前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
239件中 1 - 10件表示
  • 普天間基地移設問題

    普天間基地移設問題から見た普天間飛行場普天間飛行場

    普天間基地移設問題(ふてんまきちいせつもんだい)は、沖縄県宜野湾市に設置されているアメリカ海兵隊普天間飛行場の機能を果たす基地・施設を何処にどのような条件で設けるかという問題である。普天間基地移設問題 フレッシュアイペディアより)

  • 鳩山由紀夫内閣の歴史

    鳩山由紀夫内閣の歴史から見た普天間飛行場普天間飛行場

    民主党の公約「米軍普天間飛行場の沖縄県外への移設」について、米国のジョン・ケリー国務省報道官は、「普天間飛行場を沖縄県名護市の米軍基地内に移設する日米合意案の再交渉を行うつもりはない」と言明した。鳩山由紀夫内閣の歴史 フレッシュアイペディアより)

  • オール沖縄

    オール沖縄から見た普天間飛行場普天間飛行場

    オール沖縄(オールおきなわ)は、沖縄県宜野湾市の米軍普天間基地の名護市辺野古移設反対派による政治的統一戦線・選挙運動である。オール沖縄 フレッシュアイペディアより)

  • 2017年の日本

    2017年の日本から見た普天間飛行場普天間飛行場

    普天間飛行場の移設先の辺野古で埋め立て工事着工。2017年の日本 フレッシュアイペディアより)

  • 稲嶺進

    稲嶺進から見た普天間飛行場普天間飛行場

    沖縄県国頭郡久志村(現:名護市字三原)生まれ。久志村立三原小学校、琉球政府立宜野座高等学校卒業。1971年(昭和46年)3月、琉球大学法文学部卒業。1972年(昭和47年)1月、名護市役所に就職し、厚生課に配属される。その後、名護市総務部長や収入役を経て、2005年(平成17年)に名護市教育長に就任。以後4年間同市教育長を務める。2010年(平成22年)1月24日執行の名護市長選挙に「普天間飛行場県内移設反対」を掲げて出馬し、初当選した。同年2月8日、市長に就任。稲嶺進 フレッシュアイペディアより)

  • 下地幹郎

    下地幹郎から見た普天間飛行場普天間飛行場

    2000年の第42回衆議院議員総選挙では、自公の選挙協力により党総務局長の鈴木から比例単独での出馬を求められ、比例九州ブロックから出馬し再選。沖縄1区では、公明党から出馬した白保が当選した。2002年、第1次小泉内閣で経済産業大臣政務官に任命される。2003年の第43回衆議院議員総選挙では自公間の選挙協力が不調に終わり、自民党に党籍を残したまま沖縄1区から無所属で出馬したが、自民党・保守新党が推薦する公明党の白保に敗れ、落選。その後普天間飛行場の移設をめぐり、自民党が推し進める名護市辺野古への移設に反対して嘉手納飛行場への統合案を提唱したため、考え方の相違により自民党を離党する。2005年の第44回衆議院議員総選挙では民主党の推薦を受け、沖縄1区から無所属で出馬。公明党の白保を破り5年ぶりに国政に復帰した。同年12月、政党そうぞうを設立し、代表に就任。下地幹郎 フレッシュアイペディアより)

  • 沖縄県

    沖縄県から見た普天間飛行場普天間飛行場

    海上輸送路(シーレーン)および軍事的要地(第一列島線)として重要な場所に位置し、多数の在日米軍基地が存在する。主な米軍施設として、嘉手納飛行場・普天間飛行場・キャンプ・バトラー等が存在する。沖縄県 フレッシュアイペディアより)

  • キャンプ・バトラー

    キャンプ・バトラーから見た普天間飛行場普天間飛行場

    キャンプ・バトラー(:en:Marine Corps Base Camp Smedley D. Butler)は、沖縄に駐留するアメリカ海兵隊の基地および施設を統括する組織の名称として使用される語である。バトラー基地と表記される事もある。尚、沖縄の海兵隊拠点の一つである普天間飛行場はキャンプ・バトラーの管轄下には含まれておらず、独立した基地として扱われている。キャンプ・バトラー フレッシュアイペディアより)

  • 真志喜

    真志喜から見た普天間飛行場普天間飛行場

    宜野湾市の西南部に位置し、東南から北西にかけて細長く広がり、西は東シナ海に面していおり、大謝名・大山・宇地泊・佐真下と隣接する。東南部は琉球石灰岩台地の段丘崖でその東部は現在アメリカ海兵隊普天間飛行場となっている海抜約60から90mの台地である。この段丘崖は湧水が豊富で、森の川などの小水系を形成している。中央部は海抜約30mのなだらかな段丘面となっており、ここを南北に国道58号線が横断している。北西部は北に隣接する大山湿地(大山タイモ畑)につながる以前からの海岸低地に、近年埋め立てられた土地が続いている。旧海岸線と埋立地の間に国道58号線宜野湾バイパスが開通している。沖縄コンベンションセンターや宜野湾海浜公園を抱え、那覇市の奥武山町と並んで沖縄県のイベントの中心地的な役割を担っている。その他にも宜野湾警察署、宜野湾市立真志喜中学校、沖縄県立宜野湾高等学校など公共施設が集積し、宜野湾市西部の中心と言える。また南東部のわずかを普天間飛行場の一部が占めている。新築の中?高層マンション等も多く、市外・県外出身者も多い。かつてはキャンプ・マーシーという米軍施設が存在していた。真志喜 フレッシュアイペディアより)

  • 2010年の政治

    2010年の政治から見た普天間飛行場普天間飛行場

    4日 - アメリカ軍普天間基地の移設問題で鳩山由紀夫首相が沖縄を訪問し沖縄と徳之島に分散移設する方針を表明。2010年の政治 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
239件中 1 - 10件表示

「普天間飛行場移設問題」のニューストピックワード