時太山暴行死事件 ニュース&Wiki etc.

時津風部屋(ときつかぜべや)は、日本相撲協会所属で時津風一門の相撲部屋。 (出典:Wikipedia)

「時太山暴行死事件」最新ニュース

「時太山暴行死事件」Q&A

  • Q&A

    弟子を暴行し死に至らしめた元時津風は一審後保釈されたようですが、人殺しでも保釈は認め…

    [続きを読む]

    回答数:1質問日時 - 2012年1月10日 10:20

  • Q&A

    西武ライオンズ裏金問題と時太山暴行死事件は風化してしまいましたか?

    [続きを読む]

    回答数:1質問日時 - 2010年3月12日 18:00

  • Q&A

    やっと 北の湖理事長が 辞任しましたね 当然だと思いますよ あれだけ 世間を騒がせ …

    [続きを読む]

    回答数:3質問日時 - 2008年9月8日 17:25

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「時津風部屋」のつながり調べ

  • 粂川部屋

    粂川部屋から見た時津風部屋

    昭和12年(1937年)12月に親方が亡くなると、鏡岩が二枚鑑札で部屋を継いだ。昭和14年(1939年)5月かぎりで現役を引退、年寄専任となった。このころには、二所ノ関と粂川との対戦は組まれていた。鏡岩は同時に大関に昇進した双葉山と仲がよかったため、昭和16年(1941年)12月に双葉山が現役で双葉山道場を興したときに、粂川部屋を閉鎖し、十両布引国太郎をはじめ所属力士全員を譲って、自分は部屋つきの親方となった。このとき移籍した下位力士の中に、後の第42代横綱鏡里喜代治、関脇不動岩三男がいた。(粂川部屋 フレッシュアイペディアより)

  • 泉洋辰夫

    泉洋辰夫から見た時津風部屋

    泉洋 辰夫(いずみなだ たつお、1928年9月30日 - )は、大阪府泉佐野市出身で時津風部屋に所属した大相撲力士。本名は山形 辰夫(やまがた たつお)。最高位は西前頭6枚目(1959年7月場所)。現役時代の体格は176cm、103kg。得意手は左四つ・突っ張り・押し・寄り・下手捻り。(泉洋辰夫 フレッシュアイペディアより)

「時津風部屋」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

「時太山暴行死事件」のニューストピックワード