81件中 71 - 80件表示
  • 時津風部屋

    時津風部屋から見た立田山

    1968年12月に12代が逝去すると、部屋付き親方である13代立田川(元横綱・鏡里)が一時的に13代時津風を襲名したが、その後、12代が後継者に11代錦島(元大関・豊山)を指名していたとの遺言の存在が明らかになった。これにより11代錦島が14代時津風を襲名して部屋の師匠に就任し、13代は年寄・13代立田川を再び襲名して10代立田山(元大関・大内山)などの親方だけを連れて弟子は1人も連れずに、1971年に分家独立する形で立田川部屋を設立した。時津風部屋 フレッシュアイペディアより)

  • 時津風部屋

    時津風部屋から見た大関

    立浪部屋に所属する横綱・双葉山は、その実績が評価されて現役力士のまま弟子の育成ができる二枚鑑札を許可され、1941年5月に立浪部屋から独立して双葉山相撲道場を設立した。この際に、当時粂川部屋を開いていた5代粂川(元大関・鏡岩)は、自らの弟子全員を双葉山に譲り、自らも双葉山相撲道場の部屋付き親方となった。また、他の部屋も多くが傘下に入った。双葉山は1945年11月場所限りで現役を引退して年寄・12代時津風を襲名し、同時に双葉山相撲道場を時津風部屋と改称した。その後、粂川部屋から譲り受けた鏡里が横綱に、双葉山の二枚鑑札時代からの弟子である大内山が大関へ昇進し、双葉山が12代時津風を襲名して以降には北葉山と豊山の2人が大関へ昇進した。時津風部屋 フレッシュアイペディアより)

  • 時津風部屋

    時津風部屋から見た粂川

    立浪部屋に所属する横綱・双葉山は、その実績が評価されて現役力士のまま弟子の育成ができる二枚鑑札を許可され、1941年5月に立浪部屋から独立して双葉山相撲道場を設立した。この際に、当時粂川部屋を開いていた5代粂川(元大関・鏡岩)は、自らの弟子全員を双葉山に譲り、自らも双葉山相撲道場の部屋付き親方となった。また、他の部屋も多くが傘下に入った。双葉山は1945年11月場所限りで現役を引退して年寄・12代時津風を襲名し、同時に双葉山相撲道場を時津風部屋と改称した。その後、粂川部屋から譲り受けた鏡里が横綱に、双葉山の二枚鑑札時代からの弟子である大内山が大関へ昇進し、双葉山が12代時津風を襲名して以降には北葉山と豊山の2人が大関へ昇進した。時津風部屋 フレッシュアイペディアより)

  • 時津風部屋

    時津風部屋から見た立田川部屋

    1968年12月に12代が逝去すると、部屋付き親方である13代立田川(元横綱・鏡里)が一時的に13代時津風を襲名したが、その後、12代が後継者に11代錦島(元大関・豊山)を指名していたとの遺言の存在が明らかになった。これにより11代錦島が14代時津風を襲名して部屋の師匠に就任し、13代は年寄・13代立田川を再び襲名して10代立田山(元大関・大内山)などの親方だけを連れて弟子は1人も連れずに、1971年に分家独立する形で立田川部屋を設立した。時津風部屋 フレッシュアイペディアより)

  • 時津風部屋

    時津風部屋から見た錦島

    1968年12月に12代が逝去すると、部屋付き親方である13代立田川(元横綱・鏡里)が一時的に13代時津風を襲名したが、その後、12代が後継者に11代錦島(元大関・豊山)を指名していたとの遺言の存在が明らかになった。これにより11代錦島が14代時津風を襲名して部屋の師匠に就任し、13代は年寄・13代立田川を再び襲名して10代立田山(元大関・大内山)などの親方だけを連れて弟子は1人も連れずに、1971年に分家独立する形で立田川部屋を設立した。時津風部屋 フレッシュアイペディアより)

  • 時津風部屋

    時津風部屋から見た新潟県

    14代:時津風 勝男(ときつかぜ かつお、大関・豊山、新潟県時津風部屋 フレッシュアイペディアより)

  • 時津風部屋

    時津風部屋から見た東京都

    東京都墨田区両国三丁目15番4号時津風部屋 フレッシュアイペディアより)

  • 時津風部屋

    時津風部屋から見た北海道

    15代:時津風 順一(ときつかぜ じゅんいち、小結・双津竜、北海道時津風部屋 フレッシュアイペディアより)

  • 時津風部屋

    時津風部屋から見た大分県

    12代:時津風 定次(ときつかぜ さだじ、第35代横綱・双葉山、大分県時津風部屋 フレッシュアイペディアより)

  • 時津風部屋

    時津風部屋から見た青森県

    13代:時津風 喜代治(ときつかぜ きよじ、第42代横綱・鏡里、青森県時津風部屋 フレッシュアイペディアより)

81件中 71 - 80件表示