129件中 11 - 20件表示
  • 鶴ヶ嶺道芳

    鶴ヶ嶺道芳から見た時津風部屋時津風部屋

    1944年、師匠が亡くなると双葉山道場に身を寄せ、1947年6月場所限りで引退するとすぐに井筒部屋を再興した。そういういきさつもあって、双葉山道場所属の時期にも、立浪部屋の力士との対戦をしている。年寄井筒としては、関脇鶴ヶ嶺をはじめ、星甲、大雄、錦洋などの力士を育て、時津風一門の有力部屋とした。相撲協会の運営面でも時津風理事長の補佐役として期待されていたが、不幸にも病に倒れた。鶴ヶ嶺道芳 フレッシュアイペディアより)

  • 星甲実義

    星甲実義から見た時津風部屋時津風部屋

    師匠としては、幕内鶴ヶ嶺道芳、小松山貞造たちを育て、井筒部屋を中堅部屋としてもりたてたが、1944年、わずか42歳で急逝、力士たちは双葉山道場に引き取られた。星甲実義 フレッシュアイペディアより)

  • 若葉山鐘

    若葉山鐘から見た時津風部屋時津風部屋

    1933年5月場所限り引退、年寄錣山を襲名して後進の指導にあたった。この間、先代から部屋を継承した2代小錦の死去により二十山部屋が閉鎖(1943年)されると双葉山道場(時津風部屋)にうつり、後進の岩平に若葉山の四股名をゆずった(岩平改め若葉山貞雄は、引退後錣山の名跡もゆずりうけた)。1958年、年寄在籍中に死去した。若葉山鐘 フレッシュアイペディアより)

  • 錦島部屋

    錦島部屋から見た時津風部屋時津風部屋

    戦後は大蛇潟金作、緋縅力弥などの幕内力士が活躍し、中堅どころの部屋であったが、昭和31年(1956年)5月に親方(元幕内大蛇山酉之助)が亡くなり、行司の木村今朝三が後をついでからは徐々に衰退し、昭和39年(1964年)に、翌年の部屋別総当たり制の実施を前に、時津風部屋に合流し、錦島部屋の看板は閉じられた。立川部屋を興した緋縅も早く亡くなり、錦島部屋の系統を継ぐものも今はいない。ただ、強いて言うならば、伊勢ノ海親方が昭和21年(1946年)8月に亡くなった後、当時幕内力士だった柏戸秀剛が引退して部屋を再興するまで錦島部屋預かりの状態だったので、系統別総当たり制の時代には、錦島と伊勢ノ海との対戦はなく、現在の伊勢ノ海部屋・鏡山部屋は錦島の系統と無縁ではないといえる。名跡は時津風一門に継承された。錦島部屋 フレッシュアイペディアより)

  • 赤城山晃

    赤城山晃から見た時津風部屋時津風部屋

    赤城山 晃(あかぎやま あきら、1926年8月30日 - 1990年4月2日)は、昭和時代の日本の大相撲力士。最高位は東十両10枚目。時津風部屋所属。群馬県藤岡市出身。赤城山晃 フレッシュアイペディアより)

  • 二十山部屋

    二十山部屋から見た時津風部屋時津風部屋

    高砂部屋の第17代横綱小錦八十吉が独立して創設(1901年〈明治34年〉)した部屋で、その弟子の山泉の2代目小錦八十吉が継承し、大関清水川元吉、関脇若葉山鐘たちを育てたが、清水川は追手風部屋を創設して独立したこともあって、1943年(昭和18年)3月に師匠が亡くなると部屋は閉鎖、弟子たちは双葉山道場(後の時津風部屋)に預けられた。二十山部屋 フレッシュアイペディアより)

  • 鬼竜川光雄

    鬼竜川光雄から見た時津風部屋時津風部屋

    鬼竜川 光雄(きりゅうがわ みつお、本名:今川 光雄(いまがわ みつお)、1923年12月2日-2003年10月22日)は、1940年代から1950年代にかけて活躍した青森県三戸郡倉石村出身の大相撲力士である。時津風部屋(入門時は粂川部屋)に所属していた。得意手は右四つ、下手投げ。最高位は西前頭6枚目(1959年5月場所)。現役時代の体格は177cm、85kg。鬼竜川光雄 フレッシュアイペディアより)

  • 時錦恒則

    時錦恒則から見た時津風部屋時津風部屋

    時錦 恒則(ときにしき つねのり、1931年2月13日-1991年8月7日)は、1950年代に活躍した大相撲力士である。本名は小林 恒則(こばやし つねのり)。福岡県糟屋郡新宮町出身。時津風部屋に所属していた。最高位は西張出小結(1958年3月場所)。現役時代の体格は193cm、117kg。得意手は右四つ、寄り。時錦恒則 フレッシュアイペディアより)

  • 吉田川清四郎

    吉田川清四郎から見た時津風部屋時津風部屋

    吉田川 清四郎(よしだがわ せいしろう、1927年11月19日-)は、山梨県富士吉田市出身(出生地は東京都八王子市横山町)で、1940年代末から1950年代にかけて活躍した大相撲力士。時津風部屋(入門時は音羽山部屋)に所属していた。本名は真田 征四郎(さなだ せいしろう)。最高位は西前頭13枚目(1952年9月場所)。現役時代の体格は171cm、105kg。得意手は左四つ、寄り、押し。吉田川清四郎 フレッシュアイペディアより)

  • 音羽山部屋

    音羽山部屋から見た時津風部屋時津風部屋

    尾車部屋の幕内、白岩亮治が引退して、1930年に再興した。しかし、めぼしい力士もでないまま、1945年かぎりで部屋を閉じ、全員が時津風部屋に移籍した。その中に、後の幕内吉田川征四郎がいた。音羽山部屋 フレッシュアイペディアより)

129件中 11 - 20件表示

「時太山暴行死事件」のニューストピックワード