前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
184件中 1 - 10件表示
  • 2007年の相撲

    2007年の相撲から見た時津風部屋時津風部屋

    敢闘賞 豊ノ島大樹(時津風部屋 高知県宿毛市出身)(初受賞) - 12勝3敗2007年の相撲 フレッシュアイペディアより)

  • 四股名

    四股名から見た時津風部屋時津風部屋

    四股名の初めの文字の例:出羽海部屋の「常」「常陸」「出羽」、春日野部屋の「栃」、佐渡ヶ嶽部屋の「琴」、片男波部屋の「玉」、友綱部屋、浅香山部屋、旧放駒部屋の「魁」、旧安治川部屋(現・伊勢ヶ濱部屋)の「安」、旧大島部屋の「旭」、追手風部屋の「大翔」「追風」、時津風部屋の「時(津)」「双」、井筒部屋の「鶴」、高田川部屋(8代高田川時代)の「前」、九重部屋の「千代」、八角部屋の「北勝」「保志」、高砂部屋の「朝」(旧若松部屋も)、「富士」(旧富士ヶ根部屋より)、旧三保ヶ関部屋の「増」、千賀ノ浦部屋の「舛」(19代千賀ノ浦時代)、錣山部屋の「寺尾」、旧春日山部屋の「春日」、武蔵川部屋の「武(蔵)」四股名 フレッシュアイペディアより)

  • 小九紋竜梅吉

    小九紋竜梅吉から見た時津風部屋時津風部屋

    時津風部屋に入門し、1906年(明治39年)に入幕、1908年(明治41年)1月場所では小結に昇進したが負け越し、6月場所では平幕に下がり、四股名を九紋竜に改めた。小九紋竜梅吉 フレッシュアイペディアより)

  • 二枚鑑札

    二枚鑑札から見た時津風部屋時津風部屋

    また、2007年10月に時津風部屋力士暴行死事件を受け元双津竜順一の時津風親方が解雇された際には、時津風部屋所属の現役の幕内力士であった時津海正博が事態を収拾するために現役を引退して時津風部屋を継承した。1975-76年の二所ノ関部屋継承騒動の際にも、後継に決定した現役力士の金剛正裕は二枚鑑札ではなく現役を引退しての継承(前二所ノ関である佐賀ノ花勝巳が亡くなってからは元十勝岩豊の湊川親方が暫定二所ノ関を務め、金剛引退と同時に名跡を譲って湊川に戻った)としている。二枚鑑札 フレッシュアイペディアより)

  • 2010年の相撲

    2010年の相撲から見た時津風部屋時津風部屋

    豊ノ島大樹(時津風部屋 高知県宿毛市出身) - 14勝1敗2010年の相撲 フレッシュアイペディアより)

  • 2002年のスポーツ

    2002年のスポーツから見た時津風部屋時津風部屋

    技能賞 - 琴光喜啓司(佐渡ヶ嶽部屋・12勝3敗)、時津海正博(時津風部屋・11勝4敗)2002年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • 2005年の相撲

    2005年の相撲から見た時津風部屋時津風部屋

    時津海正博(時津風部屋 長崎県五島市出身) - 11勝4敗2005年の相撲 フレッシュアイペディアより)

  • 2002年の相撲

    2002年の相撲から見た時津風部屋時津風部屋

    技能賞 - 琴光喜啓司(佐渡ヶ嶽部屋・12勝3敗)、時津海正博(時津風部屋・11勝4敗)2002年の相撲 フレッシュアイペディアより)

  • 豊山勝男

    豊山勝男から見た時津風部屋時津風部屋

    豊山 勝男(ゆたかやま かつお、1937年8月18日 - )は、新潟県新発田市出身で時津風部屋所属の元大相撲力士。本名は、内田勝男(うちだ かつお)。最高位は東大関。現役時代の体格は189cm、137kg。得意手は突っ張り、右四つ、吊り、寄り、上手投げ。豊山勝男 フレッシュアイペディアより)

  • 蔵間竜也

    蔵間竜也から見た時津風部屋時津風部屋

    野洲中学校、八幡工業高校時代は、柔道、水泳、ラグビーなどで活躍。とりわけ柔道に関しては嗜み程度の稽古で2段という傑出した才能の持ち主であった。講道館の支部長が当時の時津風親方(元横綱・双葉山)と知り合いであった縁で、高校を中退し時津風部屋に入門、1968年(昭和43年)9月場所で初土俵を踏んだ。当人は「双葉山最後の弟子」と称していた。蔵間竜也 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
184件中 1 - 10件表示