129件中 61 - 70件表示
  • 若獅子茂憲

    若獅子茂憲から見た時津風部屋時津風部屋

    出生地は青森県だが、父・孫七(トレーラー運転手)と母・梅子(農業)の仕事上の都合で幼い頃から全国各地を転々としていた。中学時代は東京都港区で過ごし、区立芝浜中学校では剣道部に所属。港区の大会で上位に入賞するなど活躍した。スポーツ推薦で東海大学付属高輪台高等学校への進学が内定していたが、急に力士を志し、母親の知人から時津風部屋所属の立田川親方(元横綱・鏡里喜代治)を紹介された。だが、身長が基準に達していなかった事もありあっさりと断られた。しかし力士志望は変わる事がなく、今度は二子山部屋に出向き二子山親方(元横綱・若乃花幹士 (初代))に入門を直訴。試しに若い力士と1番取って勝ったため入門を許可され、中学卒業後に二子山部屋に入門。1964年5月場所、16歳で初土俵を踏んだ。同期の初土俵には、後の関脇・金剛正裕や小結・玉輝山正則らがいる。若獅子茂憲 フレッシュアイペディアより)

  • 2009年の相撲

    2009年の相撲から見た時津風部屋時津風部屋

    技能賞 豊ノ島大樹(時津風部屋 高知県宿毛市出身)(17場所ぶり2回目) - 11勝4敗2009年の相撲 フレッシュアイペディアより)

  • 2006年のスポーツ

    2006年のスポーツから見た時津風部屋時津風部屋

    技能賞 時津海正博(時津風部屋 長崎県五島市出身)(4回目)2006年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • 湊部屋

    湊部屋から見た時津風部屋時津風部屋

    1981年(昭和56年)5月場所に現役を引退して時津風部屋の部屋付き親方として後進の指導に当たっていた湊親方(元小結・豊山)が、1982年12月に内弟子2名を連れて時津風部屋から分家独立する形で湊部屋を創設した。埼玉県に創設された部屋としては戦後初となる相撲部屋である。部屋に図書室を設置したことが話題となったこともある。22代湊は幕内力士として湊富士を育て上げ、他にも大湊ら幕下力士を輩出したが、怪我で低迷するなどして関取昇進を果たせず、22代湊が師匠を務めた時期に輩出した関取は湊富士だけであった。湊部屋 フレッシュアイペディアより)

  • 小錦八十吉 (2代)

    小錦八十吉 (2代)から見た時津風部屋時津風部屋

    二十山部屋の師匠としては、大関・千葉ヶ嵜、清水川、関脇・若葉山など多くの幕内力士を育てるとともに、勝負検査役、理事など協会の要職を務めた。1943年(昭和18年)3月に急性肺炎のため55歳で死去したため、弟子は双葉山道場に移籍した。小錦八十吉 (2代) フレッシュアイペディアより)

  • 鏡岩善四郎

    鏡岩善四郎から見た時津風部屋時津風部屋

    1938年からは師匠の死によって二枚鑑札で粂川部屋を継承した。そのころから横綱男女ノ川を居反りの奇手で、また新進気鋭の羽黒山を二丁投げで破るなど多彩な技を揮うようにもなった。1939年5月、2場所連続負け越したところで現役を引退、年寄専任となり勝負検査役も務めた。粂川部屋は、彼の時代に何人かの十両力士を出したが、1941年末に、双葉山が立浪部屋から独立して双葉山道場を興したとき、双葉山の人柄に心酔していたことから部屋の力士全員を双葉山に譲って部屋を閉じ、部屋付親方としてその後の人生を送った。この際に弟子全員を集め「いいか、今日から日本一の双葉山がおまえたちの師匠だ」と言ったそうである。この中に後の横綱鏡里がいる。鏡岩善四郎 フレッシュアイペディアより)

  • 旭川幸之丞

    旭川幸之丞から見た時津風部屋時津風部屋

    右四つからの投げや肩透かし、叩き込み、足癖もあれば三所攻めもありと、多彩な技を繰り出した。不得手の左四つになると右腕で相手の首を巻いて腰を落として踏ん張りながら守るという取り口を見せた。部屋の弟弟子で「立浪三羽烏」と謳われた双葉山・羽黒山・名寄岩らの参謀役としても働いた。律儀な性格でも知られたが、双葉山が立浪と不仲になり双葉山道場を興した際には、板挟みの形となり責任をとるべく割腹自殺を図ろうとしてしまった。旭川幸之丞 フレッシュアイペディアより)

  • 不動岩三男

    不動岩三男から見た時津風部屋時津風部屋

    引退直後の元大関鏡岩に勧誘され粂川部屋に入門。当時既に身長198cm体重100kgに達したという。1940年(昭和15年)1月場所初土俵。1942年(昭和17年)双葉山相撲道場に移籍、1944年(昭和19年)11月場所新入幕、双葉山の横綱土俵入りで露払いを務める。1945年(昭和20年)11月場所小結。214cm(それ以上あるとの噂もあった)という昭和以降最長身の幕内力士であり、体格を活かしての投げや吊りが強かった。大きい力士には期待が集まりやすいことにも影響され、1946年(昭和21年)11月場所に関脇に昇進した際には巨人横綱出現も可能と言われ、東冨士や千代ノ山とともに一時代を築くものと期待されたが、その後は前頭上位に腰を据え、最後は十両に下がって、1954年(昭和29年)1月場所を最後に引退した。大成できなかった理由は、負傷や病に襲われ体重がなかなか増えなかったことと、長身力士にありがちな下半身の脆さと勝ち味の遅さが挙げられる。その後、年寄粂川、次いで式秀を襲名するが1961年11月廃業。その後数年で没した。不動岩三男 フレッシュアイペディアより)

  • 時葉山敏夫

    時葉山敏夫から見た時津風部屋時津風部屋

    時葉山 敏夫(ときばやま としお、本名:春木 敏男(はるき としお)、1944年5月5日-1995年9月20日)は、石川県七尾市出身で、1960年代半ばから1970年代初めにかけて活躍した大相撲力士である。最高位は東前頭2枚目(1968年9月場所)。時津風部屋に所属していた。現役時代の体格は178cm、130kg。得意手は左四つ、寄り、掬い投げ。時葉山敏夫 フレッシュアイペディアより)

  • 双ツ龍徳義

    双ツ龍徳義から見た時津風部屋時津風部屋

    双ッ龍 徳義(ふたつりゅう とくよし、本名:荒木 徳義(あらき とくよし)、1930年3月3日 - 2006年2月4日)はかつて時津風部屋に所属していた大相撲力士である。身長185cm、体重108kg。得意手は右四つ、吊り、上手投げ。北海道室蘭市出身。最高位は東前頭筆頭。双ツ龍徳義 フレッシュアイペディアより)

129件中 61 - 70件表示

「時太山暴行死事件」のニューストピックワード