184件中 11 - 20件表示
  • 豊ノ花光義

    豊ノ花光義から見た時津風部屋時津風部屋

    豊ノ花 光義(とよのはな みつよし、1923年6月5日 - 1986年6月21日)は、福岡県小倉市(現在の北九州市)出身で時津風部屋(入門時は荒汐部屋)所属の元大相撲力士。本名は大見芳光(おおみ よしみつ)。身長175cm、体重98kg。得意手は右四つ、寄り。最高位は十両5枚目。豊ノ花光義 フレッシュアイペディアより)

  • 潮錦義秋

    潮錦義秋から見た時津風部屋時津風部屋

    潮錦 義秋(しおにしき よしあき、本名:村上 義秋(むらかみ よしあき)、1924年9月25日 - 2005年6月24日)は、熊本県熊本市南区(現役当時は、同県下益城郡城南町)出身で、1950年代に活躍した大相撲力士である。現役時代は、時津風部屋(入門時は荒汐部屋)に所属した。最高位は西張出小結(1959年7月場所)。身長183cm、体重110kg。得意手は左四つ、上手投げ。潮錦義秋 フレッシュアイペディアより)

  • 天津風征夫

    天津風征夫から見た時津風部屋時津風部屋

    天津風 征夫(あまつかぜ まさお、本名:宮永 征夫(みやなが ゆきお)、1937年12月1日-2013年4月30日)は、石川県鳳至郡門前町(現・同県輪島市)出身で、時津風部屋に所属した大相撲力士。最高位は西前頭3枚目(1962年9月場所)。得意手は右四つ、寄り。現役時代の体格は179cm、124kg。天津風征夫 フレッシュアイペディアより)

  • 時津風部屋力士暴行死事件

    時津風部屋力士暴行死事件から見た時津風部屋時津風部屋

    時津風部屋力士暴行死事件(ときつかぜべやりきしぼうこうしじけん)は、2007年6月に大相撲時津風部屋に新弟子として在籍していた序ノ口力士の少年が、愛知県犬山市の宿舎(成田山名古屋別院大聖寺)で暴行(私刑)を受け、死亡した事件である。新弟子リンチ死事件とも呼ばれている。時津風部屋力士暴行死事件 フレッシュアイペディアより)

  • 荒汐部屋

    荒汐部屋から見た時津風部屋時津風部屋

    荒汐の年寄名跡は雷部屋の殿り政五郎が継承し、大正時代から5代荒汐として荒汐部屋を運営していたが、1943年1月場所後に5代荒汐は荒汐部屋を閉鎖して双葉山道場に弟子を譲った。当時の弟子には十両・常陸海(のちに入幕)や、幕下以下には後の小結・潮錦や十両・豊ノ花などがいた。豊ノ花は引退後6代荒汐を襲名したが部屋の復興はせず、時津風部屋の部屋付き親方として過ごし、名跡は同部屋の小結・大豊に譲られた。荒汐部屋 フレッシュアイペディアより)

  • 豊山亮太

    豊山亮太から見た時津風部屋時津風部屋

    豊山 亮太(ゆたかやま りょうた、1993年9月22日 - )は、新潟県新潟市北区出身で、時津風部屋所属の現役大相撲力士。2017年3月場所以前の四股名および本名は小柳 亮太(おやなぎ りょうた)。身長185cm、体重171kg、血液型はO型。得意技は突き、押し。最高位は西前頭11枚目(2018年3月場所)。好物は肉類(特に焼肉)。豊山亮太 フレッシュアイペディアより)

  • 正代直也

    正代直也から見た時津風部屋時津風部屋

    正代 直也(しょうだい なおや、1991年11月5日 - )は、熊本県宇土市出身で時津風部屋所属の現役大相撲力士。本名同じ。身長184cm、体重161kg、血液型はA型。得意技は右四つ、寄り。最高位は西関脇(2017年1月場所)。正代直也 フレッシュアイペディアより)

  • 2007年の日本

    2007年の日本から見た時津風部屋時津風部屋

    大相撲・時津風部屋に所属していた17歳の力士がけいこ後に体調不良を起こし死亡。2007年の日本 フレッシュアイペディアより)

  • 豊ノ島大樹

    豊ノ島大樹から見た時津風部屋時津風部屋

    豊ノ島 大樹(とよのしま だいき、1983年6月26日 - )は、高知県宿毛市出身で時津風部屋所属の現役大相撲力士。本名は梶原 大樹(かじわら だいき)、愛称はカジ、いきちゃん。身長169cm、体重158kg、血液型はA型、星座は蟹座。得意技は左四つ・寄り・下手投げ。明るい性格。趣味は音楽鑑賞、カラオケ、釣り、ボウリングなどと多種多様である。最高位は東関脇(2012年5月場所)。豊ノ島大樹 フレッシュアイペディアより)

  • 小錦八十吉 (2代)

    小錦八十吉 (2代)から見た時津風部屋時津風部屋

    二十山部屋の師匠としては、大関・千葉ヶ嵜、清水川、関脇・若葉山など多くの幕内力士を育てるとともに、勝負検査役、理事など協会の要職を務めた。1943年(昭和18年)3月に急性肺炎のため55歳で死去したため、弟子は双葉山道場に移籍した。小錦八十吉 (2代) フレッシュアイペディアより)

184件中 11 - 20件表示