63件中 31 - 40件表示
  • 時津風部屋

    時津風部屋から見た不動岩三男

    不動岩三男(熊本)粂川部屋より時津風部屋 フレッシュアイペディアより)

  • 時津風部屋

    時津風部屋から見た警視庁

    2010年6月に16代時津風と豊ノ島が野球賭博をしていた事実が発覚する(大相撲野球賭博問題)。当初、16代時津風は暴力団との交渉にもあたっていたと報道されたが、実際には交渉に参加せず車中で待機していたことが後に明らかになる。また、野球賭博も現役時代のみで引退後は行っていなかった。これを受けて、日本相撲協会は16代時津風に主任から最下位の平年寄への1階級降格と5年間の昇給見送りの処分を下した。また、同年7月7日には大相撲野球賭博問題に関連して、時津風部屋は警視庁からの家宅捜索を受けた。それに際して、捜索当日未明にNHK記者が警視庁による家宅捜索の情報を16代時津風に事前に携帯電話のEメールで連絡していたことをNHKが同年10月8日に発表し、同年11月2日にNHKはその報道局スポーツ部の男性記者を同年11月9日付で停職3ヶ月、監督責任として福地茂雄会長を含む役員4名と報道局長ら上司5名の計9名を同年11月9日付で減給処分とすることを発表した。16代時津風はこの問題に対し「(メールの)返信はしていないし、何もしていない」と説明し、メールの情報を受けて警視庁の家宅捜索に備えた証拠隠蔽などの行為はしなかったと述べた。時津風部屋 フレッシュアイペディアより)

  • 時津風部屋

    時津風部屋から見た日本相撲協会

    時津風部屋(ときつかぜべや)は、日本相撲協会所属で時津風一門の相撲部屋。時津風部屋 フレッシュアイペディアより)

  • 時津風部屋

    時津風部屋から見た鏡山部屋

    錦島 敏正(にしきじま としまさ、前1・蔵玉錦、山形) - 鏡山部屋より移籍時津風部屋 フレッシュアイペディアより)

  • 時津風部屋

    時津風部屋から見た日本放送協会

    2010年6月に16代時津風と豊ノ島が野球賭博をしていた事実が発覚する(大相撲野球賭博問題)。当初、16代時津風は暴力団との交渉にもあたっていたと報道されたが、実際には交渉に参加せず車中で待機していたことが後に明らかになる。また、野球賭博も現役時代のみで引退後は行っていなかった。これを受けて、日本相撲協会は16代時津風に主任から最下位の平年寄への1階級降格と5年間の昇給見送りの処分を下した。また、同年7月7日には大相撲野球賭博問題に関連して、時津風部屋は警視庁からの家宅捜索を受けた。それに際して、捜索当日未明にNHK記者が警視庁による家宅捜索の情報を16代時津風に事前に携帯電話のEメールで連絡していたことをNHKが同年10月8日に発表し、同年11月2日にNHKはその報道局スポーツ部の男性記者を同年11月9日付で停職3ヶ月、監督責任として福地茂雄会長を含む役員4名と報道局長ら上司5名の計9名を同年11月9日付で減給処分とすることを発表した。16代時津風はこの問題に対し「(メールの)返信はしていないし、何もしていない」と説明し、メールの情報を受けて警視庁の家宅捜索に備えた証拠隠蔽などの行為はしなかったと述べた。時津風部屋 フレッシュアイペディアより)

  • 時津風部屋

    時津風部屋から見た時津風部屋力士暴行死事件

    2007年6月に起こった時津風部屋力士暴行死事件の責任を問われる形で、同年10月5日に15代時津風が日本相撲協会を解雇されたため、同年10月9日に部屋の幕内力士である時津海が急遽現役を引退して、16代時津風を襲名して部屋の師匠に就任した。16代時津風が部屋を継承して以降は、15代時津風が解雇される前に入門してきた土佐豊が幕内へ昇進している。時津風部屋 フレッシュアイペディアより)

  • 時津風部屋

    時津風部屋から見た携帯電話

    2010年6月に16代時津風と豊ノ島が野球賭博をしていた事実が発覚する(大相撲野球賭博問題)。当初、16代時津風は暴力団との交渉にもあたっていたと報道されたが、実際には交渉に参加せず車中で待機していたことが後に明らかになる。また、野球賭博も現役時代のみで引退後は行っていなかった。これを受けて、日本相撲協会は16代時津風に主任から最下位の平年寄への1階級降格と5年間の昇給見送りの処分を下した。また、同年7月7日には大相撲野球賭博問題に関連して、時津風部屋は警視庁からの家宅捜索を受けた。それに際して、捜索当日未明にNHK記者が警視庁による家宅捜索の情報を16代時津風に事前に携帯電話のEメールで連絡していたことをNHKが同年10月8日に発表し、同年11月2日にNHKはその報道局スポーツ部の男性記者を同年11月9日付で停職3ヶ月、監督責任として福地茂雄会長を含む役員4名と報道局長ら上司5名の計9名を同年11月9日付で減給処分とすることを発表した。16代時津風はこの問題に対し「(メールの)返信はしていないし、何もしていない」と説明し、メールの情報を受けて警視庁の家宅捜索に備えた証拠隠蔽などの行為はしなかったと述べた。時津風部屋 フレッシュアイペディアより)

  • 時津風部屋

    時津風部屋から見た賭博

    その暴行死事件の約1?2ヶ月前、死亡した少年が母親に電話し、「部屋で数人がテーブルに200?300万円くらいの札束を置き、賭博をしているのを見た」と話していたということを、少年の父親が後になって証言した。時津風部屋 フレッシュアイペディアより)

  • 時津風部屋

    時津風部屋から見た大坂相撲

    双葉山が襲名する以前の年寄・時津風は大坂相撲の名跡であった。東西合併のときには小九紋竜梅吉が11代時津風で、時津風部屋を経営していた。1935年(昭和10年)に粂川部屋に弟子を譲る形で部屋を閉鎖した。1938年(昭和13年)に部屋は再興されたが、1941年(昭和16年)限りで再び部屋は閉鎖され、所属力士は立浪部屋へ移籍した。この中には後の関脇・時津山がいた。時津風部屋 フレッシュアイペディアより)

  • 時津風部屋

    時津風部屋から見た野球賭博

    2010年6月に16代時津風と豊ノ島が野球賭博をしていた事実が発覚する(大相撲野球賭博問題)。当初、16代時津風は暴力団との交渉にもあたっていたと報道されたが、実際には交渉に参加せず車中で待機していたことが後に明らかになる。また、野球賭博も現役時代のみで引退後は行っていなかった。これを受けて、日本相撲協会は16代時津風に主任から最下位の平年寄への1階級降格と5年間の昇給見送りの処分を下した。また、同年7月7日には大相撲野球賭博問題に関連して、時津風部屋は警視庁からの家宅捜索を受けた。それに際して、捜索当日未明にNHK記者が警視庁による家宅捜索の情報を16代時津風に事前に携帯電話のEメールで連絡していたことをNHKが同年10月8日に発表し、同年11月2日にNHKはその報道局スポーツ部の男性記者を同年11月9日付で停職3ヶ月、監督責任として福地茂雄会長を含む役員4名と報道局長ら上司5名の計9名を同年11月9日付で減給処分とすることを発表した。16代時津風はこの問題に対し「(メールの)返信はしていないし、何もしていない」と説明し、メールの情報を受けて警視庁の家宅捜索に備えた証拠隠蔽などの行為はしなかったと述べた。時津風部屋 フレッシュアイペディアより)

63件中 31 - 40件表示

「時太山暴行死事件」のニューストピックワード