81件中 11 - 20件表示
  • 時津風部屋

    時津風部屋から見た三鷹山昌吾

    三鷹山昌吾(十17・東京)時津風部屋 フレッシュアイペディアより)

  • 時津風部屋

    時津風部屋から見た時津山仁一

    双葉山が襲名する以前の年寄・時津風は大坂相撲の年寄名跡で、東西合併の際には小九紋竜梅吉が11代時津風を襲名していたものの、当人は行方不明の状態だった。1932年に11代時津風が復帰して時津風部屋を再興したが、1935年に粂川部屋に弟子を譲る形で時津風部屋を閉鎖した。11代時津風は1938年にも時津風部屋を再興したものの、1941年に年寄名跡・時津風を双葉山へ譲渡したため、再び時津風部屋は閉鎖されて所属力士は立浪部屋へ移籍した。この中には後の関脇・時津山がいた。時津風部屋 フレッシュアイペディアより)

  • 時津風部屋

    時津風部屋から見た蔵玉錦敏正

    武隈 敏正(たけくま としまさ、前1・蔵玉錦、山形) - 鏡山部屋より移籍時津風部屋 フレッシュアイペディアより)

  • 時津風部屋

    時津風部屋から見た大日山廣司

    大日山廣司(十11・兵庫)時津風部屋 フレッシュアイペディアより)

  • 時津風部屋

    時津風部屋から見た豊山広光

    14代は関脇・蔵間や、小結・豊山、大潮、双津竜、大豊、時津海などといった多くの関取を育て上げた。また、日本相撲協会では現役引退からわずか2年後の1970年2月に32歳の若さで理事に選出され、1998年からは理事長を2期4年務めた。また、開始時期は不明であるが、生活習慣病等の予防のため角界で珍しい1日3食制度を導入した。時津風部屋 フレッシュアイペディアより)

  • 時津風部屋

    時津風部屋から見た双葉山定次

    立浪部屋に所属する横綱・双葉山は、その実績が評価されて現役力士のまま弟子の育成ができる二枚鑑札を許可され、1941年5月に立浪部屋から独立して双葉山相撲道場を設立した。この際に、当時粂川部屋を開いていた5代粂川(元大関・鏡岩)は、自らの弟子全員を双葉山に譲り、自らも双葉山相撲道場の部屋付き親方となった。また、他の部屋も多くが傘下に入った。双葉山は1945年11月場所限りで現役を引退して年寄・12代時津風を襲名し、同時に双葉山相撲道場を時津風部屋と改称した。その後、粂川部屋から譲り受けた鏡里が横綱に、双葉山の二枚鑑札時代からの弟子である大内山が大関へ昇進し、双葉山が12代時津風を襲名して以降には北葉山と豊山の2人が大関へ昇進した。時津風部屋 フレッシュアイペディアより)

  • 時津風部屋

    時津風部屋から見た豊ノ海義美

    豊ノ海義美(前18・大分)時津風部屋 フレッシュアイペディアより)

  • 時津風部屋

    時津風部屋から見た荒岐山正

    荒岐山正(前11・岐阜)時津風部屋 フレッシュアイペディアより)

  • 時津風部屋

    時津風部屋から見た双ツ龍徳義

    双ッ龍徳義(前1・北海道)時津風部屋 フレッシュアイペディアより)

  • 時津風部屋

    時津風部屋から見た豊光重信

    豊光重信(十18・大分)時津風部屋 フレッシュアイペディアより)

81件中 11 - 20件表示