184件中 51 - 60件表示
  • 山本浩

    山本浩から見た時津風部屋時津風部屋

    2007年10月、大相撲の時津風部屋で序ノ口力士の時太山が急死した問題を受けて、日本相撲協会が新たに発足させた「再発防止検討委員会」の外部委員に就任した。山本浩 フレッシュアイペディアより)

  • 安芸の國一典

    安芸の國一典から見た時津風部屋時津風部屋

    安芸の國一典(あきのくにかずのり、1942年4月11日-)は、時津風部屋に所属した元力士。本名は真藤和典。広島県広島市出身。184cm、98kg。最高位は西十両9枚目。安芸の國一典 フレッシュアイペディアより)

  • 九紋竜政五郎

    九紋竜政五郎から見た時津風部屋時津風部屋

    九紋竜 政五郎(くもんりゅう まさごろう、1905年3月27日 - 没年不明)は昭和時代の大相撲力士。時津風部屋→粂川部屋所属。本名は原正一。最高位は十両2枚目。九紋竜政五郎 フレッシュアイペディアより)

  • 鏡岩善四郎

    鏡岩善四郎から見た時津風部屋時津風部屋

    現役引退後は、年寄・粂川として勝負検査役を務めた。粂川部屋では二枚鑑札によって部屋を継承した時点から既に何人かの十両力士を輩出していたが、1941年の年末に双葉山定次が立浪部屋から独立、新たに双葉山相撲道場を設立した際に、粂川が双葉山の人柄に心酔していたことから部屋に所属する力士全員(この中に、後に横綱へ昇進する鏡里喜代治も含まれている)に「いいか、今日からは日本一の双葉山がお前たちの師匠だ」と言って双葉山相撲道場へ移籍させて粂川部屋は閉鎖、自身は双葉山相撲道場の部屋付き親方として後進の指導に当たった。鏡岩善四郎 フレッシュアイペディアより)

  • 時津海正男

    時津海正男から見た時津風部屋時津風部屋

    時津海正男(ときつうみまさお、1935年5月21日 - )は、時津風部屋に所属した元力士。本名は大島真佐夫。現在の富山県氷見市出身。176cm、79kg。最高位は東十両17枚目。時津海正男 フレッシュアイペディアより)

  • 式守鬼一郎

    式守鬼一郎から見た時津風部屋時津風部屋

    式守 鬼一郎 (しきもり きいちろう)は、大相撲の行司の名跡の一つ。これまでは伊勢ノ海部屋の行司が代々襲名していたが、当代は、時津風一門の追手風部屋の所属である。式守鬼一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 脇町

    脇町から見た時津風部屋時津風部屋

    時津洋宏典 - 本名は吉岡宏典(よしおか ひろのり)。元大相撲力士。時津風部屋所属。最高位は東前頭4枚目(1993年7月場所)。脇町 フレッシュアイペディアより)

  • 甲山部屋

    甲山部屋から見た時津風部屋時津風部屋

    年寄・7代甲山を襲名していた宮城野部屋所属の元十両3枚目・小田ノ山権藏が、1935年(昭和10年)5月に独立して甲山部屋を創設したが、1943年(昭和18年)1月に横綱・双葉山の興した双葉山道場(後の時津風部屋)に弟子を譲って部屋を閉じている。甲山部屋 フレッシュアイペディアより)

  • 能代潟錦作

    能代潟錦作から見た時津風部屋時津風部屋

    引退後は年寄・立田山を襲名したのち、枩浦潟達也を引き連れて独立、立田山部屋を創立したが、1945年3月10日に発生した東京大空襲によって枩浦潟が戦災死したことで部屋を閉鎖、錦島部屋へ戻った。戦前?戦中まで大横綱だった双葉山定次には稽古を付けて指導したことで後々まで親交が深く、双葉山相撲道場が設立されると傘下に入って一門の相談役に就任した。能代潟錦作 フレッシュアイペディアより)

  • 間垣部屋

    間垣部屋から見た時津風部屋時津風部屋

    尚、18代間垣は2013年12月に退職し、2016年には時津風部屋所属だった小結・時天空が襲名したが、翌2017年1月31日に急逝した。間垣部屋 フレッシュアイペディアより)

184件中 51 - 60件表示