184件中 81 - 90件表示
  • 豊ノ海

    豊ノ海から見た時津風部屋時津風部屋

    豊ノ海義美 - 大分県出身、時津風部屋所属。最高位前頭18枚目。豊ノ海 フレッシュアイペディアより)

  • 系統別総当たり制

    系統別総当たり制から見た時津風部屋時津風部屋

    十両以下では、この時期に双葉山道場が立浪部屋から独立し、色々な部屋を吸収したことで対戦分野に変動が起きた。双葉山は、立浪部屋から内弟子を連れて独立したために、立浪部屋と双葉山道場との間の対戦は組まれなかった。そのために、同時に引き取った粂川所属の力士たちも、立浪部屋との対戦がなくなった。当時十両にいた布引国太郎は、粂川所属のときは、立浪部屋の力士と対戦していたが、その対戦がなくなった。系統別総当たり制 フレッシュアイペディアより)

  • 2004年のスポーツ

    2004年のスポーツから見た時津風部屋時津風部屋

    十両優勝 - 時天空慶晃(時津風部屋・12勝3敗)2004年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • アマチュア相撲

    アマチュア相撲から見た時津風部屋時津風部屋

    尾形静雄(幕内・天ノ山静雄、時津風部屋、佐賀県)アマチュア相撲 フレッシュアイペディアより)

  • 若獅子茂憲

    若獅子茂憲から見た時津風部屋時津風部屋

    出生地は青森県だが、父・孫七(トレーラー運転手)と母・梅子(農業)の仕事上の都合で幼い頃から全国各地を転々としていた。中学時代は東京都港区で過ごし、区立芝浜中学校では剣道部に所属。港区の大会で上位に入賞するなど活躍した。スポーツ推薦で東海大学付属高輪台高等学校への進学が内定していたが、急に力士を志し、母親の知人から時津風部屋所属の立田川(元横綱・鏡里喜代治)を紹介された。だが、身長が基準に達していなかった事もありあっさりと断られた。しかし力士志望は変わる事がなく、今度は二子山部屋に出向き二子山(元横綱・若乃花幹士 (初代))に入門を直訴。試しに若い力士と1番取って勝ったため入門を許可され、中学卒業後に二子山部屋に入門。1964年5月場所、16歳で初土俵を踏んだ。同期の初土俵には、後の関脇・金剛正裕や小結・玉輝山正則らがいる。若獅子茂憲 フレッシュアイペディアより)

  • 両國梶之助 (國岩)

    両國梶之助 (國岩)から見た時津風部屋時津風部屋

    1874年3月15日に長崎県北高来郡(現:長崎県諫早市)で農家を営む家に生まれる。家業に従事しながら土地相撲では「若木野」という四股名で活躍したが、顔役の楠という人物に才能を見出されて不知火部屋(大坂相撲)へ連れて行かれた。しかし、ここでは入門を快諾してもらえなかったことから時津風部屋(大坂相撲)へ入門したが、入門後は順調に出世したことで不知火に懇望され、不知火部屋に転属した。四股名は本名から取った「九(いちじく)」で、後に「一軸(読みは同じ)」、「國岩」と改めて活躍した。「九」は2017年の相撲雑誌にて、イチジク製薬を連想させる珍四股名として扱われている。この頃の東京相撲では大関・荒岩亀之助と共に「東西の両岩」と称された。両國梶之助 (國岩) フレッシュアイペディアより)

  • 旭川幸之丞

    旭川幸之丞から見た時津風部屋時津風部屋

    1937年5月場所では1場所だけながら関脇へ昇進するなど幕内上位で通用する力量を身に付け、1938年1月場所千秋楽では男女ノ川登三を破って金星を獲得しているが、律儀な性格ゆえに、双葉山が立浪と不仲になったことで双葉山相撲道場を設立した際は、双葉山と立浪の板挟みとなったことに責任を取ろうと割腹自殺を図るまでに発展してしまったが、幸いにも発見が早かったために未遂で終わった。旭川幸之丞 フレッシュアイペディアより)

  • 愛知山春雄

    愛知山春雄から見た時津風部屋時津風部屋

    1952年3月に名古屋市内にて開催された大相撲準場所では、同部屋の先輩でもある横綱・羽黒山や時津風部屋の若葉山と優勝争いを演じ、巴戦の優勝決定戦に出場している(優勝は羽黒山)。愛知山春雄 フレッシュアイペディアより)

  • 錦島

    錦島から見た時津風部屋時津風部屋

    錦島(にしきじま)とは、日本相撲協会の年寄名跡のひとつで、初代・錦嶋が四股名として名乗っていたもので、その由来は定かではない。豊山勝男以降は時津風部屋所属の力士に受け継がれてきたが、豊山の停年退職後に名跡を取得した時津海正博、霜鳥典雄、豊ノ島大樹の3人はいずれも実際に錦島を襲名することはなく(詳細は当人の項目を参照)、名跡は高砂部屋所属の朝赤龍太郎の手に渡った。錦島 フレッシュアイペディアより)

  • 敷島勝盛

    敷島勝盛から見た時津風部屋時津風部屋

    同じく『おチャンコくらぶ』では、2013年11月場所5日目の幕下の解説を行っている敷島に対して岡崎アナウンサーが風冨山‐千代翔馬の取組を終えたところで「(千代翔馬は)九重部屋ということで親方の一門の力士ですが。」と誤った発言を行ったばかりか敷島が咄嗟のことに「俺時津風部屋ですが」(正しくは陸奥部屋付)と誤返答を行ったという一連のやり取りがネタにされ、やく本人が「風貌、言動共にいかにも高砂一門っぽい敷島!アンタのせいだ」と岡崎アナウンサーの失言の責任を敷島に求めるというオチで締め括られた。敷島勝盛 フレッシュアイペディアより)

184件中 81 - 90件表示