのアカウントを所有していた。時天空慶晃 フレッシュアイペディアより)

  • 時天空慶晃

    時天空慶晃から見た日本放送協会

    翌年3月場所初日には横綱朝青龍から初めて白星を挙げた。取組後のインタビュー中は、笑顔が無く目が潤んだような状態で、アナウンサーの問いかけにも上の空だったが、翌日のNHKの大相撲中継で、インタビュー後に風呂に入っているうちに、喜びがじわじわ沸いてきたという本人のコメントが紹介された。また、この時のインタビューでは「突っ張りの腕も磨いて、千代大海関のようになりたい」とも話した。実際、師匠である前・時津風親方も、専門誌で「突っ張りを習得したことで攻撃の幅が広がった」と評価していた。時天空慶晃 フレッシュアイペディアより)

  • 時天空慶晃

    時天空慶晃から見た寄り切り

    2004年(平成16年)11月場所10日目 対朝赤龍戦 ●寄り切り時天空慶晃 フレッシュアイペディアより)

  • 時天空慶晃

    時天空慶晃から見た悪性リンパ腫

    時津風部屋に入門し、2002年7月場所で初土俵を踏む。2004年3月場所には十両に昇進し、同年7月場所には初入幕を果たす。2007年7月場所には最高位となる東小結まで昇進した。しかし悪性リンパ腫を発症して休場が続き、復帰に向け闘病を続けたが叶わず、2016年8月25日に引退し年寄・間垣を襲名、時津風部屋付きの親方となった。引退後は後進の指導や日本相撲協会の業務にあたったが、2017年1月にこの世を去った。時天空慶晃 フレッシュアイペディアより)

81件中 31 - 40件表示

「時天空慶晃」のニューストピックワード