184件中 61 - 70件表示
  • 大岳宗正

    大岳宗正から見た時津風部屋時津風部屋

    自動車修理業の長男で、小学校時代には柔道、中学校時代にはサッカーを経験し、スポーツ万能として鳴らした。中学3年のときから相撲を始め、団体で大会に出場して優勝を果たし、高校1年のときに国民体育大会に出場した。時津風部屋の幕下力士が噂を聞いたことにより高校を2年で中退し、1983年3月に時津風部屋に入門した。相撲の経験が豊富だったため順調に出世し1991年1月場所に新十両。十両昇進後は安定した成績を残し、1991年11月場所に見事十両優勝を果たした。新入幕が期待されたが、ケガなどのため以降精彩を欠き、1993年1月場所には幕下に陥落。以降も自分の相撲が取れず三段目まで陥落し、同年9月場所限りで28歳の若さで引退した。引退後は地元・滋賀で飲食店を経営。1994年、3年前に巡業先の神奈川県横須賀市で出会った元タレントの深野晴美と結婚したが、のちに離婚している。大岳宗正 フレッシュアイペディアより)

  • 北葉山英俊

    北葉山英俊から見た時津風部屋時津風部屋

    1935年5月17日に北海道函館市で生まれ、すぐに室蘭市へ転居した。双葉山定次に憧れて中学校では相撲部の主将を務め、道内各地の大会で活躍していたが、卒業後は家計を助けるために3年間は富士製鉄の下請けをする管組で勤務しながら鍛冶屋へ奉公に出た。1954年3月に奉公が終わったことで角界入りする意思を伯父に伝えて相談すると、賛成されると同時に助言してくれたが、両親は許可を出しそうに無かったことで家出同然で親友の自宅で弁当を作ってもらい、それを持って職場の同僚に駅まで送ってもらって青函連絡船と列車に乗り、上京した。目指すは以前から憧れていた双葉山定次が親方を務める時津風部屋だったが、毎年3月は大阪場所の開催月であることから力士・親方は全員が大阪に行っており、そのことを忘れていた英俊少年が東京の時津風部屋を訪ねても、留守番をしていた鏡里喜代治の父親しかいなかった。そこで大阪の宿舎の住所を聞いてから大阪へ向かい、大阪の宿舎で同郷の双ツ龍徳義に会うも「ワシが帰りの切符を買ってやるから室蘭へ帰れ」と一旦は断られるもしぶとく居座っていると、宿舎に戻ってきた時津風から入門を許可され、正式に時津風部屋へ入門、同年5月場所で初土俵を踏んだ。四股名は故郷・北海道と双葉山に因んで「北葉山」とした。北葉山英俊 フレッシュアイペディアより)

  • 小泉エリ

    小泉エリから見た時津風部屋時津風部屋

    2016年2月5日、時津風部屋の元幕内土佐豊祐哉の安治川親方(当時、現・佐ノ山親方)と3月に入籍と報じられ、同8日に時津風部屋で婚約会見を行い、10月2日に挙式と披露宴と安治川親方の断髪式が行われた。小泉エリ フレッシュアイペディアより)

  • 長老支配

    長老支配から見た時津風部屋時津風部屋

    政治以外の分野でも、歌舞伎や能、大相撲といった師弟関係を基本とする伝統的な社会や、宗教の世界では何十年も修行して来た人がトップになるので老人支配が発生し易い。大相撲のように、親方の定年制によって一定の歯止めが存在する場合もあるが、この場合でも相撲部屋の継承などについて定年退職した過去の師匠が影響力を発揮する例がある(たとえば時津風部屋における豊山勝男)。長老支配 フレッシュアイペディアより)

  • 豊富士修

    豊富士修から見た時津風部屋時津風部屋

    豊富士 修(ゆたかふじ おさむ、1970年4月14日 - )は、新潟県十日町市出身で時津風部屋所属の元大相撲力士。本名は鈴木 修(すずき おさむ)。身長187cm、体重179kg。最高位は西十両5枚目(1993年5月場所)、血液型B型。豊富士修 フレッシュアイペディアより)

  • 2012年の相撲

    2012年の相撲から見た時津風部屋時津風部屋

    豊ノ島大樹(時津風部屋 高知県宿毛市出身)(7場所ぶり4回目) - 11勝4敗2012年の相撲 フレッシュアイペディアより)

  • 龍ヶ浜広宣

    龍ヶ浜広宣から見た時津風部屋時津風部屋

    龍ヶ浜 広宣(りゅうがはま ひろのり、1963年8月16日-)は、時津風部屋に所属した元力士。本名は柴田広宣、静岡県浜松市出身、185cm、144kg。最高位は西十両7枚目。龍ヶ浜広宣 フレッシュアイペディアより)

  • 谷ノ音谷五郎

    谷ノ音谷五郎から見た時津風部屋時津風部屋

    谷ノ音 谷五郎(たにのおと たにごろう、1910年2月2日 - 没年不明)は昭和時代の大相撲力士。時ツ風部屋→陣幕部屋→粂川部屋所属。本名は竹村茂。最高位は十両6枚目。谷ノ音谷五郎 フレッシュアイペディアより)

  • 式守伊三郎 (2代)

    式守伊三郎 (2代)から見た時津風部屋時津風部屋

    2代式守伊三郎(しきもりいさぶろう、1925年2月13日 - 1987年10月15日)は大相撲の元三役格行司。三役格としての在位期間は1963年11月?1987年9月。時津風部屋所属。北海道出身。本名は松井利雄(まつい としお)。式守伊三郎 (2代) フレッシュアイペディアより)

  • 若葉山鐘

    若葉山鐘から見た時津風部屋時津風部屋

    1933年5月場所を最後に現役を引退し、年寄・錣山を襲名して後進の指導に専念した。この間、先代から部屋を継承した小錦八十吉(2代)の死去によって二十山部屋が閉鎖(1943年)されると、双葉山相撲道場に移籍し、後進の岩平に四股名「若葉山」を譲渡した(岩平改め若葉山貞雄は、自身の引退後に年寄・錣山の名跡も譲り受けた)。1958年4月27日、年寄在籍中に死去。。若葉山鐘 フレッシュアイペディアより)

184件中 61 - 70件表示