129件中 21 - 30件表示
  • 愛知山春雄

    愛知山春雄から見た時津風部屋時津風部屋

    1952年3月に名古屋市内にて開催された大相撲準場所では、同部屋の先輩でもある横綱・羽黒山や時津風部屋の若葉山と優勝争いを演じ、巴戦の優勝決定戦に出場している(優勝は羽黒山)。愛知山春雄 フレッシュアイペディアより)

  • 神幸勝紀

    神幸勝紀から見た時津風部屋時津風部屋

    右肩の脱臼などの故障により長い幕下暮らしが続いたが、1976年9月、初土俵から丸10年で漸く十両に昇進。その時は1場所で幕下に下がったが、2年後2度目の十両昇進を果たすと、以後は引退まで関取の地位を守り抜く事となる。そして、1980年5月場所で、悲願の新入幕を遂げた。序ノ口に付いてから約13年半でやっと掴んだ幕内の座であったが、入幕までの所要81場所は、それまでトップであった牧本(時津風部屋、1972年9月場所で入幕)の同74場所を7場所も更新するスロー入幕の新記録であった(その後、大乃花(大鵬部屋)や貴ノ嶺(井筒部屋)らが更新、2010年末現在の記録保持者は星岩涛(陸奥部屋))。神幸勝紀 フレッシュアイペディアより)

  • 泉洋辰夫

    泉洋辰夫から見た時津風部屋時津風部屋

    泉洋 辰夫(いずみなだ たつお、1928年9月30日 - )は、大阪府泉佐野市出身で時津風部屋に所属した大相撲力士。本名は山形 辰夫(やまがた たつお)。最高位は西前頭6枚目(1959年7月場所)。現役時代の体格は176cm、103kg。得意手は左四つ・突っ張り・押し・寄り・下手捻り。泉洋辰夫 フレッシュアイペディアより)

  • 錦島

    錦島から見た時津風部屋時津風部屋

    錦島(にしきじま)とは、日本相撲協会の年寄名跡のひとつで、初代・錦嶋が四股名として名乗っていたもので、その由来は定かではない。現在は、時津風部屋の現役幕内力士・豊ノ島大樹が所有し、同部屋の現・錦島親方に貸している。錦島 フレッシュアイペディアより)

  • 若港三郎

    若港三郎から見た時津風部屋時津風部屋

    1945年11月、十両に陥落したところで全休し、現役を引退して年寄富士ヶ根専業となる。部屋も、1947年6月場所まで経営した後、高砂部屋に弟子をゆずった。その後一時期、再び部屋をもったが、すぐに閉鎖、時津風部屋所属の年寄として、停年まで相撲協会に在籍した。若港三郎 フレッシュアイペディアより)

  • 富士ヶ根部屋

    富士ヶ根部屋から見た時津風部屋時津風部屋

    5代富士ヶ根は昭和20年(1945年)11月限りで現役を退き年寄専任となったが、2年後の昭和22年(1947年)に部屋を閉じ、東富士を本家高砂に預けて、自分は時津風部屋所属の年寄として停年まで過ごした。富士ヶ根部屋 フレッシュアイペディアより)

  • 白竜山憲史

    白竜山憲史から見た時津風部屋時津風部屋

    白竜山 憲史(はくりゅうやま のりふみ、本名:奥村 素久(おくむら もとひさ)、1954年7月10日 - )は、兵庫県姫路市出身で、1970年代末から1980年代初めにかけて活躍した大相撲力士。時津風部屋に所属していた。最高位は東前頭13枚目(1981年9月場所、1982年1月場所)。現役時代の体格は178cm、117kg。得意手は突き、押し。白竜山憲史 フレッシュアイペディアより)

  • 新錦一弘

    新錦一弘から見た時津風部屋時津風部屋

    新錦 一弘(しんにしき かずひろ 本名:長井 一弘(ながい かずひろ)、1977年7月18日?)は、新潟市出身で、時津風部屋に所属する大相撲の力士である。身長175cm、体重90kg。得意技は出し投げ。最高位は西三段目20枚目(2005年秋場所)。新錦一弘 フレッシュアイペディアより)

  • 白岩亮治

    白岩亮治から見た時津風部屋時津風部屋

    その後音羽山部屋を興し、後の幕内力士・吉田川清四郎を育てたが、まもなく弟子を時津風部屋に預けて部屋を閉じた。白岩亮治 フレッシュアイペディアより)

  • 扇山民雄

    扇山民雄から見た時津風部屋時津風部屋

    扇山 民雄(おうぎやま たみお、本名:高橋 民雄(たかはし たみお)、1938年3月27日- )は、宮城県栗原郡金成町(現役当時、現・同県栗原市)出身で、時津風部屋に所属した大相撲力士。扇山民雄 フレッシュアイペディアより)

129件中 21 - 30件表示

「時太山暴行死事件」のニューストピックワード